Skip to content
New issue

Have a question about this project? Sign up for a free GitHub account to open an issue and contact its maintainers and the community.

By clicking “Sign up for GitHub”, you agree to our terms of service and privacy statement. We’ll occasionally send you account related emails.

Already on GitHub? Sign in to your account

OSS Gate Workshop: Fukuoka: 2019-01-15: take2webservice: Scala(tour-of-scala): Work log #1026

Closed
take2webservice opened this issue Jan 15, 2019 · 16 comments

Comments

@take2webservice
Copy link
Contributor

commented Jan 15, 2019

This is a work log of a "OSS Gate workshop".
"OSS Gate workshop" is an activity to increase OSS developers.
Here's been discussed in Japanese. Thanks.

作業ログ作成時の説明

以下のテンプレートを埋めてタイトルに設定します。埋め方例はスクロールすると見えてきます。

OSS Gate Workshop: ${LOCATION}: ${YEAR}-${MONTH}-${DAY}: ${ACCOUNT_NAME}: ${OSS_NAME}: Work log

タイトル例↓:

OSS Gate Workshop: Tokyo: 2017-01-16: kou: Rabbit: Work log

OSS Gateワークショップ関連情報

  • スライド:ワークショップの進行に使っているスライドがあります。
  • チャット:OSS開発に関することならなんでも相談できます。ワークショップが終わった後もオンラインで相談しながら継続的にOSSの開発に参加しましょう!
  • シナリオ:ワークショップの目的・内容・進め方の詳細が書いています。
  • 過去のビギナーの作業ログ:他の人の作業ログから学べることがいろいろあるはずです。
@take2webservice

This comment has been minimized.

Copy link
Contributor Author

commented Jan 15, 2019

とりあえず公式のgithubを見つける

https://github.com/scala/scala-lang

@take2webservice

This comment has been minimized.

Copy link
Contributor Author

commented Jan 15, 2019

とりあえず
README読む

@take2webservice

This comment has been minimized.

Copy link
Contributor Author

commented Jan 15, 2019

コントリビュートしたけりゃ、こっちを見ろと書いてあった
https://github.com/scala/docs.scala-lang

サイトはJekyll で作ってるらしい

こっちも読めって書いとる
https://docs.scala-lang.org/contribute.html

@take2webservice

This comment has been minimized.

Copy link
Contributor Author

commented Jan 15, 2019

読んだがよー判らんので、とりあえずリポジトリcloneする

@take2webservice

This comment has been minimized.

Copy link
Contributor Author

commented Jan 15, 2019

とりあえずcloneして、ローカルで環境立ち上げたので、言語のプルダウンで日本語追加してみる

@take2webservice

This comment has been minimized.

Copy link
Contributor Author

commented Jan 15, 2019

_data/language.ymlが言語設定のマスタファイルっぽい
language/_ja にtourの英語ファイル置いたら動くんじゃね?
ファイルはできたけど、dropdownのメニューに日本語追加されん…

@nagachika

This comment has been minimized.

Copy link
Contributor

commented Jan 15, 2019

dropdown メニューの出したかたは issue とかで訊いてしまってもいいかもですね。
まず日本語翻訳しようと思ってるでーというのを表明しておくのも、作業重複を防ぐ意味でもいいかなと思います。

@take2webservice

This comment has been minimized.

Copy link
Contributor Author

commented Jan 17, 2019

git のissueを作る

@take2webservice

This comment has been minimized.

Copy link
Contributor Author

commented Jan 17, 2019

issue作った!
scala/docs.scala-lang#1261

@take2webservice

This comment has been minimized.

Copy link
Contributor Author

commented Jan 17, 2019

そしてここに今日翻訳した、翻訳内容があります。
実際に邦訳してみて、

  • 意訳したほうがいいのか、ある程度固めに直訳したら良いのか?
  • オブジェクト指向と関数型言語界隈のワード知識が足りずに翻訳が合っているかが不安
  • いかんせん時間がかかる

@udzura udzura added the fukuoka label Jan 17, 2019

@take2webservice

This comment has been minimized.

Copy link
Contributor Author

commented Jan 17, 2019

git push origin translation-tour-ja をしようとしたら403エラーで怒られました。
どうやら一般的には自分のアカウントにリポジトリをフォークして、そこからプルリクを送るらしいです。

@take2webservice

This comment has been minimized.

Copy link
Contributor Author

commented Jan 17, 2019

知人に英語の翻訳内容のチェックをお願いしようとしたんですが
いきなり英語の翻訳済みファイルをコミットするのではなく、
一旦英語の元ファイルでコミットして、そこから日本語訳をしてからコミットした方がgit上でdiffが見やすいという知見を得ました

@take2webservice

This comment has been minimized.

Copy link
Contributor Author

commented Jan 17, 2019

フォークしたリポジトリにissueを作ることができない。
どうやら、リポジトリによるけど許可されていないとダメっぽい。
closeする場合は、親のissueを使ってする必要があるっぽい

@take2webservice

This comment has been minimized.

Copy link
Contributor Author

commented Jan 17, 2019

[この後やること]
レビューが終わったら、未翻訳の英語ページのファイルを丸っとjaディレクトリ配下に置くいてコミットする
そんで本系にプルリクだすぞい

@oss-gate-issue-cleaner

This comment has been minimized.

Copy link

commented Jan 22, 2019

おつかれさまでした!

後日引き続きワークショップがある場合

後日のワークショップで再開する際に、issueタイトルの日付を更新してreopenしてください!

ワークショップ終了後に続きがしたい場合

issueはクローズしますが、その後も作業を続けていただいて大丈夫です!

是非このissueを活用なさってください。

今後のイベントの案内

現在以下のイベントの開催を予定しています。

参加をお待ちしてます!

Sign up for free to join this conversation on GitHub. Already have an account? Sign in to comment
Projects
None yet
3 participants
You can’t perform that action at this time.