Skip to content
Permalink
Branch: master
Find file Copy path
Find file Copy path
Fetching contributors…
Cannot retrieve contributors at this time
84 lines (72 sloc) 2.56 KB
id title permalink layout category
faq-ajax
AJAX と API
docs/faq-ajax.html
docs
FAQ

AJAX コールをする方法は? {#how-can-i-make-an-ajax-call}

任意の AJAX ライブラリを React と共に利用可能です。人気のあるものとしては、AxiosjQuery AJAX、ブラウザ組み込みの window.fetch などがあります。

コンポーネントのどのライフサイクルで AJAX コールすべきか? {#where-in-the-component-lifecycle-should-i-make-an-ajax-call}

AJAX コールによるデータ取得は componentDidMount のライフサイクルメソッドで行うべきです。データ取得後に setState でコンポーネントを更新できるようにするためです。

例:ローカル state に AJAX の通信結果をセットする {#example-using-ajax-results-to-set-local-state}

下記のコンポーネントは、componentDidMount で AJAX コールして得られたデータをローカルコンポーネントの state に流し込んでいます。

このサンプル API が返す JSON オブジェクトはこのようになります:

{
  "items": [
    { "id": 1, "name": "Apples",  "price": "$2" },
    { "id": 2, "name": "Peaches", "price": "$5" }
  ] 
}
class MyComponent extends React.Component {
  constructor(props) {
    super(props);
    this.state = {
      error: null,
      isLoaded: false,
      items: []
    };
  }

  componentDidMount() {
    fetch("https://api.example.com/items")
      .then(res => res.json())
      .then(
        (result) => {
          this.setState({
            isLoaded: true,
            items: result.items
          });
        },
        // 補足:コンポーネント内のバグによる例外を隠蔽しないためにも
        // catch()ブロックの代わりにここでエラーハンドリングすることが重要です
        (error) => {
          this.setState({
            isLoaded: true,
            error
          });
        }
      )
  }

  render() {
    const { error, isLoaded, items } = this.state;
    if (error) {
      return <div>Error: {error.message}</div>;
    } else if (!isLoaded) {
      return <div>Loading...</div>;
    } else {
      return (
        <ul>
          {items.map(item => (
            <li key={item.name}>
              {item.name} {item.price}
            </li>
          ))}
        </ul>
      );
    }
  }
}
You can’t perform that action at this time.