Permalink
Browse files

* README.EXT.ja: fixed args, same as r35977. [Bug #6597]

git-svn-id: svn+ssh://ci.ruby-lang.org/ruby/trunk@36262 b2dd03c8-39d4-4d8f-98ff-823fe69b080e
  • Loading branch information...
1 parent fb3c4a2 commit 0de52e155a374adebe627c6d43772c3bd435c3cb @ayumin ayumin committed Jul 1, 2012
Showing with 9 additions and 3 deletions.
  1. +6 −0 ChangeLog
  2. +3 −3 README.EXT.ja
View
@@ -1,3 +1,9 @@
+Mon Jul 2 03:21:53 2012 Ayumu AIZAWA <ayumu.aizawa@gmail.com>
+
+ * README.EXT.ja: fixed args of have_struct_member() ,
+ create_makefile() same as r35977. however, mkmf.rb include
+ no Japanese-docs, so Appendix C was not removed. [Bug #6597]
+
Fri Jun 29 05:08:41 2012 NARUSE, Yui <naruse@ruby-lang.org>
* lib/test/unit/parallel.rb: workaround fix for rubygems.
View
@@ -839,7 +839,7 @@ Makefileを作る場合の雛型になるextconf.rbというファイルを作
have_library(lib, func): ライブラリの存在チェック
have_func(func, header): 関数の存在チェック
have_header(header): ヘッダファイルの存在チェック
- create_makefile(target): Makefileの生成
+ create_makefile(target[, target_prefix]): Makefileの生成
以下の変数を使うことができます.
@@ -1527,7 +1527,7 @@ find_header(header, path...)
ヘッダファイルheaderの存在を -Ipath を追加しながらチェック
する.ヘッダファイルが見付かった時,trueを返す.
-have_struct_member(type, member, header)
+have_struct_member(type, member[, header[, opt]])
ヘッダファイルheaderをインクルードして型typeにメンバmember
が存在するかをチェックする.typeが定義されていて,memberを
@@ -1544,7 +1544,7 @@ check_sizeof(type, header)
ズを調べる.typeが定義されている時そのサイズを返す.定義さ
れていないときはnilを返す.
-create_makefile(target)
+create_makefile(target[, target_prefix])
拡張ライブラリ用のMakefileを生成する.この関数を呼ばなけれ
ばそのライブラリはコンパイルされない.targetはモジュール名

0 comments on commit 0de52e1

Please sign in to comment.