Permalink
Fetching contributors…
Cannot retrieve contributors at this time
191 lines (162 sloc) 11.1 KB

Perl入学式


第1回 環境構築編


諸注意

  • 会場について
    • 飲食・喫煙・トイレetc
  • 写真撮影について
    • 写真撮影NGな方はお手数ですが申し出てください

本日の内容

  • 第1部
    • 環境構築
  • 第2部
    • ターミナルとシェル入門
    • エディタについて
  • 第3部
    • Perl入学式について
    • Hello, World

OSについて


OSとは?

  • OSは, Operating System(オペレーティング・システム)の略です.
  • 私達のコンピュータには, 大抵の場合1つ以上のOSが搭載されていて, OSの上でブラウザなどのアプリケーションが動作しています.
  • 代表的なOSとして, 次のようなものが存在します.
    • Windows
    • Mac OS X (macOS)
    • Linux

Perlに最適なOSは?

  • Perlを利用したWebアプリケーションなどのプログラミングにチャレンジする方は, 「Windows以外」のOSを利用することを推奨します.
    • これは, 「Windows特有のトラブルが多いこと」, 「WindowsでPerlを使っているユーザが少なく, トラブル発生時に対処出来る人が少ないこと」が理由です.
  • Perlだけでなく, PHPやRubyでもこの傾向があるように思います.

Linuxか? Macか?

  • Linuxの利点は, 基本的に無料で使えるという点です.
    • 初心者向けのUbuntu, よくサーバで利用されるCentOSなど, 多くの種類(ディストリビューション)が存在します.
    • Windowsとの共存も可能なので, Windowsユーザの方はひとまずLinuxを使ってみるのがいいのではないでしょうか.

Linuxか? Macか?

  • 基本的にWindows製のソフトウェアはLinux上では動かないと思いましょう.
    • 特にOfficeが使えないのは(場合によっては)致命的となり得ます.
    • WindowsとLinuxを用途に応じて使い分ける必要があるでしょう.

Linuxか? Macか?

  • 一方, MacはMacBook AirやMacBook ProなどApple製のPCに搭載されています.
    • Linuxと同様, 基本的にWindow向けのソフトウェアはMac上では動きません.
    • ただし, Officeについては, MicrosoftがMac版を販売しているので利用することができます.
  • その他, ソフトウェアによってはWindowsだけでなくLinuxやMacにも対応したものを配布している場合があります.

Perl入学式では...

  • Windowsユーザの方は...
    • VirtualBoxというソフトウェアを作って, 皆さんのコンピュータに「仮想的な, もう1つのパソコン」を作って,Ubuntuの環境を構築します.
    • コンピュータ本体の容量が心配な方はUSBメモリを利用しましょう.
  • Macユーザ, Linuxユーザの方は...
    • 基本的に, 既にお手持ちのPC/環境を利用して頂きます.

Ubuntu環境の構築

〜Windowsユーザ向け〜

Ubuntuとは?

  • Canonicalの支援で開発されている, Linuxディストリビューションの1つです.
    • Ubuntuの軽量版として, Lubuntuなども提供されています.
    • 今回Ubuntuを導入してみて, 「動作が遅いかな?」と思った場合, Lubuntuの導入も検討してみてください.
  • UbuntuやLubuntuは, 比較的初心者向けのディストリビューションと呼ばれています.
    • 国内外を問わず, 多くのユーザがUbuntuやLubuntuを利用しています.

Ubuntu環境の入手

  • まず, Ubuntuの「仮想ハードディスクデータ」を用意しましょう.
  • こちらのリンクから直接ダウンロードすることも可能です: ダウンロード
  • ダウンロードしたzipファイルは解凍しておきます.
    • 解凍する際にwinZipの画面がでてきてしまう方は,こちらのページを参考にして解凍しましょう.
    • ubuntu-ja-14.04-desktop-amd64.vhdを利用します.

Ubuntuのインストール時の推奨環境

  • Ubuntu環境を構築する際,6GBのHDD容量を必要とします.
  • Cドライブの容量が心配な方は,必要に応じてDドライブ,USBメモリ等でubuntuファイルの解凍を行いましょう.

VirtualBoxのインストール

  • 続いて, ダウンロードした「仮想ハードディスクデータ」を動かすために, VirtualBoxをインストールします.
    • VirtualBoxは, 前述したとおり, コンピュータ上に「仮想的な」コンピュータを作るツールです.
    • この「仮想的な」コンピュータで, 先ほどダウンロードした「仮想ハードディスクデータ」を動かすことで, Ubuntu環境を構築します.

VirtualBoxのダウンロード

  • まず, VirtualBoxをダウンロードします.
  • ダウンロードしたexeファイルをダブルクリックして開くと, インストールが始まります

VirtualBoxのインストール (1)

  • インストーラーを起動すると, 「Welcome to the Oracle VM VirtualBox 5.1.18 Setup Wizard」という表示が出るはずです.
    • 「Next >」をクリックします.
  • 次に, 「Custom Setup」の画面が表示されます.
    • カスタムせず, そのままインストールします. 「Next >」をクリックします.

VirtualBoxのインストール (2)

  • 次に, インストールオプションが選択できます.
    • 「Create a shortcut on the desktop」, デスクトップにショートカットを作りますか?
    • 「Create a shortcut in the Quick Launch Bar」, クイックラウンチバーにショートカットを作りますか?
    • 「Register file associations」, ファイルの関連を登録しますか?
    • 基本的に全てそのまま(チェック)で良いです. 問題がなければ, 「Next >」をクリックします.

VirtualBoxのインストール (3)

  • Warningが表示されます. 「Next >」をクリックします.
  • すると, インストールの確認の画面になりますので, 「Install」をクリックします.
  • インストール時, Windowsによって「ソフトウェアのインストールを許可しますか?」などのユーザアカウント制御の表示が出る場合があります.
    • 「はい (Y)」などをクリックして, 許可を出しましょう

VirtualBoxのインストール (4)

  • 暫くすると, 「Oracle VM VirtualBox 5.1.18 installation is complete.」という表示が出ます.
    • これでVirtualBoxのインストールは完了です! 「Finish」をクリックしてインストーラを終了しましょう.
    • もし, 失敗した場合は, 近くのサポーターに助けを求めて下さい!

Ubuntuのインストール (1)

  • 先ほどインストールした, Ubuntuの「仮想ハードディスクデータ」を用いて, Ubuntuのインストールを進めます.
    • VirtualBoxを利用したUbuntuのインストールについては, こちらのページの手順も参考にしてください.
  • まず, VirtualBoxを起動し, 「新規 (N)」をクリックします.

Ubuntuのインストール (2)

  • 「名前とオペレーティングシステム」というウィンドウが表示されます.
    • 「名前」は適当に(例えばUbuntuなど)入れましょう.
    • 「タイプ」は「Linux」, 「バージョン」は「Ubuntu (64-bit)」を選択します.
    • 「次へ (N)」をクリックします.
  • 「メモリーサイズ」が表示されます.
    • デフォルトは「768MB」ですが, 余裕があれば「2048MB〜」になるように設定しましょう.
    • 「次へ (N)」をクリックします.

Ubuntuのインストール (3)

  • 「ハードディスク」が表示されます.
    • ここで, デフォルトで選択されている「仮想ハードディスクを作成する」ではなく, 「すでにある仮想ハードディスクを使用する」にチェックを入れます.
    • そして, その下に表示されている「空」の右にあるアイコンをクリックして, 先ほどダウンロードして用意したubuntu-ja-14.04-desktop-amd64.vhdを選択します.
    • ここで, 「作成」を押せば準備は完了です.

Ubuntuのインストール (4)

  • 「起動 (T)」を押せば, 仮想マシンが起動します.

Ubuntuの初期設定 (1)

  • Ubuntuを起動すると, 「ようこそ」が表示されます.
  • まず言語の選択です. そのまま「日本語」を選んで, 「続ける」をクリックします.
  • 次に居住地の設定です. 「Tokyo」のまま, 「続ける」をクリックします.
  • キーボードレイアウトも, 基本的にそのままで大丈夫です. 念のため, 「キーボード入力をここで試して下さい」で試してみるといいでしょう.
    • もしおかしい場合, 「キーボードレイアウトを検出」なども使ってみましょう.
    • 問題なければ, 「続ける」をクリックします.

Ubuntuの初期設定 (2)

  • 続いて, 「あなたの情報を入力してください」が表示されます.
    • 「あなたの名前」を入力すると, それに応じて「コンピュータの名前」と「ユーザ名」が設定されるので, 特にこだわりがなければこのまま使いましょう.
    • 「パスワード」及び「パスワードの確認」は, 適当なパスワードを生成して入力します.
    • 問題がなければ, 「続ける」をクリックします.

Ubuntuの初期設定 (3)

  • すると, Ubuntuのシステム設定がスタートします.
  • 完了すると, ログイン画面になり, パスワードの入力が求められますので, 先ほど入力したパスワードを入力し, 「Enter」を押せば, Ubuntuが起動します.
  • これでインストールは完了です. お疲れ様でした!