Skip to content
develop
Switch branches/tags
Code

Latest commit

 

Git stats

Files

Permalink
Failed to load latest commit information.
Type
Name
Latest commit message
Commit time
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

2020.scalamatsuri.org

2020.scalamatsuri.org Nuxt.js project

Actions Status Actions Status

Build Setup

Install nodenv

Currently this project Node.js version is managed via .node-version (e.g. nodenv ).

If you use Mac and want to use nodenv,

$ brew install nodenv

$ nodenv init

$ nodenv install x.x.x #please refer to .node-version under this project

$ node -v #check the version is same as .node-verson .

Or you can also use nvm. nvm referes .nvmrc file.

$ brew install nvm

$ nvm use

$ nvm ls #check the version

Build and start development local server

# install dependencies
$ yarn

# serve with hot reload at localhost:3000
$ yarn dev

Build for production

# build for production and launch server
$ yarn run build

$ yarn start

# generate static project
$ yarn run generate

For detailed explanation on how things work, checkout Nuxt.js docs.

source directory

nuxt_src/

スポンサーロゴの更新(How to put sponsor logos)

  1. nuxt_src/data/sponsors/の該当jsonファイルの末尾 ]の前に, 以下を追記する。
,{
 "name": "",
 "logo": "",
 "url": ""
}
  1. 1で追記したjsonの以下のフィールドを編集する
  • name: スポンサー名。広告ページのタイトルにも使われるため、日本語の正式名称を入れます。
  • logo: ロゴファイルのパス。 ファイルは/nuxt_src/static/img/sponsorsに入れて、このフィールドへの記入は /img/sponsors/XXX.svg としてください。
  • url: ロゴのリンク先。
  1. develop branchに向けて、PullRequestを送る

  2. merge後、staging環境で表示を確認する。

  3. 問題なければ、developからmaster branchに向けてPullRequestを送る。

  4. merge後、production環境のWebサイトに反映されていることを確認する。

奉行スポンサーロゴの更新(How to put bugyo-sponsor logos)

  1. nuxt_src/components/sections/top/のsponsors.vueファイルを編集する。

## language=yamlen/jaそれぞれの一番下にbugyo_name: "奉行名"を追記する。
bugyos:の末尾に以下を追記する。

,{
 'name': '',
 'logo': '',
 'url': '',
 'display_name': this.$i18n.t('')
}
  1. 1で追記したvueの以下のフィールドを編集する。
  • name: スポンサー名。
  • logo: ロゴファイルのパス。 ファイルは/nuxt_src/static/img/sponsorsに入れて、このフィールドへの記入は /img/sponsors/XXX.svg としてください。
  • url: ロゴのリンク先。
  • display_name: 1で## language=yamlに追記したbugyo_nameを入れます。
  1. develop branchに向けて、PullRequestを送る

  2. merge後、staging環境で表示を確認する。

  3. 問題なければ、developからmaster branchに向けてPullRequestを送る。

  4. merge後、production環境のWebサイトに反映されていることを確認する。

スポンサー広告ページの更新(How to put sponsor ads)

  1. nuxt_src/data/sponsors/の該当スポンサーのjsonに, 以下のように text_htmlslide_html を追記する。
    slied_html について、提出されたスライドが speakerdeck の場合はサンプルの data-id 部分( 8fbedebe1c6b475b8ed7a8552bd9c6a3 のところ)を当該スライドのdata-idに書き換えればOK。
{
 "name": "すごいScalaの会社",
 "logo": "/img/sponsors/sugoi-scala.svg",
 "url": "http://sugoiscala.example.com/",
 "text_html": "すごいScalaの会社です!",
 "slide_html": "<div style=\"left: 0; width: 100%; height: 0; position: relative; padding-bottom: 74.9296%;\"><iframe src=\"https://speakerdeck.com/player/8fbedebe1c6b475b8ed7a8552bd9c6a3\" style=\"border: 0; top: 0; left: 0; width: 80%; height: 80%; position: absolute;\" allowfullscreen scrolling=\"no\" allow=\"encrypted-media\"></iframe></div>"
}
  1. develop branchに向けて、PullRequestを送る

  2. merge後、staging環境のスポンサーページで表示を確認する。

  3. 問題なければ、developからmaster branchに向けてPullRequestを送る。

  4. merge後、production環境のWebサイトに反映されていることを確認する。