地域毎の取引総額でシンプル分析 (取引価格情報を利用)
Switch branches/tags
Nothing to show
Clone or download
Fetching latest commit…
Cannot retrieve the latest commit at this time.
Permalink
Type Name Latest commit message Commit time
Failed to load latest commit information.
images
LICENSE
README.md
Sogaku_min max.R

README.md

Sogaku_max_min.R

地域毎、駅毎に取引総額でシンプル分析 (取引価格情報を利用)

データの入手方法等

国交省Hpの取引価格情報をダウンロード。 全国・都道府県毎でも分析可能ですが、市区町村単位(複数も可能)で行うのが無難。

利用例

プログラム後半の大阪府東大阪市の例(地積等に制限なく「宅地(土地)」と「宅地(土地と建物)」の全事例)から、最高額が低い地域をみる。

地区ごとの取引総額(10年余でサンプル10未満は除外)でみると、東大阪市の東部、生駒山麓の住宅地の取引総額が低いことが確認できる。  (東部の山麓は、15地区のうち、客坊町、上四条町、上六万寺町、五条町、立花町、出雲井本町、四条町、額田町の8地区。) 本件では、市街化調整区域の山林・農地は除外されており、宅地が前提となる。山麓部では地価単価が低いことと、もともと棚田のような狭い土地が多くいことの相乗効果?もあって、取引総額が抑えられる傾向が強いものと推測される。 output_1