containerised brat (http://brat.nlplab.org/)
Clone or download
Pull request Compare This branch is 3 commits ahead of cassj:master.
Fetching latest commit…
Cannot retrieve the latest commit at this time.
Permalink
Type Name Latest commit message Commit time
Failed to load latest commit information.
.gitignore
000-default.conf
Dockerfile
README.md
brat_install_wrapper.sh
supervisord.conf
user_patch.py

README.md

NOTE

Fork元のコメントを日本語訳しました。

brat docker

これはbratサーバをデプロイするdockerコンテナです。

インストール

コンテナにアノテーションデータと設定を渡すために2つのボリュームを作成する必要があります。 以下の通り、それぞれに名前をつけてボリュームを作成します。

$ docker volume create --name brat-data
$ docker volume create --name brat-cfg

brat-dataボリュームはアノテーションデータにリンクさせ、brat-cfgボリュームはusers.jsonファイルを入れてください。 複数ユーザが追加するためにはusers.jsonに以下のようにユーザ名とパスワードを列挙してください:

{
    "user1": "password",
    "user2": "password",
    ...
}

これらのディレクトリ内のデータはコンテナが停止・削除されても永続的に残ります。 その後、別のbratコンテナを起動し、同じデータを見ることができます。 docker < 1.9.0を使用している場合はnamed volumeを使用出来ないので、代わりにdata-only containerと--volumes-fromを使う必要があることに気をつけてください。

コンテナ内からデータの追加、ユーザの編集をすることもできます。コンテナ内に直接データを追加するには以下のように行ってください:

$ docker run --name=brat-tmp -it -v brat-data:/bratdata cassj/brat /bin/bash
$ cd /bratdata
$ wget http://my.url/some-dataset.tgz
$ tar -xvzf some-dataset.tgz
$ exit  
$ docker rm brat-tmp

データがホストマシーンにある場合は、dockerがどこにnamed volumeを保存しているかチェックし、:

$ docker volume inspect brat-data 

そこに直接データをコピーすることができます。

起動

初めて起動するときはコンテナ起動時にユーザネーム、パスワード、emailを環境変数として与えてください。このユーザが編集権限を持ちます。

$ docker run --name=brat -d -p 80:80 -v brat-data:/bratdata -v brat-cfg:/bratcfg -e BRAT_USERNAME=brat -e BRAT_PASSWORD=brat -e BRAT_EMAIL=brat@example.com cassj/brat