バーチャル冷蔵庫
Branch: master
Clone or download
Fetching latest commit…
Cannot retrieve the latest commit at this time.
Permalink
Type Name Latest commit message Commit time
Failed to load latest commit information.
app
bin
chihiro
config
db
kodaira
lib
log
mutsuki
public
test
tmp
try_image_crop
vendor
.gitignore
.ruby-version
Dockerfile
Gemfile
Gemfile.lock
README.md
Rakefile
config.ru
crawl_images.rb
docker-compose.yml.bak
explanation.txt
package.json
regexp.rb

README.md

Virtual Regrigerator - バーチャル冷蔵庫

システム グループ6

開発環境

前提

Docker, Git, GitHub

Docker

サーバ(160.16.235.25)にはDocker導入済み サーバではなく手元PCを使う場合はhttps://www.docker.com/community-editionよりダウンロードする

Git

Gitの入れ方は雑にググればOK(たぶん)

GitHub

コマンドラインからgit pushでプッシュするにはSSH public keyをGitHubのSettings > SSH and GPG keysで登録すると良い。https://qiita.com/shizuma/items/2b2f873a0034839e47ceとか、雑にググっても良い。

git clone

ローカルで編集するには、git cloneして、以下のコマンドでdockerをセットアップする。これは最初の1回のみやればいい。最後にブラウザを立ち上げて動作を確認すること。

$ git clone https://github.com/qiugits/VirtualRefrigerator.git
$ cd VirtualRefrigerator/
$ docker-compose build
$ docker-compose run web rails db:create
$ docker-compose run web rails db:migrate
$ docker-compose up

編集を加える

番号が付いているのは順番を踏むべきもの。 ドットは適宜使用する。

  1. 編集を加える前にまずブランチをきる。 any_branch_nameは各自適切なブランチ名に変えて使うこと。
$ git checkout -b any_branch_name
  • 現在のブランチを確かめるには次のコマンドで*がついてるところを見る。 masterブランチを編集してはいけなくて、必ずcheckout -bで作ったブランチを編集すること。
$ git branch
  • 編集を加えた後、どこに編集を行ったかを確かめるには次のコマンド
$ git status
  1. 編集したものをコミットしてプッシュするには次のようにする 前の項1. で決めたブランチ名にany_branch_nameを変えて使うこと
$ git add .
$ git commit -m '加えた編集について一行程度の簡潔な説明'
$ git push --set-upstream origin any_branch_name
  1. masterに変更が行われたら、その変更をローカルに反映する masterへのマージは基本的には@qiugitsが行う
$ git checkout master
$ git pull

その後1.に戻るというサイクル