No description, website, or topics provided.
Switch branches/tags
Clone or download
Fetching latest commit…
Cannot retrieve the latest commit at this time.
Permalink
Type Name Latest commit message Commit time
Failed to load latest commit information.
images
LICENSE
README.md
kogyo_osaka_reti.R

README.md

Osaka-Kogyo-scatter-plot

取引価格情報に基づく、工業地の大阪府3市(規模別)の時点・取引単価の散布図

データの入手方法等

国交省Hpの取引価格情報をダウンロード。 ここでは、大阪府の取引価格情報から、土地m2単価が把握できる土地のみのデータを抽出し、工業地について、サンプル数の多い3市(大阪市、堺市、東大阪市)について、規模別に、時点とm2単価の散布図を描画し、トレンドをみる。

地積については、元データでは2000m2以上は「2000m2以上」となっているが、取引総額を取引単価で割り算して地積を求めた。また、建物付きのサンプルについては、m2単価が把握できず、対象外となるいことに留意を要する。

サンプル数は下記のとおり。

city    100未満  100以上250未満  250以上500未満  500以上1000未満  1000以上5000未満  5000以上
大阪市       39             104             99              68               98        27
堺市         13              26             26              35               44        24
東大阪市     13              39             51              52               38         5

結果等

鑑定評価書等で、ある程度サンプル数があれば、価格動向を表示するのには、散布図を描画するのシンプルかつ説得力がある。Rを使うと、上記のような地積を区分するようなことも関数で容易にでき、描画もなれれば色々なパターンで即時に可能である。

大阪市・堺市は海に面し、東大阪市は内陸に位置する。大阪市・堺市では大規模な土地は臨海部に多く、近年臨海部で災害が多いことなどから、大規模な土地については、内陸部の東大阪市のほうが単価が高いもよう。

output_1