Skip to content
Branch: master
Find file History
Fetching latest commit…
Cannot retrieve the latest commit at this time.
Permalink
Type Name Latest commit message Commit time
..
Failed to load latest commit information.
2016-06-11
2016-07-30
2016-09-24-sapporo
2016-09-24-tokyo
2016-11-26-sapporo
2016-11-26-tokyo
2017-01-16-tokyo-meetup
2017-01-21-sapporo
2017-01-28-tokyo
2017-02-20-tokyo-meetup
2017-02-25-osaka
2017-03-18-sapporo
2017-03-25-tokyo
2017-03-30-tokyo-meetup
2017-04-22-osaka
2017-05-12-kyoto-closed
2017-05-27-tokyo
2017-06-17-sapporo
2017-06-29-pixiv
2017-07-29-kyoto
2017-07-29-tokyo
2017-08-12-osaka
2017-09-02-kosen
2017-09-30-tokyo
2017-10-02-fujitsu
2017-10-08-tokyo-php-con-2017
2017-11-18-osaka
2017-11-25-tokyo
2017-12-09-kumano-ryo
2018-01-27-tokyo
2018-01-31-monotaro
2018-03-10-osaka
2018-03-10-tokyo
2018-03-26-akatsuki
2018-04-12-akatsuki
2018-04-16-akatsuki
2018-04-23-akatsuki
2018-05-28-monotaro
2018-05-29-fujitsu
2018-06-09-tokyo
2018-06-13-toranomon
2018-06-24-kyoto
2018-06-30-osaka
2018-09-08-tokyo
2018-10-01-monotaro
2018-10-27-tokyo
2018-11-24-osaka
2018-12-15-tokyo
2019-01-17-fukuoka
2019-01-26-tokyo
2019-02-07-akatsuki
2019-02-18-akatsuki
2019-02-25-akatsuki
2019-03-09-osaka
2019-03-09-tokyo
2019-03-11-fukuoka
2019-03-28-tokyo
2019-04-27-tokyo
2019-07-27-tokyo
2019-08-04-hiroshima
2019-08-24-kyoto
2016-01-30.md
2016-03-26.md
README.md
aggregate.rb
prepare.rb
test.sh
workshop-beginner.yaml
workshop-supporter.yaml

README.md

アンケート記入方法

概要

https://github.com/oss-gate/workshop/tree/master/tutorial/retrospectives 以下にYAMLフォーマットでアンケート結果を集めます。

retrospectivesディレクトリー以下にはイベントごとに「${YEAR}-${MONTH}-${DAY}-${LOCATION}」というフォーマットのディレクトリーを作り、そのディレクトリーの下にアンケート結果をおきます。たとえば、OSS Gate東京ワークショップ2017-07-29なら「2017-07-29-tokyo」ディレクトリーです。

アンケートの回答はpull requestします。

回答方法

まず、 https://github.com/oss-gate/workshop リポジトリーをforkします。

すでに自分のアカウントにforkしたものがある場合はリポジトリーを削除するか、下の2回目以降の回答方法をやってみてください。

画面の右上にある「Fork」ボタンを押すとforkできます。(Organizationに所属している場合はOrganizationも出てきますが、普通は自分のアカウントにforkします。)

forkできたら「forkした自分のリポジトリー」をcloneします。

例:

% git clone https://github.com/kou/workshop.git

cloneした後、「tutorial/retrospectives/${YEAR}-${MONTH}-${DAY}-${LOCATION}」ディレクトリーに移動します。たとえば、OSS Gate東京ワークショップ2017-07-29なら「tutorial/retrospectives/2017-07-29-tokyo」ディレクトリーです。(参加した日のディレクトリーがない場合は、以前に参加した時のものが残っているのかもしれません。下の2回目以降の回答方法をやってみてください。)

例:

% cd tutorial/retrospectives/2017-07-29-tokyo

そのディレクトリーに以下のファイルがおいてあり、質問が書いてあります。

  • beginner.yaml:ビギナー用
  • supporter.yaml:サポーター用

自分の立場用(ビギナーならbeginner.yaml)のファイルを${TYPE}-${アカウント名}.yaml${TYPE}beginnerまたはsupporter)というファイル名でコピーします。(移動(ファイル名の変更)ではありません。移動されるとマージしにくくなってしまいます。)

ビギナーの例:

% cp beginner.yaml beginner-kou.yaml

サポーターの例:

% cp supporter{,-kou}.yaml

エディターで${TYPE}-${アカウント名}.yamlのファイル内にあるアンケートに回答します。

回答後、add・commit・pushします。

例:

% git add beginner-kou.yaml
% git checkout -b add-retrospective
% git commit -m"アンケート提出"
% git push origin add-retrospective

https://github.com/oss-gate/workshop にアクセスするとpull requestを作成するリンクができているはずなのでそのリンクからpull requestを作ります。

回答のYAMLファイルに文法エラーがある場合、pull requestのテストが失敗するので、CircleCIのリンクを辿ってエラー箇所を特定・修正し、もういちどadd・commit・pushしてください。これをエラーがなくなるまで繰り返します。

2回目以降の回答方法

workshopディレクトリに移動します。

2回目の時はgit remote add upstream https://github.com/oss-gate/workshopupstreamというremoteを追加します。 すでに追加されているはずの3回目以降は不要です。

git fetch upstreamupstreamの変更をとってきます。 git checkout mastermaster以外のブランチに切り替えていた場合はmasterブランチに戻します。 git rebase upstream/masterupstreammasterブランチの変更を手元のmasterブランチにマージします。

例:

% cd workshop
% git remote add upstream https://github.com/oss-gate/workshop
% git fetch upstream
% git checkout master
% git merge upstream/master

以降は上の回答方法のcloneした後、「tutorial/retrospectives/${YEAR}-${MONTH}-${DAY}-${LOCATION}」ディレクトリーに移動するところからやってみてください。

アンケートの準備方法

prepare.rb を実行して準備します。 ディレクトリ ${YEAR}-${MONTH}-${DAY}-${LOCATION}workshop を指定します。

「OSS Gate東京ワークショップ2017-07-29」の例:

% ./prepare.rb 2017-07-29-tokyo workshop

アンケート集計方法

% ./aggregate.rb 2018-03-10-tokyo beginner
% ./aggregate.rb 2018-03-10-tokyo supporter
You can’t perform that action at this time.