どどんとふの更新を自動化するツール
Ruby
Switch branches/tags
Nothing to show
Clone or download
Latest commit 80db319 Jan 9, 2013
Permalink
Failed to load latest commit information.
src 最新ソース自動DL化 Oct 29, 2012
AutoUpdate.exe 最新ソース自動DL化 Oct 29, 2012
README.md 改行 Jan 9, 2013
params.yml v1.1対応 Oct 29, 2012

README.md

■概要

どどんとふの自動アップデートツールです。 対象サーバ情報の設定をしておけば、ダブルクリックでどどんとふ最新版にアップデートが完了します。

■更新履歴

v.1.2 2012/10/29  ・どどんとふ最新版自動DL対応

v.1.1 2012/10/29  ・"loginMessage.html"の自動引継ぎに対応  ・引継ぎ情報手動修正に対応  ・ソースの整理

v.1.0 2012某日  ・公開

■動作確認環境

ruby 1.9.3p194 windows7 Professional sp1 64 windowsxp sp3 32

■使用方法

1.params.yml に必要な情報を記入して下さい 2.AutoUpdate.exeをダブルクリックして下さい。

※手動でコンフィグを修正したい場合
1.params.yml に必要な情報を記入して下さい。(full_auto_flgを0に)
2.AutoUpdate.exeをダブルクリックして下さい。
3."working"ディレクトリ内の以下のファイルを修正して下さい。
"01_new_config.rb" どどんとふのコンフィグファイル
"01_new_login_message.html" ログインメッセージファイル
4.再度AutoUpdate.exeをダブルクリックして下さい。

以上

■動作仕様

〇SSH使用時
サーバの作業ディレクトリに現設定のバックアップを行います。
クライアントの作業ディレクトリにどどんとふの最新バージョンをダウンロードします。
サーバの作業ディレクトリにどどんとふの最新バージョンをアップロードします。
サーバの作業ディレクトリにどどんとふの最新バージョンを展開します。
クライアントに現行コンフィグと新バージョン用のデフォルトコンフィグをダウンロードします。
現行コンフィグの情報を、新バージョン用コンフィグに写します。
新バージョンを実環境に展開します。(DodontoFディレクトリのみ)
クライアントで修正を加えたコンフィグを、実環境に送信します。

〇FTP使用時
クライアントの作業ディレクトリに、どどんとふの最新バージョンをダウンロードします。
クライアントの作業ディレクトリに、どどんとふの最新バージョンを展開します。
現行コンフィグをダウンロードします。
現行コンフィグの情報を、新バージョン用コンフィグに写します。
新バージョンを実環境に展開します。
クライアントで修正を加えたコンフィグを、実環境に送信します。

■ご利用について
改変配布諸々全部自由です。
連絡は貰えると僕が喜びますが、しなくても大丈夫です。
文句も歓迎。

なお、お約束として、本ツールを使用した事により損害が発生しても、当方は一切の責任を負いかねます。

twitter:@retake272