Skip to content
This repository

HTTPS clone URL

Subversion checkout URL

You can clone with HTTPS or Subversion.

Download ZIP

グローバル設定でJavaScriptが無効に出来ない #1

Open
piroor opened this Issue · 0 comments

1 participant

YUKI "Piro" Hiroshi
YUKI "Piro" Hiroshi
Owner

B.B.S/2788 "ポリシーマネージャのグローバル設定でJavaScriptが無効に出来ない" - outsider reflex

ポリシーマネージャ2.0.20051011で「JavaScriptをグローバル設定で無効にしながら個別のポリシー設定で有効にできるようにした」とのことですが、2.2.2009110501ではFirefox再起動でJavaScript有効に戻ってしまいます。
Firefox3.6.12、新規プロファイルで拡張はポリシーマネージャ以外入っていない状態です。

1.グローバル設定で「Javascriptの実行」を「禁止する」
2.Firefoxを終了すると、prefs.jsに

user_pref("capability.policy.default.javascript.enabled", "noAccess");

が追加される。
3.Firefoxを起動すると、なぜかJavaScriptが有効になっている。
4.Firefoxを終了すると、全く設定を変えていないにもかかわらずprefs.jsに

user_pref("capability.policy.default.javascript.enabled", "allAccess");

と上書きされる。
一方、
1'.グローバル設定で「Javascriptの実行」を「禁止する」
2'.ポリシーマネージャを削除し、Firefoxを終了すると、prefs.jsに

user_pref("capability.policy.default.javascript.enabled", "noAccess");

が追加される。
3'.Firefoxを起動すると、JavaScriptは無効になっている(想定した動作)。

このことから、Firefox起動時のポリシーマネージャの初期化に何らかの問題があるのではないでしょうか。

Sign up for free to join this conversation on GitHub. Already have an account? Sign in to comment
Something went wrong with that request. Please try again.