Skip to content

seasarorg/mayaa

master
Switch branches/tags
Code

Latest commit

 

Git stats

Files

Permalink
Failed to load latest commit information.
Type
Name
Latest commit message
Commit time
doc
 
 
 
 
src
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Mayaa

http://mayaa.seasar.org/

MayaaはHTMLをベースとしたテンプレートによるプログラマとデザイナの作業分担を強く意識したWEBフロントサービスエンジンです。

Mayaa 1.2 よりJDK動作要件が Java7 以上になっています。

システム動作仕様環境

  • Java7 以降
  • Servlet API 2.4 ~ 4.0 の web.xml

動作確認済み環境

  • Wildfly 20.0.1Final + Java 11.0.8
  • Wildfly 10.1.0Final + Java 1.8.0_191
  • Wildfly 8.1.0.Final + Java 1.7.0_201
  • Tomcat 8.5.59.0 + Java 1.8.0_272
  • Tomcat 7.0.106 + Java 1.8.0_272
  • Tomcat 6.0.53 + Java 1.7.0_131

利用方法

Mayaa はバージョン1.1.33以降は Maven Central Repository から配布されています。 1.1.32以前はSeasarプロジェクトのMavenリポジトリから配布されています。

バージョン groupId artifactId リポジトリ
1.1.33 以降 com.github.seasarorg.mayaa mayaa Maven Central Repository
1.1.32 以前 org.seasar.mayaa mayaa http://maven.seasar.org/maven2/

1.1.33以降は mayaa-[version].war, mayaa-getting-started-[version].war および Eclipse Project ZIP のバイナリー配布は停止しています。

サポート & フィードバック方法

Mayaa自体の問題や機能に関する提案や相談については Mayaaリポジトリ(GitHub)のIssue機能にてお願いします。

利用に関するお問い合わせ & フィードバックは Mayaa-User ML(日本語)によって行います。 MLへの参加は下記URLページより購読登録してください。 MLへの投稿はSPAM防止のためML購読者に限定しています。MLの購読は制限しておりませんのでどなたでも参加できます。

ML購読登録: https://www.seasar.org/mailman/listinfo/mayaa-user

変更履歴

最近の変更履歴は下記の通りです。過去の変更点については CHANGELOG.md を参照ください。

Mayaa 1.2 : 2020-11-15

Changes

  • #16 - Mayaa動作要件の最低JavaバージョンをJava7としました。
  • #35 - Mayaaのバージョンを${org.seasar.mayaa.impl.Version.MAYAA_VERSION}で参照できるようにしました。
  • #32 - JMX経由でMayaaの内部状態をモニタリングできるようにしました。詳細
  • #50 - Serlvet 3.1 および 4.0 の web.xml に対応しました。
  • #15 - スクリプトのキャッシュの強制保持個数を指定できるようにしました。
  • 依存ライブラリをアップグレードしました。
    • commons-beanutils:commons-beanutils:1.8.3 -> 1.9.4
    • commons-collections:commons-collections:3.1 -> 3.2.2
    • commons-logging:commons-logging:1.0.4 -> 1.2
    • xerces:xercesImpl:2.7.1 -> 2.12.0

Fixes

  • #14 - 複数スレッド下でスクリプトキャッシュの競合を解消するとともにキャッシュ保持数の制御を改善しました。 org.seasar.mayaa.provider.ServiceProvider 内の scriptEnvironment のパラメータ名 cacheSize にて最小の保持数を設定します。(デフォルト値128)
  • #49 - URLエンコードされる文字を含むsystemIDのファイル実体が参照できない潜在的不具合に対応しました。

Mayaa 1.1.34 : 2017-07-30

Fixes

  • #7 - mayaaファイルに ${} で書いた変数名がそのまま展開される場合がある不具合を修正しました。
  • #5 - テンプレートに書かれたインデントが詰められる不具合を修正しました。