meeting3 openspace

Toshiaki Katayama edited this page Mar 25, 2017 · 1 revision

企画は盛り上がって終了しました。くわしくはサマリをご覧ください。以下は、企画時点での文章です。

オープンスペース - 企画案

当初、オープンバイオなハックに関する情報交換を「パネル」という形で想定していましたが、少し方針を変更して「オープンスペース」なる方法で行ってみたいと思います。大袈裟な名前が付いていますが、端的には「つまみ喰い自由のオープンパラレルセッション(by 佐藤先生)」と考えていただいて構いません。「夜ゼミだ」という意見や、「agileなカンファレンス手法かも」という意見もあったりします。通常のカンファレンスだと、コーヒーブレイクが一番実りがあったりしますよね? うまくいけば、セッション自身が実りのあるコーヒーブレイクのようなものになる(飲み会だけじゃなく、昼間も生産的になれるなんて! :-)、らしいのですが...さてさて。

我々としても初めての試みになるので、うまく運営できない部分も多々あると思います。が、そうなっても見放さず、ぜひ協力してください。あなたの貢献がなければ、どうやってもこの試みは成功しないのです。オープンスペース自身に関する情報源はこのページの下につけておきますが、通常のパネルと大きく異なるユニークな点は次の二点です。

セッションは、誰が開いてもよい

そして

複数のセッションを、かけもちするのは自由 (てゆーか推奨)

ですので、ぜひ

  • 「このプロジェクト知ってる? 情報交換しない?」
  • 「こんな仕事って、どうやるのがウマイのかなぁ」
  • 「こんなプロジェクト立ち上げない?」
  • 「1日目にプレゼンした僕の発表内容、どう展開すると面白いと思う?」

等々、どんどんセッションを提案していただければと思います。その問題に興味を持つ人がいれば、とてもスムーズに議論を深めることができるのではと期待しています。

既にこれまで、パネルテーマの案として 「オープンバイオ対決」「ビジュアライズの技法」「ライフハック」等が挙がっていました。せっかくの面白いテーマですので、これらはそのまま、オープンスペースでのセッションテーマ候補としてリストしておきますが、これ以外のテーマを制限するものではありません。

進め方

次のような進め方を想定しています (まだまだドラフトですが、一応)。

準備

スタッフ側の準備

  • 予定表を用意しておきます。とはいっても、ただのホワイトボードで、予定は空白のままにしておきます (コピー用紙、マーカー、テープも用意しておきます)。
  • 予定表の他に、話をできるスペースをいくつか、用意しておきます。ここでセッションを開催していただくことになります。

あなたの側での準備

  • 自分が興味を持っているテーマを整理しておいてください。セッションを提案するだけでなく、参加するセッションを選択するときに迷わなくて良いように。
  • できれば、オープンバイオなツールが設定されている( KNOBが動く)ようなノートPCを持参してください。テーマが「...なコードを書こう!」とか、「...な計算をうまくやる方法」とかだったら、やっぱり自分で手を動かしながらセッションした方が、何倍も為になると思いますので。
  • リラックスして、かつモチベーションを上げておいてくださいね。自分とは違うアイデアもきちんと認めつつ、自分の考えをオープンにして議論することで、より議論が深まると思います。成功・不成功は、あなたの肩にかかっています!

当日

セッションの計画

  • あなたが取り上げたいテーマを、あなたの名前と一緒にコピー用紙に記入していただきます。そのテーマを採り上げるセッションが開催される場合には、進行をお願いすることになりますので、あなたが「これ本当に議論してみたいんだよね」と思っているテーマをお願いしますね。他の人を惹きつけるようなテーマが理想ですが、そんなのとりあえず提案してみなきゃわからないので、そこはあまり気にしないことにしましょう。
  • 記入したテーマについて簡単に説明し、紙をホワイトボードに貼り付けていただきます。スケジュールの枠内に入らなくても構いません。とりあえず、あなたの記入した紙は、全部貼りつけちゃいましょう。
  • スケジュール上でセッション間のconflictがあれば、解消します。似ているセッションがあればマージしたり、セッションの順番を変えたり優先順位を付けたりして、調整しましょう。

セッションの開催

  • スケジュールに従って、セッションを開催します。どんどん議論を深めていってください。
  • セッションのつまみ喰いは「推奨」です。そのセッションに対して、もう貢献するものがないと感じれば、他のセッションへの貢献へシフトしてください。新しいセッションのプランニングでも構いません。
  • セッションの進行役(基本的には、そのテーマを提案した人)は、サマリを作成する必要があることを意識してください。議論中にリアルタイムで議事録をとるようなスタンスが良い場合もあるでしょう。Wikiでも紙でもOKです。
  • 時間までに議論が収束した場合は、時間いっぱいセッションを行う必要はありません。早々にサマリを作成して、他のセッションを覗くとか新しいセッションを提案するとか、柔軟かつproductiveに動いていただければよいと思います(時間も少ないですし)

セッションの合間

  • スケジュールの変更も歓迎です。変更があった場合には、セッションの合間などにアナウンスするようにしたいと思います。

オープンスーペースに関する情報源