オープン川崎の「インターナショナル・オープン・データ・デイ」の情報共有
Switch branches/tags
Nothing to show
Clone or download
Fetching latest commit…
Cannot retrieve the latest commit at this time.
Permalink
Failed to load latest commit information.
2014
2015
2016
2017
LICENSE
README.md

README.md

オープン川崎の「インターナショナル・オープン・データ・デイ(IODD」の情報共有

川崎IODDイベント情報

インターナショナル・オープン・データ・デイ(IODD)とは

毎年、オープンデータの普及や利活用の推進を目指して開催され、世界各地で同時に開催さるイベントです。 2014年は、世界で163都市、日本で36都市で開催されました。

オープンデータとは

「オープンデータ」とは、民間のデータや行政機関等が保有する公共データを機械判断に適したデータ形式で、かつ誰もが二次利用を可能とするルールによって公開されたデータのことです。 オープンデータを有効活用することで、公共サービスの向上はもとより、新たなサービスやビジネスの創出による経済の活性化につながることが期待されており、国をはじめ自治体においても取組が活発化しています。

日本の主催者

一般社団法人オープン・ナレッジ・ファウンデーション・ジャパン (OKFJ) http://okfn.jp/が日本の主催として日本各地でのイベントの取りまとめをしています。

一般社団法人オープン・ナレッジ・ファウンデーション・ジャパン (OKFJ) とは
ミッションステートメント http://okfn.jp/home/aboutus/ より

Open Knowledge Foundation Japan(OKFJ)は、政府保有データをはじめとする多様なデータの生成・公開・利用を支援する。データの活用を通じて人の行動やシステムの挙動が、より洗練され事実に基づいたものとなり、経済、人々の生活、民主主義、学術研究などの質が向上した社会を実現する。