Skip to content

opensource-jp/documentation-licenses

main
Switch branches/tags

Name already in use

A tag already exists with the provided branch name. Many Git commands accept both tag and branch names, so creating this branch may cause unexpected behavior. Are you sure you want to create this branch?
Code

Latest commit

 

Git stats

Files

Permalink
Failed to load latest commit information.
Type
Name
Latest commit message
Commit time
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

文書ライセンスの日本語訳

Open Source Group Japanでは、オープンソースプロジェクトが関与する文書には自由な文書ライセンスを採用することが望ましいと考えています。今日ではCreative Commons Attribution license (CC-BY)、Creative Commons Attribution-Sharealike (CC-BY-SA)、CC0 1.0 Universal (CC0 1.0)といったCreative Commons系のライセンスが一般的となっておりますが、それ以外にも古くから利用されている自由な文書ライセンスが存在します。

下記はOpen Source Group Japanが日本語へ訳した自由な文書ライセンスの参考訳です。文書ライセンスとして知られているものの一部ではありますが、自由なライセンスをより良く理解する助けとなることを我々は望んでいます。

注意

これらの参考訳は、各ライセンスの起草者によって発表されたものではなく、各ライセンスを適用した文書の頒布条件を法的に有効な形で述べたものではありません。 頒布条件としては英語版テキストで指定されているもののみが有効です。

ライセンスリスト

ライセンス名 短識別子 OSI FSF的自由
Apple's Common Documentation License, Version 1.0 ACDOCL-1.0 Y
FreeBSD Documentation License FBSDDOC-1.0 Y
GNU Free Documentation License Version 1.2 GFDL-1.2 Y
Open Publication License, Version 1.0 OPENPUB-1.0 Y

作成ルール

  • ディレクトリ、ファイル名に使用する短識別子は、SPDXに該当ライセンスが存在すればSPDXの識別子を使用するが、存在しなければ当プロジェクトで適当に割り振る。
  • シンプルなhtmlをターゲットから抜き出して翻訳した後、pandocにてmarkdown生成

About

Japanese reference translations of documentation licenses commonly found in open source projects.

Topics

Resources

Stars

Watchers

Forks

Packages

No packages published