A chatterbot written in pure python3
Switch branches/tags
Clone or download

README.md

人口無脳 Unmo

UnmoはPythonで書かれたチャットボットです。形態素解析・マルコフ連鎖などに基づいたアルゴリズムにより、ユーザーの入力を学習・成長していきます。人口無脳とも呼ばれます。

もともとはRuby向けの書籍「恋するプログラム」で解説されているチャットボットであり、このリポジトリは勉強を兼ねてPythonに移植したものです。

必要なもの

Python3が必要です。Python2系では動作しません。依存パッケージはインストール時に自動的にインストールされます。

インストール

gitによるcloneか、またはパッケージをダウンロードして展開してください。その後setup.pyを実行します。

git clone https://github.com/sandmark/unmo.git
cd unmo/
python setup.py install

起動

python -m unmoとタイプすることで、コマンドラインインターフェイスのダイアログが表示されます。まずは「こんにちは」など話しかけてみてください。終了するには何も入力せずにEnterキーを叩いてください。

はじめはユーザーの発言を繰り返すだけですが、学習して辞書が充実してくると自分で文章を考え始めます。辛抱強く話しかけてあげてください。

謝辞

変更履歴

  • 0.2.3
    • 辞書ファイルの保存先を固定しました。これに伴い、これまでの辞書は読み込めなくなります。
      • Mac, Unix系では$HOME/.unmo/dics/ディレクトリ
      • WindowsではC:\Users\username\.unmo\dics\フォルダ
  • 0.2.2
    • 辞書が保存できない場合があるバグを修正しました。
    • テストコードをリファクタリングしました。