Permalink
Switch branches/tags
Nothing to show
Find file Copy path
Fetching contributors…
Cannot retrieve contributors at this time
333 lines (249 sloc) 15.6 KB

Perl入学式

OSについて

OSとは?

  • OSは, Operating System(オペレーティング・システム)の略です.
  • 私達のパソコンには, 大抵の場合1つ以上のOSが搭載されていて, OSの上でブラウザなどのアプリケーションが動作しています.
  • 代表的なOSとして, 次のようなものが存在します.
    • Windows
    • Mac OS X
    • Linux

Perlに最適なOSは?

  • Perlを利用したWebアプリケーションなどのプログラミングにチャレンジする方は, 「Windows以外」のOSを利用することを推奨します.
    • これは, 「Windows特有のトラブルが多いこと」, 「WindowsでPerlを使っているユーザが少なく, トラブル発生時に対処出来る人が少ないこと」が理由です.
  • Perlだけでなく, PHPやRubyでもこの傾向があるように思います.

Linuxか? Macか?

  • Linuxの利点は, 基本的に無料で使えるという点です.
    • 初心者向けのUbuntu, よくサーバで利用されるCentOS, コアな人気を誇るGentooなど, 多くの種類(ディストリビューション)が存在します.
    • Windowsとの共存も可能なので, Windowsユーザの方はひとまずLinuxを使ってみるのがいいのではないでしょうか.

Linuxか? Macか?

  • 基本的にWindows製のソフトウェアはLinux上では動かないと思いましょう.
    • 特にOfficeが使えないのは(場合によっては)致命的となり得ます.
    • WindowsとLinuxを用途に応じて使い分ける必要があるでしょう.

Linuxか? Macか?

  • 一方, MacはMacBook AirやMacBook ProなどApple製のPCに搭載されています.
    • Linuxと同様, 基本的にWindow向けのソフトウェアはMac上では動きません.
    • ただし, Officeについては, MicrosoftがMac版を販売しているので利用することができます.
  • その他, ソフトウェアによってはWindowsだけでなくLinuxやMacにも対応したものを配布している場合があります.

Perl入学式では...

  • Windowsユーザの方は...
    • USBメモリを利用して, Ubuntuの環境を構築します.
    • USBを利用すれば, どの環境でもUbuntuを利用することができます.
  • Macユーザ, Linuxユーザの方は...
    • 基本的に, 既にお手持ちのPC/環境を利用して頂きます.
    • Macの場合, 後々必要になる可能性が高い「Xcode」及び「Command Line Tools for Xcode」の導入を行います.

Xcodeの
インストール

〜Macユーザ向け〜

Xcodeとは?

  • Xcodeは, アップルが提供する統合開発環境です.
  • Perlを開発する上で, 正確に言えばXcodeは必要ありません.
    • ですが, Perl入学式で利用する「plenv」を使ってPerlをインストールする場合, Xcodeからインストールできる「Command Line Tools for Xcode」が必要になります.
  • 「Xcode」も「Command Line Tools for Xcode」も, 無料で利用することができます.

Xcodeのインストール

  • XcodeはApple Storeからインストールすることができます.
    • Apple Storeから「Xcode」を検索し, インストールしましょう.
    • インストールには30分程時間がかかります.
![Apple Storeのアイコン](public/image/apple_store.png)
△Apple Storeのアイコン

CLT for Xcodeのインストール

  • 続いて, Command Line Tools for Xcodeをインストールします.
  • なお, OSのバージョンがMavericksの場合, 次に紹介するターミナルからインストールする方法も利用できます.

ターミナルを使う方法

  • Launchpadなどから「ターミナル」を選択し, 起動します.
    • 今後, 記述したプログラムを実行する作業などは全てターミナルから行います.
    • 頻繁に起動するため, Dockへ追加しておくことをおすすめします.
![ターミナルのアイコン](public/image/terminal.png)
△Ternimalのアイコン

ターミナルを使う方法

$ xcode-select --install
  • ターミナルに上記のコマンドを打ち込み, Enterキーで入力します.
![CLT for Xcodeのインストール](public/image/clt_for_xcode.png)
△Command Line Tools for Xcodeを
インストールするコマンド

ターミナルを使う方法

  • コマンドを打ち込むとダイアログが表示されるので, あとはダイアログの指示に従ってインストールを進めて下さい.
![ダイアログ](public/image/clt_for_xcode_dialog.png)

CLT for Xcodeのインストール

  • 以上でXcodeとCommand Line Tools for Xcodeのインストールは終わりです.
    • お疲れ様でした!

Ubuntu環境の構築

〜Windowsユーザ向け〜

Ubuntuとは?

  • Canonicalの支援で開発されている, Linuxディストリビューションの1つです.
    • Linux Mintなど, Ubuntuをベースとしたディストリビューションも数多く存在します.
  • 比較的, 初心者向けのディストリビューションと呼ばれています.
    • 国内外を問わず, 多くのユーザがUbuntuを利用しています.

2種類の方法

  • 今回, Perl入学式では「VMwareを利用する方法」と「Bootable USBを利用する方法」の2種類を紹介します.
    • 「VMware」は初心者向け, 「Bootable USB」は中級者〜向けの方法と考えています.
  • 今回は, 両方の方法について説明を行いますので, これから説明する各方法のメリット/デメリットを考慮して, どちらの方法を採用するか決定してください.
    • 悩んだ場合, よくわからない場合は, 安全側に倒して「VMwareを利用する方法」を選ぶことをおすすめします.

「VMware」のメリット / デメリット

  • メリット
    • Ubuntu環境を構築する為にメモリを用意する必要がありません.
    • これから説明する手順どおりに作業を行えば, 時間は多少かかるもののUbuntu環境を構築することができます.
    • VMwareで構築する仮想マシン(VM)上にUbuntuをインストールするので, 仮想マシンからWindowsに致命的な影響を与えにくいです.

「VMware」のメリット / デメリット

  • デメリット
    • Windowsの上でUbuntuを動かしますので, Ubuntuが動く仮想マシンが利用できる演算資源(メモリ等)については, そのPCが搭載しているものよりも低いスペックになります.

「Bootable USB」のメリット

  • 非常に簡単にUbuntu環境を作ることができます.
    • USBなので, どんなPCでもUbuntu環境を利用することができます.
  • VMwareと違い, Windowsを介さず直接Ubuntuを動かすので, CPUやメモリをフル活用出来ます.

「Bootable USB」のデメリット

  • USBを用意する必要があります.
  • 誤った操作によって, 既存のWindows環境を破損する可能性はVMwareに比べると高いです.
  • データは全てUSBメモリから読み書きされる為, ファイルの読み書きの速度等がUSBメモリの速度に依存します.

「Bootable USB」のデメリット

  • Bootable USBからUbuntuを利用する場合, PCのブートメニュー起動や, そこからのUSBブートなど, 機種固有の動作を行う必要があります.
    • 自習などでPerl入学式サポーターからのサポートを受けられない場合, これらの方法について全て自分で調べる必要があります.
    • 自習の方は, VMwareを利用して環境を構築することをおすすめします.

ISOの入手

  • まず, いずれの場合でも必要になるUbuntuのISOデータを用意しましょう.

Ubuntuのインストール

  • USBメモリを利用する方法はこちらを参照して下さい.
  • VMwareを利用する方法はこちらを参照して下さい.

ターミナルとシェル入門

CUI

  • MacもUbuntuも, Windowsと同じくGUIで操作可能です.
  • ですが, プログラミングをする上でCUIは避けられません.
    • CUI ... Character User Interface
    • 文字によって操作を行うインターフェイスのことを指します.
    • Windowsならば, コマンドプロンプトに該当します.

CUI

  • 基本的なCUIの操作を, 実際に操作しながら体験してみましょう.
    • 一部コマンドはUbuntuのみでしか利用できず, Macのターミナルでは使えませんのでご了承下さい.

ターミナルとシェル

  • ターミナルを開くと, シェルを使った操作が出来るようになります.
    • プログラムの起動や制御をCUIで行うプログラムのことをシェルと呼びます.

シェル

ターミナルの開き方(Ubuntu)

  • デスクトップ左上, Ubuntuのロゴが書いてあるボタンをクリックします.
![Icon](public/image/install_icon.png)

ターミナルの開き方(Ubuntu)

  • テキストボックスに「terminal」と入力し, 「端末」をクリックして起動します.
![Terminal](public/image/call_terminal.png)

ターミナルの開き方(Mac)

  • Launchpadなどから「ターミナル」を選択し, 起動します.
    • 再掲ですが, ターミナルは頻繁に起動するため, Dockへ追加しておくことをおすすめします.
![ターミナルのアイコン](public/image/terminal.png)
△ターミナルのアイコン

シェルで使えるコマンド集

  • Perl入学式の中でもよく使うコマンドを紹介します.
    • シェルには, これから紹介する以外にも様々なコマンドがあります.
    • OSやシェルの種類によって使えるもの, 使えないものがありますが, 使いこなせば作業の負担を軽減することができるでしょう.

コマンド集(ls)

$ ls
デスクトップ ダウンロード (以下略)
  • lsは, 現在居るディレクトリにあるファイルを表示します.
  • ls -aは, ファイルを全て表示します.

コマンド集(pwd)

$ pwd
/home/username
  • pwdは, 現在居るディレクトリを表示します.

コマンド集(mkdir)

$ mkdir sample
$ ls
sample デスクトップ ダウンロード (以下略)
  • mkdir DIRECTORYは, DIRECTORYというディレクトリを作ります.

コマンド集(cd)

$ cd sample
$ pwd
/home/username/sample
$ cd ..
$ pwd
/home/username
  • cd DIRECTORYは, DIRECTORYに移動します.
    • 上のディレクトリは..で示します.

コマンド集(rm)

$ touch sample1 sample2
$ ls
sample1 sample2
$ rm sample1
$ ls
sample2
  • rm [OPTION] FILEは, FILEを削除します.
    • target fileは半角スペースで区切ることで複数個指定することができます.
  • ディレクトリを削除するときは, [OPTION]として-rを指定し, rm -r FILEで削除しなければなりません.
    • rは再帰(recursion)を意味します.

コマンド集(cp)

$ ls
sample2
$ cp sample2 sample1
$ ls
sample1 sample2
  • cp [OPTION] SOURCE DESTは, SOURCEDESTにコピーします.
  • ディレクトリをコピーするときは, [OPTION]として-rを指定し, cp -r SOURCE DESTでコピーしなければなりません.

コマンド集(mv)

$ ls
sample1 sample2
$ mv sample1 sample_text
$ ls
sample_text sample2
  • mv [OPTION] SOURCE DESTで, SOURCEDESTに移動します.
    • ファイルやディレクトリの名前を変更する為にも使えます.

コマンド集(nautilus)

$ nautilus .
  • nautilus DIRECTORYで, DIRECTORYをnautilusというファイルマネージャで開きます.
  • 現在のディレクトリは.です.
  • Macにはnautilusが搭載されていないので, 使えません.

コマンド集(open)

$ open .
  • open DIRECTORYで, DIRECTORYをFinderというファイルマネージャで開きます.
    • openは対象となるファイルの種類によって動作が変わります.
    • 例えばディレクトリが対象ならば上記のようにFinderで表示, テキストならばテキストエディタで表示... という動作をします.
  • Ubuntuでは利用できません.

練習問題

  • ホームディレクトリにperl-entranceというディレクトリを作ろう.
  • 作ったperl-entranceディレクトリに移動しよう.
  • カレントディレクトリ(perl-entrance)を, nautilusもしくはopenを使って, ファイルマネージャで開いてみよう.

エディタ入門

エディタ

  • コードを書く時に最も使う道具, それがエディタです.
  • プログラミングに特化した様々なエディタが開発されていますが, Perl入学式ではその中でもSublime Text2を紹介します.
    • 特にこだわりのない方はSublime Text2を試してみましょう.
    • もちろん, EmacsやVimなど, 既に使い慣れているエディタがある方はそちらをお使いください.

インストール for Ubuntu

  • http://www.sublimetext.com/へアクセス, サンプルムービー下部の「Download」ボタンからダウンロードします.
  • ダウンロードしたファイルを右クリックして, ここに展開するをクリックします.
  • Sublime Text2というフォルダができるので, その中のsublime textをクリックして起動します.

インストール for Mac

  • http://www.sublimetext.com/へアクセス, サンプルムービー下部の「Download」ボタンからダウンロードします.
  • ダウンロードした「Sublime Text 2.x.x.dmg」(xは任意の数字)をダブルクリックし, 開いたウィンドウにある「Sublime Text 2.app」を「Application」にドラッグすればインストールは完了です.
![Sublime Text2のインストール](public/image/install_sublime_for_mac1.png)
△「Sublime Text 2.x.x.dmg」ダブルクリック後の画面

インストール for Mac

  • Finderの「アプリケーション」から, 「Sublime Text 2.app」をダブルクリックして起動します.
  • これから頻繁に利用するので, Dockに登録しておくことをおすすめします.

練習問題

  • Sublime Text2など, 好きなエディタでperl-entranceディレクトリにprofile.txtというファイルを用意しましょう.
    • ファイルの中には, あなたの自己紹介を書きます.
  • ターミナルを使って, profile.txtprofile2.txtという名前でコピーしよう.
  • コピーしたprofile2.txtをターミナルから削除しよう.