Skip to content
LaTeXでビジネス文書を書くためのスタイルファイル.(LaTeX style file for Japanese business documents.)
TeX
Branch: master
Clone or download
Fetching latest commit…
Cannot retrieve the latest commit at this time.
Permalink
Type Name Latest commit message Commit time
Failed to load latest commit information.
LICENSE
README.md
jbusinessdoc.sty
sample.jpg
sample.pdf
sample.tex

README.md

jbusinessdoc

LaTeX style file for Japanese business documents.

LaTeXでビジネス文書を書くためのスタイルファイル.

使用法

  1. 普通のLaTeX文章を用意する(pLaTeXもしくはupLaTeXでjsarticleを使用することを想定してるので,それ以外だと上手く動かないかも).
  2. jbusinessdoc.sty をそのLaTeX文書のビルドが通る場所(例えば.texファイルと同じディレクトリ)に置く
  3. プリアンブルに\usepackage{jbusinessdoc}と書く
  4. \title\author\dateのほかに,宛先を書くための\destinationを書く
  5. 必要があれば文章番号となる\documentnumberも書く(省略可)
  6. ビルドする

機能

前付部分(\maketitleで出力)

  • \documentnumber: 文章番号(省略可)
  • \date: 日付
  • \destination: 宛先(「ご担当者様」とか「各位」とか)
  • \author: 作成者
  • \title: タイトル

本文

haikei 環境

\begin{haikei}\end{haikei}で,別行立ての「拝啓(左ぞろえ)」~「敬具(右ぞろえ)」を出力してくれる.

kigaki 環境

\begin{kigaki}\end{kigaki}で,別行立ての「記(中央ぞろえ)」~「以上(右ぞろえ)」を出力してくれる.

サンプル

\documentclass[uplatex,a4j,fleqn,12pt]{jsarticle}
\usepackage[top=35.01truemm,bottom=30truemm,left=30truemm,right=30truemm]{geometry}
\usepackage{jbusinessdoc}
%\documentnumber{文章番号第42号}
\date{平成yy年mm月dd日}
\destination{○○株式会社\\ご担当者様}
\author{××株式会社\\ほげほげ}
\title{ほげほげのご案内}
\begin{document}
\maketitle

\begin{haikei}
時下ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。
平素はひとかたならぬお引き立てを賜り、厚く御礼申し上げます。

さて、このたび弊社ではほげほげがふがふがとなりました。

つきましては、ほげほげの程よろしくお願い申し上げます。
\end{haikei}

\begin{kigaki}
\begin{itemize}
    \item 日時:いつか
    \item 会場:どっか
\end{itemize}
\end{kigaki}
\end{document}

sample.pdf

こんな感じに.

You can’t perform that action at this time.