magazine.rubylist.netで公開しているるびまのJekyll版です
Clone or download
Latest commit a34484c Nov 28, 2018
Permalink
Type Name Latest commit message Commit time
Failed to load latest commit information.
_includes support author/created/updated info. Oct 5, 2018
_layouts
_plugins
articles
css support author/created/updated info. Oct 5, 2018
docs
images
js
script 再度試したが、cloneの段階でgithubのusernameを求められるため、一旦諦め Mar 19, 2018
tmp
tools initial commit Sep 18, 2017
.gitignore add Amazon Search Result XML files. Sep 27, 2017
.ruby-version
.travis.yml
Gemfile
Gemfile.lock gem update Nov 27, 2018
README.md
_config.yml
config.ru
feed.xml initial commit Sep 18, 2017
index.md
unicorn.rb

README.md

Build Status

Rubima on Jekyll

次期るびま本体のサイトです。

記事について

記事は、articles/号数/_posts/日付-記事名.mdとして作成してください。画像ファイルなどはimages/号数-記事名以下に配置してください。 記事はPull Requestで受け付け、リリースのタイミングでmergeします。

書式

Markdownです。具体的には、kramdownを使っています。 詳細な文法はkramdownのSyntaxページを参照してください。

ローカル環境構築

$ git clone git@github.com:rubima/magazine.rubyist.net.git
$ cd magazine.rubyist.net
$ bundle install
$ bundle exec jekyll serve -I --future

http://127.0.0.1:4000/ にローカル開発サーバーが起動し、Markdownから生成されたHTMLページを確認することができます。

リリース作業について

次の手順で行います。

  1. 受け付けたリリース対象の記事のPull Requestをmergeします。
  2. 次のことがTravisでできそうなので、実装すれば良さそう。
  • JEKYLL_ENV=production bundle exec jekyll buildを実行します。
  • docsにサイトが生成されるのでgit commitしてgh-pageブランチにcommit、git pushします。

上記のようにしているのは、amazonの書影をとるためにpluginを使用しているため。これを解決できれば、特にcloneしなくても動かせるものと考えています。

rubima.github.io へのリリース

  ../rubima.github.io/rubima/rubima.github.io が chekout されている場合は下記のような操作をします。

$ git checkout master
$ git pull
$ \cp -r docs/* ../rubima.github.io/
$ cd ../rubima.github.io/
$ git checkout -b (ブランチ名)
$ git add .
$ git commit
$ git push -u origin (ブランチ名)

https://github.com/rubima/rubima.github.io からプルリクエストを作成しmasterブランチにマージします。