Switch branches/tags
Nothing to show
Find file History
Latest commit 522e44d Jan 19, 2018
Permalink
..
Failed to load latest commit information.
apollo.html Add time element Jan 19, 2018
license.md apollo theme とか readme とか Mar 5, 2014
readme.md readme May 25, 2017

readme.md

Apollo

Free responsive tumblr template

Apollo は、穏やかに日記を書きたい人のための無料Tumblrテンプレートです。@sanographixがデザインしています。詳細はこちらの紹介ページをご覧ください。

Install

インストールする

Apolloには2種類のバージョンがあり、それぞれインストール方法が異なります。

  1. tumblrのテーマガーデンから自動でインストールする(推奨)
  2. GitHubから手動でインストールする
    • インストール方法は後述します

機能の違いについて

テーマガーデン版, GitHub版の違いは下記の通りです。テーマガーデン版はTumblrの審査に通す関係で、実験的機能を削減しています。また、海外ユーザー対応している関係で、国内向け機能を一部削減しています。

/ テーマガーデン GitHub
テーマの自動更新 ×
はてなスター ×
はてなブックマークボタン ×
テキスト投稿の記事下に最新記事一覧 ×

GitHub版 Readme

ここから先は、GitHub版ApolloのReadmeです。

Demo

デモページはこちらです

http://apollo-theme.tumblr.com/

1. インストールする

  • テーマのhtmlをコピーします。ここからコピーするとやりやすい
  • Tumblrのテーマカスタマイズ画面を開いて、「HTMLを編集」を押します。
  • (元のhtmlはバックアップを取っておいたほうが良いです)
  • もとのhtmlを削除してapollo.htmlを貼り付けて保存します。
    • 保存すると以前のテーマの設定はすべて消えます。

[注意] ZEN 2.0 からアップグレードする方へ

  • このテーマは、ZEN 2.0との互換性は ありません 。Apolloテーマを適用すると、ZENで設定したオプション設定は消えます。

2. カスタマイズする

テーマカスタマイズ画面でカスタマイズできます。

はじめに行うおすすめ設定

  • 「▾ 詳細設定」の「モバイルレイアウトを使用する」の チェックを外す
    • このチェックを外すとレスポンシブ的なデザインになります。Tumblr 純正モバイルレイアウトを使いたい場合はチェックを入れたままにしてください。

デザイン設定

下記の設定がカスタマイズできます。

設定項目 説明
Google Author 自分のGoogle+プロフィールURLを入力します。
Hatena Star Token ここにはてなスターのトークンを入力すると、スターが押されたときにはてなの「あなたへのお知らせ」に通知が届くようになります。詳しい設定方法ははてなスターのヘルプを参照してください。
Author 自分の名前を入力します。著者名として記事に表示されます。
Enable Recent Post Module 記事パーマリンクに最新記事一覧を表示します。
Enable Like Button 記事パーマリンクにFacebook Likeボタンを表示します。
Enable Hatena Star 記事にはてなスターボタンを表示します。
Enable Plus1 Button 記事パーマリンクにGoogle +1ボタンを表示します。
Enable Tweet Button 記事パーマリンクにツイートボタンを表示します。
Enable Pocket Button 記事パーマリンクにPocketボタンを表示します。
Enable Syntax Highlight シンタックスハイライトを有効にします。

3. ページを追加する

  • Aboutページなど、トップページとは別の固定ページを作成したいときは「ページ管理」の「ページを作成」をクリックして固定ページを作成します。
  • 「ページへのリンクを表示する」チェックボックスを入れると、ヘッダにそのページへのリンクが追加されます。

4. Tips

投稿タイプ「テキスト」で大きい画像を貼る

投稿タイプが「テキスト」のときに画像をアップロードしても、tumblrの仕様で幅500px未満に強制的にリサイズされてしまいます。大きい画像を貼りたいときは外部サイトに画像をアップロードしておいて、画像のURLを貼りつける方法を推奨します。アップロードする外部サイトはFlickrかGoogle+がおすすめです。

困ったときは

問い合わせる前にFAQを読みましょう。

一般的なよくある質問

よくある質問を下記にまとめたので参照してください。

このテーマのよくある質問

Q: パーマリンクの下に最新記事モジュールが出ません
  • 最新記事モジュールで表示するのは「記事タイトルが存在するテキスト投稿」のみです。他の投稿タイプには対応していません。

Author

Showkaku Sano (sanographix)

Graphic designer from Kyoto.

本テーマの利用に関するいかなる被害・損害について、作者は一切の責任を負わないものとします。

Changelog

1.1.0 (2014/10/17)

  • テキスト投稿の「続きを読む」にスタイルをあてる
  • スマホとかで記事タイトルのフォントサイズ少し小さめに

1.0.10 (2014/05/25)

  • タブレット端末でPhotosetの端が切れる問題を修正

1.0.9 (2014/04/24)

  • スマホから見たときのナビゲーションの挙動変更

1.0.8 (2014/04/21)

  • {text: Blog Domain} の入力を不要にした

1.0.7 (2014/04/18)

  • スマートフォンから見たときナビゲーションの色味変更

1.0.6 (2014/04/16)

  • フォトセットをレスポンシブデザイン対応
    • iPhoneで正常に動作しなかったのでやっぱり戻した

1.0.5 (2014/03/28)

  • ブラウザ幅狭いとき iframe がはみ出る問題を修正

1.0.4 (2014/03/25)

  • ブラウザ幅狭いときの table の見え方を修正

1.0.3 (2014/03/20)

  • 引用投稿で引用部分以外のフォントサイズが大きくなっていた問題を修正

1.0.2 (2014/03/10)

  • 新着記事モジュール見出しのマージン調整

1.0.1 (2014/03/07)

  • 固定ページではReblogボタンを表示しないように

1.0.0 (2014/03/05)

  • とりあえず公開

License

Copyright (c) SANOGRAPHIX.NET

Permission is hereby granted, free of charge, to any person obtaining a copy of this software and associated documentation files (the "Software"), to deal in the Software without restriction, including without limitation the rights to use, copy, modify, merge, publish, distribute, sublicense, and/or sell copies of the Software, and to permit persons to whom the Software is furnished to do so, subject to the following conditions:

The above copyright notice and this permission notice shall be included in all copies or substantial portions of the Software.

THE SOFTWARE IS PROVIDED "AS IS", WITHOUT WARRANTY OF ANY KIND, EXPRESS OR IMPLIED, INCLUDING BUT NOT LIMITED TO THE WARRANTIES OF MERCHANTABILITY, FITNESS FOR A PARTICULAR PURPOSE AND NONINFRINGEMENT. IN NO EVENT SHALL THE AUTHORS OR COPYRIGHT HOLDERS BE LIABLE FOR ANY CLAIM, DAMAGES OR OTHER LIABILITY, WHETHER IN AN ACTION OF CONTRACT, TORT OR OTHERWISE, ARISING FROM, OUT OF OR IN CONNECTION WITH THE SOFTWARE OR THE USE OR OTHER DEALINGS IN THE SOFTWARE.