Violet for Tumblr
JavaScript Vue CSS
Fetching latest commit…
Cannot retrieve the latest commit at this time.
Permalink
Failed to load latest commit information.
api
assets
config
tasks
views
.editorconfig
.gitignore
.sailsrc
Gruntfile.js
Procfile
README.md
app.js
main.js
package.json

README.md

Violet for Tumblr

Setup

HomebrewとNode.jsのインストール

あらかじめやっとく

Sails.jsインストール

$ npm i -g sails

pm2インストール

$ npm i -g pm2

MongoDBインストール

$ brew install mongodb

リポジトリをclone

パッケージインストール

$ npm i

local.jsの作成と編集

作成

$ touch config/local.js

編集

エディタで開いて下記のように編集
xxxxxxxxxxにTumblrで取得したConsumer KeyとConsumer Secretを入れる

module.exports = {
  SECRET_KEY: 'hogehoge',
  SESSION_SECRET: 'hogehoge',
  TUMBLR_CONSUMER_KEY: 'xxxxxxxxxx',
  TUMBLR_SECRET_KEY: 'xxxxxxxxxx'

  session: {
    adapter: 'memory'
  }
}

Session管理は本番ではRedisを使うが、ローカルでは(設定めんどくさいので)Memoryを使う

Development

MongoDB起動

別プロセス(別タブ)で実行

$ npm run db

アプリ起動

pm2で変更をwatchして自動でアプリ再起動

$ npm run watch

アプリ終了

$ npm run stop

Production

参考

Redis To GoのURL取得

Session管理をRedisでやるので

$ heroku config:get REDISTOGO_URL

環境変数をセット

得られたURLはredis://REDIS_DB:REDIS_PASSWORD@REDIS_HOST:REDIS_PORT/のようになっているらしい
そこから各種環境変数をHerokuにセットする

$ heroku config:add REDIS_HOST=xxxxx
$ heroku config:add REDIS_PORT=xxxxx
$ heroku config:add REDIS_DB=xxxxx
$ heroku config:add REDIS_PASSWORD=xxxxx

TumblrのConsumer KeyとConsumer Secretも忘れずにセット

$ heroku config:add TUMBLR_CONSUMER_KEY=xxxxx
$ heroku config:add TUMBLR_SECRET_KEY=xxxxx

ちなみにセットした環境変数一覧は下記で確認できる

$ heroku config

デプロイ

事前にmasterを最新にしておく

$ git push heroku master