Skip to content
休講情報をカレンダーへ自動追加
JavaScript
Branch: master
Clone or download
Fetching latest commit…
Cannot retrieve the latest commit at this time.
Permalink
Type Name Latest commit message Commit time
Failed to load latest commit information.
GASscreen.png
README.md
tutAddCalendarFromGmail.gs

README.md

tutAddCalendarFromGmail

TUTの補講・休講・教室変更情報をGmailからGoogleCalendarに自動追加するGoogleAppsScriptです。

使い方

  1. 教務から来るメールをGmailへ転送し、ラベルを"豊橋技科大"とする。
  2. "tutAddCalendarFromGmail.gs"をGoogleDriveに保存する。
  3. 保存した"tutAddCalendarFromGmail.gs"を開いて、プロジェクトのトリガー(プログラムを実行する時間)を決める。詳しくは図を参照。
GoogleAppsScript編集画面

4. プログラムが実行されると、Googleカレンダーに新しく"TUT授業"というカレンダーが作成され、そこに補講・休講・教室変更情報が追加されます。

原理

教務から送られてくるメールはだいたい以下のフォーマットになっています。

■開講学部:工学部
■時間割番号:B136*****
■時間割名:ほげほげ
■教室変更日:2017/06/08のみ
■時限:2限
■時間:10:30~12:00
■変更前教室:A2棟講義室 A2-301
■変更後教室:A1棟講義室 A1-201
■学生へのメッセージ

このメールをパースして、カレンダーのイベントに追加します。(カレンダーが無い場合は新しく作成します。)
カレンダーに追加したイベントはメールで通知されます。

改善したい点

  • 補講・休講・教室変更の取り消しメールに対応していない。

他に改善点などあればプルリクエストでもメールでもLINEでも受け付けてます!

You can’t perform that action at this time.