Where does my money go for Yokohama
JavaScript Ruby
Switch branches/tags
Nothing to show
Clone or download
Fetching latest commit…
Cannot retrieve the latest commit at this time.
Permalink
Failed to load latest commit information.
_includes
_layouts
css
icons
img
js
.gitignore
2012YokohamaBudget.csv
CNAME
Gemfile
Gemfile.lock
README.md
README.rst
Rakefile
_config.yml
about.html
aggregate.json
bubbletree-map.html
bubbletree.html
contact.html
dailybread_white.html
googlef2669d742b05313b.html
index.html
links.html
sources.html
spending.html
team.html
yokohama_budget.csv

README.md

俺のゼニはどこ行った for 横浜

wheredoesmymoney.orgの横浜バージョンです.

http://spending.jp/ で稼働しているサイトのソースコードです。

Where Does My Money Go? β版(2012年7月1日稼働)は、横浜市民が横浜市に納めている市税を対象として構築したものです。自分の年間総収入をスライドで設定し、単身世帯か扶養一人世帯かを選択すると、給与所得者であるという前提で、横浜市に納めている市税年総額と10分野毎に一日当たり支払っている市税額が表示されます。所得控除額は、単身世帯の場合33万円、扶養一人世帯の場合66万円、市税負担額は課税対象額の6%と設定しています。また、10分野への税金の配分比率は、横浜市の一般会計全体における10分野への予算配分比率(24年1月1日現在)を使っています。

現在このβ版は、横浜市税だけを対象としたものですが、今後、利用者の皆さんや日本政府や全国の自治体の皆さんのご意見、ご要望を踏まえて、特別会計や公営企業会計も含めたり、市債発行額・償還額を含めたり、神奈川県税や国税を含めたりなど、ニーズに応じて、どんどん成長させて行きたいと考えております。是非、皆様からの忌憚のないご意見、ご要望、ご指摘をお願いいたします。

なお、このサイトは、公共データのオープン化によって、地域社会を変え、日本社会を変え、世界にも影響を与え、貢献して行こうという思いを持って集まった以下のメンバーによって構築、運営されています。

Core Team: (@は Twitter Account)

伊藤 大貴(Hirotaka Itou), @hirochan (Adviser) 川島 宏一(Hiroichi Kawashima), @hiroichi_k (Coordinator) 佐藤 宏之(Hiroyuki Sato), @sa2hi (Linked Open Data化) 関 治之(Hal Seki:@hal_sk), Hack For Japan (Developer) 高木 祐介(Takagi Yuusuke:@nyatakasan), (Developer) 高野 光弘(TAKANO Mitsuhiro), @takano32 (Developer) 竹内 久知(Takeuchi Hisatomo:@3Dfalcon), 機能型3Dアルバム (Designer) 田島 逸郎(Itsuro Tajima), @niryuu (Developer) 玉木 光(Tamaki Hikaru), Pearlpuppy.com (Designer) 西林 孝(Takashi Nishibayashi), @hagino3000 (Developer) 藤村 良弘(Fujimura Yoshihiro), Facebook:Fujimura Yoshihiro (Policy Analyst)

このソースコードは、Open Definition(http://opendefinition.org/) の定義に沿っていれば、どなたでも利用、改変、及び再配布が可能です。 http://qiita.com/items/38c186efbd272ef59121 に、このソースコードを Fork して独自のサイトを作る為のドキュメントがありますので、是非ご自由にお使いください。 あなたのサイトを作成したら、是非御連絡や Pull Request をいただければと思います。