Browse files

Updated Japanese translation

  • Loading branch information...
1 parent daa72d8 commit 08d48222c7bf79891c7edb59d5433b992e4b85fc @takeshi-aihana takeshi-aihana committed with Dec 31, 2012
View
182 translations/ja/builder.po
@@ -0,0 +1,182 @@
+# Japanese translation for builder.txt in PyGObject-Tutorial.
+# Copyright (C) GNU Free Documentation License 1.3
+# This file is distributed under the same license as the Python GTK+ 3 Tutorial package.
+# Takeshi AIHANA <takeshi.aihana@gmail.com>, 2012.
+#
+msgid ""
+msgstr ""
+"Project-Id-Version: Python GTK+ 3 Tutorial 3.4\n"
+"Report-Msgid-Bugs-To: \n"
+"POT-Creation-Date: 2012-11-08 08:12\n"
+"PO-Revision-Date: 2012-12-23 16:23+0900\n"
+"Last-Translator: Takeshi AIHANA <takeshi.aihana@gmail.com>\n"
+"Language-Team: Japanese <takeshi.aihana@gmail.com>\n"
+"MIME-Version: 1.0\n"
+"Content-Type: text/plain; charset=UTF-8\n"
+"Content-Transfer-Encoding: 8bit\n"
+
+#: ../source/builder.txt:2
+# e7e7bb2863294defb1285ffd93d26127
+msgid "Glade and Gtk.Builder"
+msgstr "Glade と Gtk.Builder"
+
+#: ../source/builder.txt:3
+# 923b3452167548ef9ff2f55e6f32bd06
+msgid "The :class:`Gtk.Builder` class offers you the opportunity to design user interfaces without writing a single line of code. This is possible through describing the interface by a XML file and then loading the XML description at runtime and create the objects automatically, which the Builder class does for you. For the purpose of not needing to write the XML manually the `Glade <http://glade.gnome.org/>`_ application lets you create the user interface in a WYSIWYG (what you see is what you get) manner"
+msgstr ":class:`Gtk.Builder` クラスではプログラムのコードを使わずにグラフィカルなユーザ・インタフェース (UI) を設計するためのメカニズムを提供しています。これにより XML ファイルでインタフェースを記述しておけば、Builder クラスがプログラムの実行時にその XML の記述を読み込んで自動的にインタフェースのオブジェクトを生成してくれます。さらに一行一行 XML を記述しなくても `Glade <http://glade.gnome.org/>`_ というアプリケーションが ``WYSIWYG`` (*what you see is what you get*) な作法でユーザ・インタフェースを生成してくれます。"
+
+#: ../source/builder.txt:7
+# 12e253e2a5e6448b8b538b2da88f63d5
+msgid "This method has several advantages:"
+msgstr "このメカニズムにはいくつかの利点があります:"
+
+#: ../source/builder.txt:9
+# 90f6bc10b5414a78834b2a084b3f2be9
+msgid "Less code needs to be written."
+msgstr "記述すべきコードが少なくて済む"
+
+#: ../source/builder.txt:10
+# 931392cc55954f65bd755c8cec84be85
+msgid "UI changes can be seen more quickly, so UIs are able to improve."
+msgstr "UI の変更がすぐに分かるので、たくさんの UI を改善できる"
+
+#: ../source/builder.txt:11
+# a31b3e0b1bea41558e4382ce40baa921
+msgid "Designers without programming skills can create and edit UIs."
+msgstr "プログラミングの技術を持たないデザイナのレベルでも UI を作成したり変更できる"
+
+#: ../source/builder.txt:12
+# c1a6788798b7469183bda5ed78412f3d
+msgid "The description of the user interface is independent from the programming language being used."
+msgstr "UI の記述が、使っているプログラミング言語に依存しない"
+
+#: ../source/builder.txt:14
+# 7ea060dfdc5f44d587408488e8fc0554
+msgid "There is still code required for handling interface changes triggered by the user, but :class:`Gtk.Builder` allows you to focus on implementing that functionality."
+msgstr "ユーザ・インタフェースの変更には、まだプログラマがコードを書いてやらないといけない部分もありますが, :class:`Gtk.Builder` を使えば機能的な部分に集中して実装できるはずです。"
+
+#: ../source/builder.txt:17
+# 660ba3e8075c47c595502d5916ff5447
+msgid "Creating and loading the .glade file"
+msgstr ".glade ファイルの作成と読み込み"
+
+#: ../source/builder.txt:18
+# 3a81795c12f743dfb48d56121b1b3ebf
+msgid "First of all you have to download and install Glade. There are `several tutorials <https://live.gnome.org/Glade/Tutorials>`_ about Glade, so this is not explained here in detail. Let's start by creating a window with a button in it and saving it to a file named *example.glade*. The resulting XML file should look like this."
+msgstr "まず最初に `Glade <http://glade.gnome.org/>`_ をダウンロードしてインストールする必要があります。Glade については `チュートリアルがいくつか <https://live.gnome.org/Glade/Tutorials>`_ あるので、ここでは詳細の説明は割愛します。ではウィンドウを一つ作成して、その中にボタンを配置して *example.glade* というファイルに保存するところから始めましょう。その XML ファイルは例えば次のようになります。"
+
+#: ../source/builder.txt:42
+# 4770210fc03c4b9c98e8fb112b9d5d65
+msgid "To load this file in Python we need a :class:`Gtk.Builder` object."
+msgstr "このファイルを Python で読み込むには :class:`Gtk.Builder` 型のオブジェクトが必要になります。"
+
+#: ../source/builder.txt:49
+# 804b2d2649614a40a99df1393ee8047a
+msgid "The second line loads all objects defined in *example.glade* into the Builder object."
+msgstr "2行目で *example.glade* にある全てのユーザ・インタフェースの定義を Builder オブジェクトへ読み込んでいます。"
+
+#: ../source/builder.txt:51
+# 3af5a77bbefc4c0b98dc7af337240813
+msgid "It is also possible to load only some of the objects. The following line would add only the objects (and their child objects) given in the tuple."
+msgstr "あるいは、複数のオブジェクトの中のいくつかのオブジェクトだけ読み込んでやることも可能です。次はオブジェクト (とその子のオブジェクト) だけタプルの中に追加する例です。"
+
+#: ../source/builder.txt:58
+# 6e5059d724b147dda31235700d379a6e
+msgid "These two methods exist also for loading from a string rather than a file. Their corresponding names are :meth:`Gtk.Builder.add_from_string` and :meth:`Gtk.Builder.add_objects_from_string` and they simply take a XML string instead of a file name."
+msgstr "ファイルからではなく文字列から読み込むメソッドが二つ用意されています。それぞれ :meth:`Gtk.Builder.add_from_string` と :meth:`Gtk.Builder.add_objects_from_string` で、共にファイル名の代わりに XML 記述を受け取ります。"
+
+#: ../source/builder.txt:62
+# cf1fd17f6a27474ebb5d90a57e910f74
+msgid "Accessing widgets"
+msgstr "ウィジェットへのアクセス"
+
+#: ../source/builder.txt:63
+# a579bf9ccf6841daacf91e7ad73097e5
+msgid "Now that the window and the button are loaded we also want to show them. Therefore the :meth:`Gtk.Window.show_all` method has to be called on the window. But how do we access the associated object?"
+msgstr "ここで読み込んだウィンドウとボタンを表示するために、ウィンドウの上で :meth:`Gtk.Window.show_all` メソッドを呼び出して下さい。とはいえ、表示されたユーザ・インタフェースのオブジェクトにアクセスするにはどうすればよいのでしょう?"
+
+#: ../source/builder.txt:72
+# e6287bb2af794200898590d499c3399a
+msgid "Every widget can be retrieved from the builder by the :meth:`Gtk.Builder.get_object` method and the widget's *id*. It is really *that* simple."
+msgstr "これらのオブジェクトは全て :meth:`Gtk.Builder.get_object` メソッドやウィジェットの *id* を使って Builder から取得することができます。それは本当に簡単です。"
+
+#: ../source/builder.txt:75
+# 58cd1e049e1047019e0538a1f6db397a
+msgid "It is also possible to get a list of all objects with"
+msgstr "さらに、次のようにして全てのオブジェクトのリストを取得できます:"
+
+#: ../source/builder.txt:82
+# 481357fbcecc48a6afb7a34749a64bd2
+msgid "Connecting Signals"
+msgstr "シグナルに接続する"
+
+#: ../source/builder.txt:83
+# d01467dbfb184508a598920c7c4da57d
+msgid "Glade also makes it possible to define signals which you can connect to handlers in your code without extracting every object from the builder and connecting to the signals manually. The first thing to do is to declare the signal names in Glade. For this example we will act when the window should be closed and when the button was pressed, so we give the name \"onDeleteWindow\" to the \"delete-event\" signal of the window and \"onButtonPressed\" to the \"pressed\" signal of the button. Now the XML file should look like this."
+msgstr "Glade ではさらにコードの中にあるハンドラに接続することが可能なシグナルを Builder から全てのオブジェクトを展開して手動で接続することなく定義できます。その際に最初にやることは Glade の中でシグナルの名前を宣言することです。例えば、ここではウィンドウを閉じた時とボタンを押下した時のハンドラとシグナルとして、\"onDeleteWindow\" にウィンドウの \"delete-event\" シグナルを接続し、\"onButtonPressed\" にボタンの \"pressed\" シグナルを接続するものとします。この時の XML ファイルは次のようになります。"
+
+#: ../source/builder.txt:91
+# 08ab98d6ec0149bf9a2b23411c0b5214
+msgid "Now we have to define the handler functions in our code. The *onDeleteWindow* should simply result in a call to :meth:`Gtk.main_quit`. When the button is pressed we would like to print the string \"Hello World!\", so we define the handler as follows"
+msgstr "それからプログラムでハンドラの関数をそれぞれ定義して下さい。例えば *onDeleteWindow* では単に :meth:`Gtk.main_quit` を呼び出すだけにします。もう一つのハンドラの場合、ボタンが押下されたら \"Hello World!\" なんて文字列を出力したいので、次のような関数を定義します:"
+
+#: ../source/builder.txt:100
+# 9c547f16ebc04bab89559d02c3512e87
+msgid "Next, we have to connect the signals and the handler functions. The easiest way to do this is to define a *dict* with a mapping from the names to the handlers and then pass it to the :meth:`Gtk.Builder.connect_signals` method."
+msgstr "次に、対応するシグナルとハンドラの関数とをそれぞれ接続します。それを一番簡単に実現する方法はハンドラの名前をキーに持つ *辞書* を定義して、それを :meth:`Gtk.Builder.connect_signals` メソッドに引き渡すというものです。"
+
+#: ../source/builder.txt:111
+# 98d22b2b82f345b7ac73e03676fb01b7
+msgid "An alternative approach is to create a class which has methods that are called like the signals. In our example the last code snippet could be rewritten as:"
+msgstr "それ以外の方法としては、シグナルのようにハンドラを呼び出すメソッドを持った任意のクラスを生成するというものです。この例だと、最後のプログラムコードを次のように書き直すことになります:"
+
+#: ../source/builder.txt:119
+# d8b862b9e41c4771a2fac1aff2fa67cf
+msgid "Builder Objects"
+msgstr "Builder のオブジェクト"
+
+#: ../source/builder.txt:124
+# 8b4f0bc10fa6498c803b995cc2d193c1
+msgid "Loads and parses the given file and merges it with the current contents of builder."
+msgstr "指定したファイルを読み込んで解析し、この Builder が持つ現在のユーザ・インタフェースの定義とマージします。"
+
+#: ../source/builder.txt:128
+# 175e055be48e431c995fecdd48dd5bba
+msgid "Parses the given string and merges it with the current contents of builder.."
+msgstr "指定した文字列を解析し、この Builder が持つ現在のユーザ・インタフェースの定義とマージします。"
+
+#: ../source/builder.txt:132
+# 82a8d921436d4531a933c6b51394c8b8
+msgid "Same as :meth:`Gtk.Builder.add_from_file`, but loads only the objects with the ids given in the *object_ids* list."
+msgstr ":meth:`Gtk.Builder.add_from_file` と同じですが、指定した *object_ids* というリストの中にある id を持ったオブジェクトだけ読み込みます。"
+
+#: ../source/builder.txt:136
+# d7b9ca39a89a40f3afa97a5bfba532ca
+msgid "Same as :meth:`Gtk.Builder.add_from_string`, but loads only the objects with the ids given in the *object_ids* list."
+msgstr ":meth:`Gtk.Builder.add_from_string` と同じですが、指定した *object_ids* というリストの中にある id を持ったオブジェクトだけ読み込みます。"
+
+#: ../source/builder.txt:140
+# 3bb7565501d243d98d090eda8c8235dc
+msgid "Retrieves the widget with the id *object_id* from the loaded objects in the builder."
+msgstr "この Builder が読み込んだオブジェクトのうち *object_id* を id として持つウィジェットを返します。"
+
+#: ../source/builder.txt:144
+# e08e217135f346fcaa931c974b1b27df
+msgid "Returns all loaded objects."
+msgstr "この Builder が読み込んだ全てのオブジェクトを返します。"
+
+#: ../source/builder.txt:148
+# 866fd3589f624a1cbfee450f84bd1460
+msgid "Connects the signals to the methods given in the *handler_object*. The *handler_object* can be any object which contains keys or attributes that are called like the signal handler names given in the interface description, e.g. a class or a dict."
+msgstr "シグナルを *handler_object* の中に指定されたメソッドに接続します。この *handler_object* には、Glade ファイルの中で指定したシグナルのハンドラ名のように呼び出されるキーと属性値を含むオブジェクト (すなわち、クラスまたは辞書) を指定できます。"
+
+#: ../source/builder.txt:152
+# fb0b6e6b87564d30804e240b4d3449dc
+msgid "Example"
+msgstr "例"
+
+#: ../source/builder.txt:153
+# 1eb58c88a926405c960e4284482e4af4
+msgid "The final code of the example"
+msgstr "この例の最終的なプログラム・コードは次のとおりです。"
+
View
4 translations/ja/button_widgets.po
@@ -8,7 +8,7 @@ msgstr ""
"Project-Id-Version: Python GTK+ 3 Tutorial 3.0\n"
"Report-Msgid-Bugs-To: \n"
"POT-Creation-Date: 2012-09-24 13:17\n"
-"PO-Revision-Date: 2012-10-07 08:45+0900\n"
+"PO-Revision-Date: 2012-10-12 10:51+0900\n"
"Last-Translator: Takeshi AIHANA <takeshi.aihana@gmail.com>\n"
"Language-Team: Japanese <takeshi.aihana@gmail.com>\n"
"MIME-Version: 1.0\n"
@@ -53,7 +53,7 @@ msgstr "*label* が ``None`` でなければ、指定した文字列を格納し
#: ../source/button_widgets.txt:24
# f5e026010fb245159e1ca15f6c63ad18
msgid "If *stock* is not ``None``, creates a new button containing the image and text from a :ref:`stock item <stock-items>`."
-msgstr "*stock* が ``None`` でなければ :ref:`stock item <stock-items>` から取得した画像とラベルを子ウィジェットに持つ新しいボタンを生成します。"
+msgstr "*stock* が ``None`` でなければ :ref:`ストック・アイテム <stock-items>` から取得した画像とラベルを子ウィジェットに持つ新しいボタンを生成します。"
#: ../source/button_widgets.txt:27
# 2e460ff68cc74d16bc75b347b8eeaa0c
View
257 translations/ja/cellrenderers.po
@@ -0,0 +1,257 @@
+# Japanese translation for treeview.txt in PyGObject-Tutorial.
+# Copyright (C) GNU Free Documentation License 1.3
+# This file is distributed under the same license as the Python GTK+ 3 Tutorial package.
+# Takeshi AIHANA <takeshi.aihana@gmail.com>, 2012.
+#
+msgid ""
+msgstr ""
+"Project-Id-Version: Python GTK+ 3 Tutorial 3.0\n"
+"Report-Msgid-Bugs-To: \n"
+"POT-Creation-Date: 2012-09-24 13:17\n"
+"PO-Revision-Date: 2012-10-16 09:34+0900\n"
+"Last-Translator: Takeshi AIHANA <takeshi.aihana@gmail.com>\n"
+"Language-Team: Language-Team: Japanese <takeshi.aihana@gmail.com>\n"
+"MIME-Version: 1.0\n"
+"Content-Type: text/plain; charset=UTF-8\n"
+"Content-Transfer-Encoding: 8bit\n"
+
+#: ../source/cellrenderers.txt:4
+# dc5d6be0641649b2816a8c9aa8bfb2ca
+msgid "CellRenderers"
+msgstr "セル・レンダラ"
+
+#: ../source/cellrenderers.txt:6
+# 6a24d6b784ea4c33ab79e5ee537d7bf0
+msgid ":class:`Gtk.CellRenderer` widgets are used to display information within widgets such as the :class:`Gtk.TreeView` or :class:`Gtk.ComboBox`. They work closely with the associated widgets and are very powerful, with lots of configuration options for displaying a large amount of data in different ways. There are seven :class:`Gtk.CellRenderer` widgets which can be used for different purposes:"
+msgstr ":class:`Gtk.CellRenderer` は :class:`Gtk.TreeView` や :class:`Gtk.ComboBox` のようなウィジェットの中に何かデータを表示するために使用するウィジェットです。このウィジェットは関連するウィジェットと連携し、とても強力で、いろいろな方法でたくさんのデータを表示するための設定オプションが用意されています。この :class:`Gtk.CellRenderer` クラスのウィジェットはいろいろな用途に利用できます::"
+
+#: ../source/cellrenderers.txt:12
+# e70498c7146442889f5270ea8926a091
+msgid ":class:`Gtk.CellRendererText`"
+msgstr ":class:`Gtk.CellRendererText`"
+
+#: ../source/cellrenderers.txt:13
+# ed745ed5ab5f4b03b362f00f1061fac8
+msgid ":class:`Gtk.CellRendererToggle`"
+msgstr ":class:`Gtk.CellRendererToggle`"
+
+#: ../source/cellrenderers.txt:14
+# ca0e392b0ff740a0b693c2f745af6f96
+msgid ":class:`Gtk.CellRendererPixbuf`"
+msgstr ":class:`Gtk.CellRendererPixbuf`"
+
+#: ../source/cellrenderers.txt:15
+# 188450b69c7d4495a2c18ce0ba67f9b9
+msgid ":class:`Gtk.CellRendererCombo`"
+msgstr ":class:`Gtk.CellRendererCombo`"
+
+#: ../source/cellrenderers.txt:16
+# 5d088776ca9a40dcb3df68b183a6963e
+msgid ":class:`Gtk.CellRendererProgress`"
+msgstr ":class:`Gtk.CellRendererProgress`"
+
+#: ../source/cellrenderers.txt:17
+# c5fa948aad0d430d9c0d5dbfa1094e37
+msgid ":class:`Gtk.CellRendererSpinner`"
+msgstr ":class:`Gtk.CellRendererSpinner`"
+
+#: ../source/cellrenderers.txt:18
+# 180ab82a3ab64a809fe4bbdfa3220f63
+msgid ":class:`Gtk.CellRendererSpin`"
+msgstr ":class:`Gtk.CellRendererSpin`"
+
+#: ../source/cellrenderers.txt:19
+# 638cf3b96d5d457da31c8bf6debd7419
+msgid ":class:`Gtk.CellRendererAccel`"
+msgstr ":class:`Gtk.CellRendererAccel`"
+
+#: ../source/cellrenderers.txt:22
+# d6b020f6f08f4f42bac1068a0b9db273
+msgid "CellRendererText"
+msgstr "CellRendererText"
+
+#: ../source/cellrenderers.txt:24
+# aadf3477f71e49bca12a9266c46df336
+msgid "A :class:`Gtk.CellRendererText` renders a given text in its cell, using the font, color and style information provided by its properties. The text will be ellipsized if it is too long and the \"ellipsize\" property allows it."
+msgstr ":class:`Gtk.CellRendererText` クラスはセル (項目の中にはセルをいくつか描画でき、セルが一個の場合は項目と同じ扱いになります) の中に、プロパティとして指定したフォントや色、スタイルの情報を使って文字列を描画します。文字列が長く、\"ellipsize\" プロパティが有効になっている場合は省略表記 (\"文字列...\") になります。"
+
+#: ../source/cellrenderers.txt:28
+# eab29354f2ff4b6cb67de6a2735ffc54
+msgid "By default, text in :class:`Gtk.CellRendererText` widgets is not editable. This can be changed by setting the value of the \"editable\" property to ``True``:"
+msgstr "デフォルトで :class:`Gtk.CellRendererText` クラスの文字列は編集不可です。これは、次のように \"editable\" プロパティを ``True`` にすることで変更できます::"
+
+#: ../source/cellrenderers.txt:35
+# a61ce8b364544f4c829e7e394ab5dfc2
+msgid "You can then connect to the \"edited\" signal and update your :class:`Gtk.TreeModel` accordingly."
+msgstr "それから \"edited\" シグナルを接続して :class:`Gtk.TreeModel` クラスをそれぞれ更新していきます。"
+
+#: ../source/cellrenderers.txt:39
+# 582c8186590d4363b1575b2c5b7ecc82
+msgid "CellRendererText Objects"
+msgstr "CellRendererText のオブジェクト"
+
+#: ../source/cellrenderers.txt:43
+# 1de8a99bc9ed454881867dd509b1ed39
+msgid "Creates a new :class:`Gtk.CellRendererText` instance. Adjust how text is drawn using object properties. Also, with :class:`Gtk.TreeViewColumn`, you can bind a property to a value in a :class:`GtkTreeModel`. For example, you can bind the \"text\" property on the cell renderer to a string value in the model, thus rendering a different string in each row of the :class:`Gtk.TreeView`."
+msgstr "新しい :class:`Gtk.CellRendererText` クラスのインスタンスを生成します。このオブジェクトのプロパティを使って、どのように文字列を描画するかを決定します。さらに :class:`Gtk.TreeViewColumn` クラスを使って :class:`Gtk.TreeModel` にあるデータのプロパティと連動させることも可能です。例えば、セル・レンダラの \"text\" プロパティをモデルの中にある文字列に関連づけることで :class:`Gtk.TreeView` の各項目の中にいろいろな文字列を描画することができます。"
+
+#: ../source/cellrenderers.txt:51
+#: ../source/cellrenderers.txt:96
+#: ../source/cellrenderers.txt:121
+#: ../source/cellrenderers.txt:155
+#: ../source/cellrenderers.txt:180
+#: ../source/cellrenderers.txt:209
+# 8ee612ac4caf48c5b488853754bf5501
+# b95112e6d4c147dfa61288aeba65de4a
+# 85ebd98e736f4ea6a7c44b6fa62d2659
+# e1a0e801471843bcbd4e18a29aa93430
+# 93068da6f30b423984f47f7b71d729db
+# b6fb319b9e6d4bec93d645f6bd9db7db
+msgid "Example"
+msgstr "例"
+
+#: ../source/cellrenderers.txt:59
+# 9bd10de1a6934930b96bb10dc6409b9a
+msgid "CellRendererToggle"
+msgstr "CellRendererToggle"
+
+#: ../source/cellrenderers.txt:61
+# 8125070d424047fe9072f6437e6bdfe1
+msgid ":class:`Gtk.CellRendererToggle` renders a toggle button in a cell. The button is drawn as a radio- or checkbutton, depending on the \"radio\" property. When activated, it emits the \"toggled\" signal."
+msgstr ":class:`Gtk.CellRendererToggle` クラスはセル (項目の中にはセルをいくつか描画でき、セルが一個の場合は項目と同じ扱いになります) の中にトグル・ボタンを描画します。このボタンは \"radio\" というプロパティに応じて、ラジオ型またはチェック型のトグルとして描画されます。このボタンが押下されると \"toggled\" というシグナルが発行されます。"
+
+#: ../source/cellrenderers.txt:65
+# 86445b772f7d4deca00be464fa5f55c8
+msgid "As a :class:`Gtk.CellRendererToggle` can have two states, active and not active, you most likely want to bind the \"active\" property on the cell renderer to a boolean value in the model, thus causing the check button to reflect the state of the model."
+msgstr "この :class:`Gtk.CellRendererToggle` クラスは二つの状態 (押下されているかどうか) を保持できるので、セル・レンダラの \"active\" プロパティをモデルの中の論理値に相当するデータに関連づけるといった扱いがもっとも一般的です。その場合だと、例えばチェックボタンを押下したらモデルの状態にその結果が反映されるようになります。"
+
+#: ../source/cellrenderers.txt:71
+# debc4a86107043d881a4ee2f614bd435
+msgid "CellRendererToggle Objects"
+msgstr "CellRendererToggle のオブジェクト"
+
+#: ../source/cellrenderers.txt:75
+# 577a57c0b5f54cb6881562958d18d211
+msgid "Creates a new :class:`Gtk.CellRendererToggle` instance."
+msgstr "新しい :class:`Gtk.CellRendererToggle` クラスのインスタンスを生成します。"
+
+#: ../source/cellrenderers.txt:79
+# 52991316424649068604e0d544b76322
+msgid "Activates or deactivates a cell renderer."
+msgstr "セル・レンダラが保持する状態を有効にしたり無効にします。"
+
+#: ../source/cellrenderers.txt:83
+# d740008ac8c248feb3aa9562acad2787
+msgid "Returns whether the cell renderer is active."
+msgstr "セル・レンダラが保持する状態を取得します。"
+
+#: ../source/cellrenderers.txt:87
+# b848217a91cd4524af3e7f1e04cf9ca3
+msgid "If *radio* is ``True``, the cell renderer renders a radio toggle (i.e. a toggle in a group of mutually-exclusive toggles). If ``False``, it renders a check toggle (a standalone boolean option)."
+msgstr "*radio* を ``True`` にすると、セル・レンダラはラジオ型のトグルを描画します (つまりトグルがいくつかあるグループの中で一つだけ有効になる排他的なタイプです)。 ``False`` にすると、チェック型のトグルを描画します (いわゆる単体のオプションを表現するタイプです)。"
+
+#: ../source/cellrenderers.txt:93
+# f258f40b1b234e8d8614300db2ce3607
+msgid "Returns whether we're rendering radio toggles rather than checkboxes."
+msgstr "このセル・レンダラがチェック型のトグルではなくラジオ型のトグルを描画しているかを返します。"
+
+#: ../source/cellrenderers.txt:104
+# d6167371c4d54512ae66fbc3ec6681b8
+msgid "CellRendererPixbuf"
+msgstr "CellRendererPixbuf"
+
+#: ../source/cellrenderers.txt:106
+# 71f2b104eeb549579b2aa13c9ec8000b
+msgid "A :class:`Gtk.CellRendererPixbuf` can be used to render an image in a cell. It allows to render either a given :class:`Gdk.Pixbuf` (set via the \"pixbuf\" property) or a :ref:`stock item <stock-items>` (set via the \"stock-id\" property)."
+msgstr ":class:`Gtk.CellRendererPixbuf` クラスのインスタンスはセル (項目の中にはセルをいくつか描画でき、セルが一個の場合は項目と同じ扱いになります) の中に一個の画像を描画する際に利用できます。このセル・レンダラを使うと :class:`Gtk.Pixbuf` (\"pixbuf\" プロパティに指定したもの) か、または :ref:`ストック・アイテム <stock-items>` (\"stock-id\" プロパティに指定したもの) のいずれかを描画できます。"
+
+#: ../source/cellrenderers.txt:111
+# a355150af070492998bc9f26f55e39c4
+msgid "CellRendererPixbuf Objects"
+msgstr "CellRendererPixbuf のオブジェクト"
+
+#: ../source/cellrenderers.txt:115
+# ff385fb4ee264e8f88170eafaee2d956
+msgid "Creates a new :class:`Gtk.CellRendererPixbuf`. Adjust rendering parameters using object properties. For example, you can bind the \"pixbuf\" or \"stock-id\" property on the cell renderer to a pixbuf value in the model, thus rendering a different image in each row of the :class:`Gtk.TreeView`."
+msgstr "新しい :class:`Gtk.CellRendererPixbuf` クラスのインスタンスを生成します。このオブジェクトのプロパティを使って、描画パラメータを調整します。例えば、セル・レンダラの \"pixbuf\" または \"stock-id\" プロパティをモデルの中にある :class:`Gtk.Pixbuf` 型の画像データに関連づけることで、 :class:`Gtk.TreeView` の各項目にいろいろな種類の画像を表示できます。"
+
+#: ../source/cellrenderers.txt:129
+# abad9386a9a84968980d41055e041a6e
+msgid "CellRendererCombo"
+msgstr "CellRendererCombo"
+
+#: ../source/cellrenderers.txt:131
+# c57170fdfe954f6d9bc66e5059748bdb
+msgid ":class:`Gtk.CellRendererCombo` renders text in a cell like :class:`Gtk.CellRendererText` from which it is derived. But while the latter offers a simple entry to edit the text, :class:`Gtk.CellRendererCombo` offers a :class:`Gtk.ComboBox` widget to edit the text. The values to display in the combo box are taken from the :class:`Gtk.TreeModel` specified in the \"model\" property."
+msgstr ":class:`Gtk.CellRendererCombo` クラスは、(このクラスから継承した) :class:`Gtk.CellRendererText` のようなセルの中に文字列を描画します。但し、後者のクラスが文字列を編集するための簡単なエントリを提供するのに対し、 :class:`Gtk.CellRendererCombo` クラスは :class:`Gtk.ComboBox` (コンボ・ボックス) を使って文字列を編集します。コンボ・ボックスの中に入力候補として表示する一連の値は、\"model\" プロパティの中で指定した :class:`Gtk.TreeModel` から取得します。"
+
+#: ../source/cellrenderers.txt:137
+# 3866d1e47bea411483fafbe0cbe61e1e
+msgid "The combo cell renderer takes care of adding a text cell renderer to the combo box and sets it to display the column specified by its \"text-column\" property."
+msgstr "コンボのセル・レンダラは文字列を描画するセル・レンダラをコンボ・ボックスに追加する処理の面倒をみます。そして、追加した文字列を \"text-column\" プロパティで指定したカラムに表示します。"
+
+#: ../source/cellrenderers.txt:140
+# d8dffa800c3c488ebb8ff5f490fe05c5
+msgid "A :class:`Gtk.CellRendererCombo` can operate in two modes. It can be used with and without an associated :class:`Gtk.Entry` widget, depending on the value of the \"has-entry\" property."
+msgstr ":class:`Gtk.CellRendererCombo` は二つのモードで操作できます。それは :class:`Gtk.Entry` ウィジェットとの連携の有無です (このモードの切り替えは \"has-entry\" プロパティで指定します)。"
+
+#: ../source/cellrenderers.txt:145
+# a7c35851b9784a44b0e269d5da182514
+msgid "CellRendererCombo Objects"
+msgstr "CellRendererCombo のオブジェクト"
+
+#: ../source/cellrenderers.txt:149
+# 030282c8778a4ad3a54f1ffea35628df
+msgid "Creates a new :class:`Gtk.CellRendererCombo`. Adjust how text is drawn using object properties. For example, you can bind the \"text\" property on the cell renderer to a string value in the model, thus rendering a different string in each row of the :class:`Gtk.TreeView`."
+msgstr "新しい :class:`Gtk.CellRendererCombo` クラスのインスタンスを生成します。このオブジェクトのプロパティを使って文字列の描画方法を調整します。例えば、セル・レンダラの \"text\" プロパティをモデルの中に格納した任意の文字列と関連づけることで :class:`Gtk.TreeView` の各行にいろいろ異なる文字列を描画することができるようになります。"
+
+#: ../source/cellrenderers.txt:163
+# 7b6bc79d4bca4fdb93b8a06b26880116
+msgid "CellRendererProgress"
+msgstr "CellRendererProgress"
+
+#: ../source/cellrenderers.txt:165
+# 4eca225849a64fb884752b09043ef909
+msgid ":class:`Gtk.CellRendererProgress` renders a numeric value as a progress bar in a cell. Additionally, it can display a text on top of the progress bar."
+msgstr ":class:`Gtk.CellRendererProgress` クラスはセル (項目の中にはセルをいくつか描画でき、セルが一個の場合は項目と同じ扱いになります) の中にプログレスバーを描画します。また、そのプログレスバーの上に文字列を表示することもできます。"
+
+#: ../source/cellrenderers.txt:168
+# bb6bac3e62de4980ad120e1d01ced270
+msgid "The percentage value of the progress bar can be modified by changing the \"value\" property. Similar to :class:`Gtk.ProgressBar`, you can enable the *activity mode* by incrementing the \"pulse\" property instead of the \"value\" property."
+msgstr "プログレスバーが持つ百分率の値はその \"value\" プロパティ経由で変更できます。 :class:`Gtk.ProgressBar` と同様に、\"value\" プロパティではなく \"pulse\" プロパティの値を増分することで ``アクティビティ・モード`` を利用することもできます。"
+
+#: ../source/cellrenderers.txt:173
+# fb040bda97a94a4985c0ec83c712c81a
+msgid "CellRendererProgress Objects"
+msgstr "CellRendererProgress のオブジェクト"
+
+#: ../source/cellrenderers.txt:177
+# 5f056a8e3b884805b1e21e1b367105ec
+msgid "Creates a new :class:`Gtk.CellRendererProgress`."
+msgstr "新しい :class:`Gtk.CellRendererProgress` クラスのインスタンスを生成します。"
+
+#: ../source/cellrenderers.txt:188
+# 941c656ab65c40f5a008850c1b57befe
+msgid "CellRendererSpin"
+msgstr "CellRendererSpin"
+
+#: ../source/cellrenderers.txt:190
+# ba51e7627665419ab7ca0e4664f163d5
+msgid ":class:`Gtk.CellRendererSpin` renders text in a cell like :class:`Gtk.CellRendererText` from which it is derived. But while the latter offers a simple entry to edit the text, :class:`Gtk.CellRendererSpin` offers a :class:`Gtk.SpinButton` widget. Of course, that means that the text has to be parseable as a floating point number."
+msgstr ":class:`Gtk.CellRendererSpin` はそのクラスの派生元の :class:`Gtk.CellRendererText` クラスのようなセル (項目の中にはセルをいくつか描画でき、セルが一個の場合は項目と同じ扱いになります) の中に文字列を描画します。但し、後者の暮らすが文字列を編集するために簡単なエントリを提供しているのに対し、 :class:`Gtk.CellRendererSpin` クラスは :class:`Gtk.SpinButton` クラスのウィジェットを提供します。もちろん、それは浮動小数点型の実数として文字列を解析できることを意味しています。"
+
+#: ../source/cellrenderers.txt:196
+# d926297980d540c9955fc42c420104d9
+msgid "The range of the spinbutton is taken from the adjustment property of the cell renderer, which can be set explicitly or mapped to a column in the tree model, like all properties of cell renders. :class:`Gtk.CellRendererSpin` also has properties for the climb rate and the number of digits to display."
+msgstr "スピンボタンで指定可能な範囲はセル・レンダラの \"adjustment\" プロパティから受け取ります。これはセル・レンダラの他のプロパティ同様に、明示的に指定するか、もしくはツリーモデルの中の任意の項目に直接マップして指定できます。さらに :class:`Gtk.CellRendererSpin` クラスには climb レート (矢印をクリックした時にスピン・ボタンが変化する量) や表示する桁数のプロパティがたくさんあります。"
+
+#: ../source/cellrenderers.txt:202
+# 5dcbf3e4a5c14843aefafdec02421931
+msgid "CellRendererSpin Objects"
+msgstr "CellRendererSpin のオブジェクト"
+
+#: ../source/cellrenderers.txt:206
+# b0d739a925234c0cab77ff8f9d2db594
+msgid "Creates a new :class:`Gtk.CellRendererSpin`."
+msgstr "新しい :class:`Gtk.CellRendererSpin` クラスのインスタンスを生成します。"
+
View
107 translations/ja/clipboard.po
@@ -0,0 +1,107 @@
+# Japanese translation for clipboard.txt in PyGObject-Tutorial.
+# Copyright (C) GNU Free Documentation License 1.3
+# This file is distributed under the same license as the Python GTK+ 3 Tutorial package.
+# Takeshi AIHANA <takeshi.aihana@gmail.com>, 2012.
+#
+msgid ""
+msgstr ""
+"Project-Id-Version: Python GTK+ 3 Tutorial 3.4\n"
+"Report-Msgid-Bugs-To: \n"
+"POT-Creation-Date: 2012-11-08 08:12\n"
+"PO-Revision-Date: 2012-12-08 23:49+0900\n"
+"Last-Translator: Takeshi AIHANA <takeshi.aihana@gmail.com>\n"
+"Language-Team: Japanese <takeshi.aihana@gmail.com>\n"
+"MIME-Version: 1.0\n"
+"Content-Type: text/plain; charset=UTF-8\n"
+"Content-Transfer-Encoding: 8bit\n"
+
+#: ../source/clipboard.txt:2
+# 6b6308bcf5f74461a98c457a673b8d89
+msgid "Clipboard"
+msgstr "クリップボード"
+
+#: ../source/clipboard.txt:4
+# 9a2a6db6956145a9862797af0dfd1550
+msgid ":class:`Gtk.Clipboard` provides a storage area for a variety of data, including text and images. Using a clipboard allows this data to be shared between applications through actions such as copying, cutting, and pasting. These actions are usually done in three ways: using keyboard shortcuts, using a :class:`Gtk.MenuItem`, and connecting the functions to :class:`Gtk.Button` widgets."
+msgstr ":class:`Gtk.Clipboard` は文字列と画像を含むいろいろなデータを格納しておく場所を提供してくれます。クリップボードを利用すると、アプリケーションからコピーとか切り取りとか貼り付けといった ``アクション`` を介してデータを共有することができます。これらのアクションの実行方法には、キーボード・ショートカットを使う, :class:`Gtk.MenuItem` から実行する、関数を :class:`Gtk.Button` クラスのウィジェットに接続するの三つあります。"
+
+#: ../source/clipboard.txt:11
+# d6f914dda98a489c825a72cc472c4612
+msgid "There are multiple clipboard selections for different purposes. In most circumstances, the selection named ``CLIPBOARD`` is used for everyday copying and pasting. ``PRIMARY`` is another common selection which stores text selected by the user with the cursor."
+msgstr "様々な用途に応じて利用できる複数のクリップボード・セレクションがあります。ほとんどの場合, ``CLIPBOARD`` というセレクションを利用してデータのコピーと貼り付けを実現できます。さらに ``PRIMARY`` というもう一つのセレクションはユーザがカーソルを使って選択した文字列を格納します。"
+
+#: ../source/clipboard.txt:17
+# 35304fd1f6ff4e3d8ef727c9fd97f0bd
+msgid "Clipboard Objects"
+msgstr "クリップボードのオブジェクト"
+
+#: ../source/clipboard.txt:22
+# 0c6ecac9889143abb7e3ba8d446d1c2d
+msgid "Obtains the :class:`Gtk.Clipboard` for the given selection."
+msgstr "指定したセレクションの :class:`Gtk.Clipboard` を取得します。"
+
+#: ../source/clipboard.txt:24
+# 688f50a6bb8141d482ef67fe2cac4264
+msgid "*selection* is a :class:`Gdk.Atom` describing which clipboard to use. Predefined values include:"
+msgstr "*selection* には使用するクリップボードを定義した :class:`Gdk.Atom` というオブジェクトを指定します。事前に定義されているオブジェクトは次のとおりです:"
+
+#: ../source/clipboard.txt:27
+# 8289809912dd453fa735a91730cae97f
+msgid "``Gdk.SELECTION_CLIPBOARD``"
+msgstr "``Gdk.SELECTION_CLIPBOARD``"
+
+#: ../source/clipboard.txt:28
+# de919ef660654b4d9ee7ccfdf3a9b8f2
+msgid "``Gdk.SELECTION_PRIMARY``"
+msgstr "``Gdk.SELECTION_PRIMARY``"
+
+#: ../source/clipboard.txt:32
+# 06ccb235fd2f46c7b6527c5af1ca4621
+msgid "Sets the contents of the clipboard to the given text."
+msgstr "指定した文字列をクリップボードのデータにします。"
+
+#: ../source/clipboard.txt:34
+# 776ff712e8d04253b3b5a6fca3cc69a8
+msgid "*text* is the string to put in the clipboard."
+msgstr "*text* にはクリップボードの中に格納する文字列を指定します。"
+
+#: ../source/clipboard.txt:36
+# e7f45ed7da164c2d9391a2d08fd293bf
+msgid "*length* is the number of characters to store. It may be omitted to store the entire string."
+msgstr "*length* にはクリップボードに格納する文字数を指定します。文字列の全てを格納する場合は省略できます。"
+
+#: ../source/clipboard.txt:41
+# 85a1e894dcd24ee1b0ee10e0bc35b422
+msgid "Sets the contents of the clipboard to the given image."
+msgstr "指定した画像をクリップボードのデータにします。"
+
+#: ../source/clipboard.txt:43
+# e59d519f47c24c918ba463bafa161709
+msgid "*image* must be a :class:`Gdk.Pixbuf`. To retrieve one from a :class:`Gdk.Image`, use ``image.get_pixbuf()``."
+msgstr "*image* には :class:`Gdk.Pixbuf` 型の画像を指定して下さい。 :class:`Gdk.Image` 型から取得する場合は ``image.get_pixbuf()`` メソッドを使って下さい。"
+
+#: ../source/clipboard.txt:48
+# 0a72a291b06742f886c1897272e3cfd2
+msgid "Returns the clipboard's content as a string, or returns ``None`` if the clipboard is empty or not currently holding text."
+msgstr "クリップボードのデータを文字列として返すか、あるいはクリップボードが空または文字列が格納されていない場合は ``None`` を返します。"
+
+#: ../source/clipboard.txt:53
+# 8c7a944afec542fc81c0b7e459dfd339
+msgid "Returns the clipboard's content as a :class:`Gtk.Pixbuf`, or returns ``None`` if the clipboard is empty or not currently holding an image."
+msgstr "クリップボードのデータを :class:`Gtk.Pixbuf` 型の画像として返すか、あるいはクリップボードが空または画像が格納されていない場合は ``None`` を返します。"
+
+#: ../source/clipboard.txt:59
+# 9676a5d39adb4b289f5345eb3731f8d8
+msgid "Stores the clipboard's data outside the application. Otherwise, data copied to the clipboard may be lost when the application exits."
+msgstr "クリップボードのデータをアプリケーション外に格納します。格納しない場合、アプリケーションが終了した時にクリップボードへコピーしたデータが破棄されます。"
+
+#: ../source/clipboard.txt:64
+# b609e0f3e9724f768826d144502d3944
+msgid "Clears the contents of the clipboard. Use with caution; this may clear data from another application."
+msgstr "クリップボードのデータをクリアします。他のアプリケーションが格納したデータもクリアする可能性があるので、注意して利用して下さい。"
+
+#: ../source/clipboard.txt:68
+# e227396d5ed142bf8cbcad034820778a
+msgid "Example"
+msgstr "例"
+
View
117 translations/ja/combobox.po
@@ -0,0 +1,117 @@
+# Japanese translation for combobox.txt in PyGObject-Tutorial.
+# Copyright (C) GNU Free Documentation License 1.3
+# This file is distributed under the same license as the Python GTK+ 3 Tutorial package.
+# Takeshi AIHANA <takeshi.aihana@gmail.com>, 2012.
+#
+msgid ""
+msgstr ""
+"Project-Id-Version: Python GTK+ 3 Tutorial 3.0\n"
+"Report-Msgid-Bugs-To: \n"
+"POT-Creation-Date: 2012-09-24 13:17\n"
+"PO-Revision-Date: 2012-10-17 08:44+0900\n"
+"Last-Translator: Takeshi AIHANA <takeshi.aihana@gmail.com>\n"
+"Language-Team: Language-Team: Japanese <takeshi.aihana@gmail.com>\n"
+"MIME-Version: 1.0\n"
+"Content-Type: text/plain; charset=UTF-8\n"
+"Content-Transfer-Encoding: 8bit\n"
+
+#: ../source/combobox.txt:2
+# d79ee1b077414bf384a191eccb16f133
+msgid "ComboBox"
+msgstr "コンボ・ボックス"
+
+#: ../source/combobox.txt:3
+# cfac9411004648d18ad14021f07ef55d
+msgid "A :class:`Gtk.ComboBox` allows for the selection of an item from a dropdown menu. They are preferable to having many radio buttons on screen as they take up less room. If appropriate, it can show extra information about each item, such as text, a picture, a checkbox, or a progress bar."
+msgstr ":class:`Gtk.ComboBox` を使うとドロップダウン式のメニューからアイテムを選択できます。このクラスでは画面にたくさんのラジオボタンを持つようなケースでの対応を想定しています (コンボ・ボックスなら場所をとらなくて済むため)。さらに必要であれば、各アイテムに追加の情報 (文字列や画像、チェックボックス、あるいはプログレスバーなど) を表示させることも可能です。"
+
+#: ../source/combobox.txt:8
+# 709a18bb54f14f56bb1bcd533691b9ed
+msgid ":class:`Gtk.ComboBox` is very similar to :class:`Gtk.TreeView`, as both use the model-view pattern; the list of valid choices is specified in the form of a tree model, and the display of the choices can be adapted to the data in the model by using :ref:`cell renderers <cellrenderers>`. If the combo box contains a large number of items, it may be better to display them in a grid rather than a list. This can be done by calling :meth:`Gtk.ComboBox.set_wrap_width`."
+msgstr ":class:`Gtk.ComboBox` は :class:`Gtk.TreeView` クラスにとてもよく似ています。これらのクラスは共に ``モデルとビュー`` の設計思想を採用しているからです。すなわち、実際に選択が可能なアイテムのリストをツリー・モデルの形で指定し、選択が可能なアイテムは :ref:`セル・レンダラ <cellrenderers>` を使ってモデルの中にあるデータの種類に応じて描画するというものです。コンボ・ボックスにたくさんのアイテムが含まれている場合は、リスト状に並べるよりは格子状に並べて表示する方がよいかもしれません。これは :meth:`Gtk.ComboBox.set_wrap_width` メソッドで指定できます。"
+
+#: ../source/combobox.txt:16
+# 16d8ce848973460089dc88bf4689c7bf
+msgid "The :class:`Gtk.ComboBox` widget usually restricts the user to the available choices, but it can optionally have an :class:`Gtk.Entry`, allowing the user to enter arbitrary text if none of the available choices are suitable. To do this, use one of the static methods :meth:`Gtk.ComboBox.new_with_entry` or :meth:`Gtk.ComboBox.new_with_model_and_entry` to create an :class:`Gtk.ComboBox` instance."
+msgstr "通常 :class:`Gtk.ComboBox` クラスのウィジェットはユーザに対して選択できるアイテムを制限することになりますが、オプションで :class:`Gtk.Entry` を持たせることで、選択肢にないものを任意の文字列として入力できるようになります。これはスタティック・メソッドである :meth:`Gtk.ComboBox.new_with_entry` かまたは :meth:`Gtk.ComboBox.new_with_model_and_entry` といったいずれかのメソッドを使って :class:`Gtk.ComboBox` クラスのインスタンスを生成します。"
+
+#: ../source/combobox.txt:23
+# 38c2bf3b9d3d49df9ef9080856abeecc
+msgid "For a simple list of textual choices, the model-view API of :class:`Gtk.ComboBox` can be a bit overwhelming. In this case, :class:`Gtk.ComboBoxText` offers a simple alternative. Both :class:`Gtk.ComboBox` and :class:`Gtk.ComboBoxText` can contain an entry."
+msgstr "選択肢が文字列からなる簡単なリストの場合だと :class:`Gtk.ComboBox` クラスのモデル・ビュー API は少々大げさに思える場合があります。そのような場合に向けて :class:`Gtk.ComboBoxText` クラスという簡易版が用意されています。 :class:`Gtk.ComboBox` と :class:`Gtk.ComboBoxText` クラスは共に一個のエントリを含めることが可能です。"
+
+#: ../source/combobox.txt:29
+# a4dee5fb33ed49f79bd984d8c7840189
+msgid "ComboBox objects"
+msgstr "コンボ・ボックスのオブジェクト"
+
+#: ../source/combobox.txt:35
+# 40044de710dc437bbae556d939270639
+msgid "Creates a new empty :class:`Gtk.ComboBox` with an entry."
+msgstr "エントリを一つ持つ新しい空の :class:`Gtk.ComboBox` を生成します。"
+
+#: ../source/combobox.txt:39
+# 8511745ad2a245728a012f1961703659
+msgid "Creates a new :class:`Gtk.ComboBox` with the model initialized to *model*."
+msgstr "*model* で初期化されたモデルを持つ新しい :class:`Gtk.ComboBox` を生成します。"
+
+#: ../source/combobox.txt:43
+# 10b552e08e5a4f04bbaf52e59c72f858
+msgid "Creates a new :class:`Gtk.ComboBox` with an entry and the model initialized to *model*."
+msgstr "*model* で初期化されたモデルと一つのエントリを持つ新しい :class:`Gtk.ComboBox` を生成します。"
+
+#: ../source/combobox.txt:48
+# 17e255b6898f4d0aba7b7e43669bfa55
+msgid "Returns a :class:`Gtk.TreeIter` pointing to the current active item. If no active item exists, ``None`` is returned."
+msgstr "現在、選択しているアイテムの :class:`Gtk.TreeIter` を返します。もしそのようなアイテムが無ければ ``None`` を返します。"
+
+#: ../source/combobox.txt:53
+# 191732e9b9ad466d9f3ede70c889a93c
+msgid "Sets the model used by this combo box to be *model*. Will unset a previously set model (if applicable). If model is ``None``, then it will unset the model. Note that this function does not clear the cell renderers."
+msgstr "*model* をこのコンボ・ボックスが使用するモデルにセットします。セットする前に既にモデルが存在していた場合は、先にその古いモデルを解除します。 *model* を ``None`` にすると、セットされているモデルを解除します。このメソッドはセル・レンダラをクリアすることはありません。"
+
+#: ../source/combobox.txt:59
+# 8b465db7097b4a7caf4b3bc49fd4f90e
+msgid "Returns the :class:`Gtk.TreeModel` which is acting as data source for this combo box."
+msgstr "このコンボ・ボックスのデータ・ソースとして機能している :class:`Gtk.TreeModel` を返します。"
+
+#: ../source/combobox.txt:64
+# b27c94202ac94cebaa90f704baf0a492
+msgid "Sets the model column which this combo box should use to get strings from to be *text_column*. The column *text_column* in the model of this combo box must be of type ``str``."
+msgstr "*text_column* を、文字列を持つ項目 (``カラム``) に指定します。但し、モデルの中にある *text_column* という項目は ``str`` 型でなければなりません。"
+
+#: ../source/combobox.txt:68
+# a86e0691c3254449ad08cb6e694853ea
+msgid "This is only relevant if this combo box has been created with the \"has-entry\" property set to ``True``."
+msgstr "これは、\"has-entry\" というプロパティが ``True`` としてコンボ・ボックスが生成されている場合にのみ有効です。"
+
+#: ../source/combobox.txt:73
+# 162f1698e99f4211a7d43ddfb922b6d2
+msgid "Sets the wrap width of this combo box to be *width*. The wrap width is basically the preferred number of columns when you want the popup to be layed out in a grid."
+msgstr "コンボ・ボックスのラップ幅を *width* にします。基本的にラップ幅は、ポップアップを配置したい位置を表す格子上の列番号に相当します。"
+
+#: ../source/combobox.txt:78
+# 7078b7ae8c4f41a389bb78f261a30183
+msgid "ComboBoxText objects"
+msgstr "ComboBoxText のオブジェクト"
+
+#: ../source/combobox.txt:84
+# 5f75181b19e341b5930313e581a9f7f8
+msgid "Creates a new empty :class:`Gtk.ComboBoxText` with an entry."
+msgstr "エントリを一つ持つ新しい空の :class:`Gtk.ComboBoxText` を生成します。"
+
+#: ../source/combobox.txt:88
+# 5ae8975765cd46c79e0b9d7aeeb637e3
+msgid "Appends *text* to the list of strings stored in this combo box."
+msgstr "このコンボ・ボックスの中に格納されている文字列のリストに *text* を追加します。"
+
+#: ../source/combobox.txt:92
+# e980d2ec0035448991c19760b3149438
+msgid "Returns the currently active string in this combo box, or ``None`` if none is selected. If this combo box contains an entry, this function will return its contents (which will not necessarily be an item from the list)."
+msgstr "このコンボ・ボックスの中で現在、選択されている文字列を返します。あるいは、何も選択されていない場合は ``None`` を返します。また、このコンボ・ボックスがエントリ付きで生成されている場合、そのエントリの中にある文字列を返します (この文字列はコンボ・ボックスが持つ文字列のリストの要素である必要はありません)。"
+
+#: ../source/combobox.txt:97
+# 35c829cf41d24d488937dea706eb3be8
+msgid "Example"
+msgstr "例"
+
View
481 translations/ja/dialogs.po
@@ -0,0 +1,481 @@
+# Japanese translation for dialogs.txt in PyGObject-Tutorial.
+# Copyright (C) GNU Free Documentation License 1.3
+# This file is distributed under the same license as the Python GTK+ 3 Tutorial package.
+# Takeshi AIHANA <takeshi.aihana@gmail.com>, 2012.
+#
+msgid ""
+msgstr ""
+"Project-Id-Version: Python GTK+ 3 Tutorial 3.4\n"
+"Report-Msgid-Bugs-To: \n"
+"POT-Creation-Date: 2012-11-08 08:12\n"
+"PO-Revision-Date: 2012-12-03 23:23+0900\n"
+"Last-Translator: Takeshi AIHANA <takeshi.aihana@gmail.com>\n"
+"Language-Team: Japanese <takeshi.aihana@gmail.com>\n"
+"MIME-Version: 1.0\n"
+"Content-Type: text/plain; charset=UTF-8\n"
+"Content-Transfer-Encoding: 8bit\n"
+
+#: ../source/dialogs.txt:2
+# 122d55390bd34955a862970999fd002f
+msgid "Dialogs"
+msgstr "ダイアログ"
+
+#: ../source/dialogs.txt:4
+# cd189b96a4124c259840b19ef014058b
+msgid "Dialog windows are very similar to standard windows, and are used to provide or retrieve information from the user. They are often used to provide a preferences window, for example. The major difference a dialog has is some prepacked widgets which layout the dialog automatically. From there, we can simply add labels, buttons, check buttons, etc. Another big difference is the handling of responses to control how the application should behave after the dialog has been interacted with."
+msgstr "ダイアログ・ウィンドウは標準的なウィンドウにとてもよく似ており、ユーザに情報を提供したり、ユーザから情報を得ることに使用されます。例えば、設定ダイアログとしてよく利用されます。両ウィンドウの主な違いは、ダイアログはそれを構成するいろいろなウィジェットが事前にパッキングされて自動的に配置される点です。さらに、そのような状態からいろいろなラベルやボタン等を追加することもできます。その他の違いとして、ダイアログに対応した後に、アプリケーションをどのように扱うかを制御するための応答を処理することがあります。"
+
+#: ../source/dialogs.txt:12
+# 96dd01fe750440139d73cbc1d90c3117
+msgid "There are several derived Dialog classes which you might find useful. :class:`Gtk.MessageDialog` is used for most simple notifications. But at other times you might need to derive your own dialog class to provide more complex functionality."
+msgstr "ダイアログにはたくさんの便利な派生クラスがあります。 :class:`Gtk.MessageDialog` は簡単な通知を行う際によく使用します。それ以外には独自にダイアログを派生させて、さらに複雑な機能を提供する必要が出てくるかもしれません。"
+
+#: ../source/dialogs.txt:18
+# 9166d297a354496f9d06beea4386e19e
+msgid "Custom Dialogs"
+msgstr "独自のダイアログ"
+
+#: ../source/dialogs.txt:20
+# b73ace49790943559f06c18f7b6d8592
+msgid "To pack widgets into a custom dialog, you should pack them into the :class:`Gtk.Box`, available via :meth:`Gtk.Dialog.get_content_area`. To just add a :class:`Gtk.Button` to the bottom of the dialog, you could use the :meth:`Gtk.Dialog.add_button` method."
+msgstr "いろいろなウィジェットを独自のダイアログにパッキングするには、ウィジェットを :class:`Gtk.Box` の中にパッキングしてから :meth:`Gtk.Dialog.get_content_area` メソッドを使ってそのウィジェットを利用します。単に :class:`Gtk.Button` をダイアログのボタンとして追加したいのであれば :meth:`Gtk.Dialog.add_button` メソッドを使うことになります。"
+
+#: ../source/dialogs.txt:25
+# 989235514ba54434a855ace6e892414b
+msgid "A 'modal' dialog (that is, one which freezes the rest of the application from user input), can be created by calling :class:`Gtk.Dialog.set_modal` on the dialog or set the ``flags`` argument of the :class:`Gtk.Dialog` constructor to include the :attr:`Gtk.DialogFlags.MODAL` flag."
+msgstr "「モーダル」なダイアログ (ユーザからの入力中はアプリケーションへの操作が凍結されるモードのダイアログ) は、 :meth:`Gtk.Dialog.set_modal` を呼び出すか、または :class:`Gtk.Dialog` のコンストラクタを呼び出す際に ``flags`` という引数に :attr:`Gtk.DialogFlags.MODAL` というフラグを含めることで生成できます。"
+
+#: ../source/dialogs.txt:30
+# 436e079906234e2896a3790e1d4d2bea
+msgid "Clicking a button will emit a signal called \"response\". If you want to block waiting for a dialog to return before returning control flow to your code, you can call :meth:`Gtk.Dialog.run`. This method returns an int which may be a value from the :class:`Gtk.ResponseType` or it could be the custom response value that you specified in the :class:`Gtk.Dialog` constructor or :meth:`Gtk.Dialog.add_button`."
+msgstr "ボタンをクリックすると \"response\" というシグナルが発行されます。もし制御をプログラム側に戻す前にダイアログで待ちが発生しないようにしたいのであれば :meth:`Gtk.Dialog.run` メソッドを呼び出して下さい。このメソッドは、 :class:`Gtk.ResponseType` が表す int 型の値、または :class:`Gtk.Dialog` のコンストラクタや :meth:`Gtk.Dialog.add_button` で指定した独自の応答値を返すようにします。"
+
+#: ../source/dialogs.txt:36
+# fa61bc92b963469ba9ce2329ab45545b
+msgid "Finally, there are two ways to remove a dialog. The :meth:`Gtk.Widget.hide` method removes the dialog from view, however keeps it stored in memory. This is useful to prevent having to construct the dialog again if it needs to be accessed at a later time. Alternatively, the :meth:`Gtk.Widget.destroy` method can be used to delete the dialog from memory once it is no longer needed. It should be noted that if the dialog needs to be accessed after it has been destroyed, it will need to be constructed again otherwise the dialog window will be empty."
+msgstr "最後に、ダイアログを削除する方法が二つあります。まず :meth:`Gtk.Widget.hide` メソッドはダイアログをビューから削除しますが、メモリ上にはまだリソースが残ったままです。これは、後でダイアログにアクセスする必要がある時に便利です (再びダイアログを生成する必要はありません)。もう一つは :meth:`Gtk.Widget.destroy` メソッドで、これはもう必要のないダイアログをメモリ上から削除する時に使用します。ダイアログを破棄した後に再びアクセスする必要がある場合はダイアログをもう一度生成する必要があるので注意して下さい (さもなくば、空のダイアログになってしまいます)。"
+
+#: ../source/dialogs.txt:46
+# b3466f53a20848188da54550526dee91
+msgid "Dialog Objects"
+msgstr "ダイアログのオブジェクト"
+
+#: ../source/dialogs.txt:50
+# ea7cc4bcbe184801ace5726d077c8610
+msgid "Creates a new :class:`Gtk.Dialog` with title *title* and transient parent *parent*. The *flags* argument can be used to make the dialog model (:attr:`Gtk.DialogFlags.MODAL`) and/or to have it destroyed along with its transient parent (:attr:`Gtk.DialogFlags.DESTROY_WITH_PARENT`)."
+msgstr "*title* というタイトルを付きで *parent* を一時的な親とする新しい :class:`Gtk.Dialog` を生成します。引数の *flags* を使ってダイアログのモード (:attr:`Gtk.DialogFlags.MODAL`) を指定したり、一時的な親と共にダイアログを破棄するモード (:attr:`Gtk.DialogFlags.DESTROY_WITH_PARENT`) を指定できます。"
+
+#: ../source/dialogs.txt:55
+# c94fd289298849698ae12ab990fed405
+msgid "*buttons* is a tuple of buttons which can be set to provide a range of different buttons and responses. See the :meth:`add_button` method for details."
+msgstr "*buttons* はボタンに関する情報を要素とするタプルで、その情報はボタンの種類とその応答 ID とをペアで指定します。詳細は :meth:`Gtk.Dialog.add_button` メソッドを参照して下さい。"
+
+#: ../source/dialogs.txt:59
+#: ../source/dialogs.txt:163
+# f399bfcf0dd34d75a9eb786807e0395d
+# 201a7d216cfd4ebc994351baf7f0c07b
+msgid "All arguments are optional and can be referred to as key-word arguments as well."
+msgstr "全ての引数はオプション扱いで、キーワードの引数も同様に扱われます。"
+
+#: ../source/dialogs.txt:64
+# 9b4ba84f5b1545159f82bf2a965cdad6
+msgid "Return the content area of of this dialog."
+msgstr "このダイアログが持つコンテンツ領域 (ボタンやボックスなどを含む領域) を返します。"
+
+#: ../source/dialogs.txt:68
+# 2cba0855d00441868982e8c47d2efc2d
+msgid "Adds a button with the given text (or a stock button, if *button_text* is a :ref:`stock item <stock-items>`) and sets things up so that clicking the button will emit the \"response\" signal with the given *response_id*. The button is appended to the end of the dialog's action area."
+msgstr "指定した文字列 (または *button_text* が :ref:`ストック・アイテム <stock-items>` ならばアイコン) を持つボタンを追加設定するので、ボタンをクリックすると指定した応答 ID の *response_id* を持つ \"response\" シグナルを発行できます。新しいボタンはダイアログのアクション領域 (ボタンを配置する領域) の一番最後に追加されます。"
+
+#: ../source/dialogs.txt:73
+# 3826768e48884717a4aa2fd85e221771
+msgid "*response_id* can be any positive integer or one of the predefined :class:`Gtk.ResponseType` values:"
+msgstr "応答 ID の *response_id* には正の整数値、または事前に定義されている次の :class:`Gtk.ResponseType` 型の値を指定して下さい:"
+
+#: ../source/dialogs.txt:76
+# 58811e5b0e4f4d2d869e5cc8fec7e82c
+msgid ":attr:`Gtk.ResponseType.NONE`"
+msgstr ":attr:`Gtk.ResponseType.NONE`"
+
+#: ../source/dialogs.txt:77
+# 53d335f295774f1c96ec4e175b6a09f9
+msgid ":attr:`Gtk.ResponseType.REJECT`"
+msgstr ":attr:`Gtk.ResponseType.REJECT`"
+
+#: ../source/dialogs.txt:78
+#: ../source/dialogs.txt:209
+# a2d4b58ca53643d4ba28279fe83d5395
+# ca38c8c95e6e4d2baf3eaea270c60a14
+msgid ":attr:`Gtk.ResponseType.ACCEPT`"
+msgstr ":attr:`Gtk.ResponseType.ACCEPT`"
+
+#: ../source/dialogs.txt:79
+# f5915e7f40204cfb93a6e7cf901d7fcc
+msgid ":attr:`Gtk.ResponseType.DELETE_EVENT`"
+msgstr ":attr:`Gtk.ResponseType.DELETE_EVENT`"
+
+#: ../source/dialogs.txt:80
+#: ../source/dialogs.txt:210
+# cda53cf4b9fd4ea09f6197e76c4002af
+# 7a903727b7d74ba1a7e9e6d104ecb904
+msgid ":attr:`Gtk.ResponseType.OK`"
+msgstr ":attr:`Gtk.ResponseType.OK`"
+
+#: ../source/dialogs.txt:81
+# 6feea1196a3147d099cd315ed3ab140d
+msgid ":attr:`Gtk.ResponseType.CANCEL`"
+msgstr ":attr:`Gtk.ResponseType.CANCEL`"
+
+#: ../source/dialogs.txt:82
+# 075aec1df44c4db3a6231b950ffb4584
+msgid ":attr:`Gtk.ResponseType.CLOSE`"
+msgstr ":attr:`Gtk.ResponseType.CLOSE`"
+
+#: ../source/dialogs.txt:83
+#: ../source/dialogs.txt:211
+# 88cb4577681b4edc9509abbae3cb2c4e
+# 80e7c3c3a1c147e9ae1d45c375737674
+msgid ":attr:`Gtk.ResponseType.YES`"
+msgstr ":attr:`Gtk.ResponseType.YES`"
+
+#: ../source/dialogs.txt:84
+# cfb88210a1a0423486796ff1f3a88eca
+msgid ":attr:`Gtk.ResponseType.NO`"
+msgstr ":attr:`Gtk.ResponseType.NO`"
+
+#: ../source/dialogs.txt:85
+#: ../source/dialogs.txt:212
+# fd9c847b8c9c490a8a72b3d6de8623f2
+# cd44ba621b9f4902ba4163b19dfd6c95
+msgid ":attr:`Gtk.ResponseType.APPLY`"
+msgstr ":attr:`Gtk.ResponseType.APPLY`"
+
+#: ../source/dialogs.txt:86
+# 49641c8de2a44ab3a5ae130013932a48
+msgid ":attr:`Gtk.ResponseType.HELP`"
+msgstr ":attr:`Gtk.ResponseType.HELP`"
+
+#: ../source/dialogs.txt:88
+# 988d3b35149d4e3b8366db305671e8d7
+msgid "The button widget is returned, but usually you don't need it."
+msgstr "このメソッドはボタン・ウィジェットを返しますが、通常は使用することはありません。"
+
+#: ../source/dialogs.txt:92
+# da4e4a21c59b46f4ac4eae4f07bf9de0
+msgid "Adds several buttons to this dialog using the button data passed as arguments to the method. This method is the same as calling :meth:`add_button` repeatedly. The button data pairs - button text (or :ref:`stock item <stock-items>`) and a response ID integer are passed individually. For example::"
+msgstr "引数として渡されたデータを使って、このダイアログにボタンをいくつか追加します。このメソッドは、複数のボタンに対して :meth:`Gtk.Dialog.add_button` メソッドをそれぞれ呼び出すことと等価です。ボタンのデータはペアで指定して下さい ー ボタンのラベルを表す *button_text* (または :ref:`ストック・アイテム <stock-items>`) と応答 ID を表す整数値の *response_id* のペアをボタンの数だけそれぞれ渡して下さい。例えば::"
+
+#: ../source/dialogs.txt:102
+# 694d9479eabb41aca090445deec23095
+msgid "Sets a dialog modal or non-modal. Modal dialogs prevent interaction with other windows in the same application."
+msgstr "このダイアログをモーダルまたは非モーダルにします。モーダルなダイアログは同一アプリケーション内の他のウィンドウへアクセスできないようにします。"
+
+#: ../source/dialogs.txt:107
+# 5dde047e0d804af297646cdf62c9635e
+msgid "Blocks in a recursive main loop until the dialog either emits the \"response\" signal, or is destroyed. If the dialog is destroyed during the call to :meth:`run`, :meth:`run` returns :attr:`Gtk.ResponseType.NONE`. Otherwise, it returns the response ID from the \"response\" signal emission."
+msgstr "このダイアログが \"response\" シグナルを発行するか、または破棄されるまで再帰的にメイン・ループの中で他のイベントをブロックします。この :meth:`Gtk.Dialog.run` を呼び出している最中にダイアログが破棄されたら、このメソッドは :attr:`Gtk.ResponseType.NONE` を返します。それ以外は \"response\" シグナルが発行したら応答 ID を返します。"
+
+#: ../source/dialogs.txt:113
+#: ../source/dialogs.txt:175
+#: ../source/dialogs.txt:340
+# 4f11f2bc88424808954e0e741d5b1a6c
+# 8f557e29deb64b8fafc75f8297e2655e
+# 65e7e07d91364561a40ae896b5b6d1a7
+msgid "Example"
+msgstr "例"
+
+#: ../source/dialogs.txt:120
+# 6bf0ecb7fabd4ccc9116be321e8a8ce4
+msgid "MessageDialog"
+msgstr "MessageDialog"
+
+#: ../source/dialogs.txt:122
+# 909eaa0ada8b484aaebcde9eb000a308
+msgid ":class:`Gtk.MessageDialog` is a convenience class, used to create simple, standard message dialogs, with a message, an icon, and buttons for user response You can specify the type of message and the text in the :class:`Gtk.MessageDialog` constructor, as well as specifying standard buttons."
+msgstr ":class:`Gtk.MessageDialog` はオールインワンで便利なクラスで、メッセージやアイコンや応答 ID を返すボタンといった簡素な構成を持つ、標準的なメッセージ・ダイアログを生成する際に使用します。 :class:`Gtk.MessageDialog` のコンストラクタには標準的なボタンを指定する他に、メッセージの種類とその文字列を引き渡せます。"
+
+#: ../source/dialogs.txt:127
+# 8915e46d195a44fcacae6fd51f7eda47
+msgid "In some dialogs which require some further explanation of what has happened, a secondary text can be added. In this case, the primary message entered when creating the message dialog is made bigger and set to bold text. The secondary message can be set by calling :meth:`Gtk.MessageDialog.format_secondary_text`."
+msgstr "ダイアログの中で更に詳細な情報を提示する必要がある場合、二番目のメッセージを追加することができます。その際はメッセージ・ダイアログを生成する際に指定した一番目のメッセージが大きく太字で表示されます。二番目のメッセージは :meth:`Gtk.MessageDialog.format_secondary_text` メソッドを使って指定できます。"
+
+#: ../source/dialogs.txt:133
+# ae0a6eb9b0cb45868acef639bf451f15
+msgid "MessageDialog Objects"
+msgstr "MessageDialog のオブジェクト"
+
+#: ../source/dialogs.txt:137
+# 3a822dacfc0047aba6b9dca4e048f2aa
+msgid "Creates a new :class:`Gtk.MessageDialog` with transient parent *parent*. The *flags* argument can be used to make the dialog model (:attr:`Gtk.DialogFlags.MODAL`) and/or to have it destroyed along with its transient parent (:attr:`Gtk.DialogFlags.DESTROY_WITH_PARENT`)."
+msgstr "一時的な親として *parent* を持つ新しい :class:`Gtk.MessageDialog` を生成します。引数の *flags* を指定してダイアログのモード (:attr:`Gtk.DialogFlags.MODAL`) を指定したり、その一時的な親と共に破棄させる属性 (:attr:`Gtk.DialogFlags.DESTROY_WITH_PARENT`) を有効にできます。"
+
+#: ../source/dialogs.txt:142
+# 9498a5b4d79f4f26a19011de9fe2fdec
+msgid "*message_type* can be set to one of the following values:"
+msgstr "*message_type* には次のいずれかの値を指定できます:"
+
+#: ../source/dialogs.txt:144
+# f15ca6e1fb8c49a580154542bb390cc9
+msgid ":attr:`Gtk.MessageType.INFO`: Informational message"
+msgstr ":attr:`Gtk.MessageType.INFO`: 一般的な情報 (Informational) のメッセージ"
+
+#: ../source/dialogs.txt:145
+# 4f102e3f41074564a03821afde14a824
+msgid ":attr:`Gtk.MessageType.WARNING`: Non-fatal warning message"
+msgstr ":attr:`Gtk.MessageType.WARNING`: 致命的ではない警告 (Warning) のメッセージ"
+
+#: ../source/dialogs.txt:146
+# b40b84d76a114f519a68b4bbe73d4c49
+msgid ":attr:`Gtk.MessageType.QUESTION`: Question requiring a choice"
+msgstr ":attr:`Gtk.MessageType.QUESTION`: 選択が必要となる質問/問い合わせ (Question) のメッセージ"
+
+#: ../source/dialogs.txt:147
+# 9bfddbf1f16d45ae84a59b18219bea63
+msgid ":attr:`Gtk.MessageType.ERROR`: Fatal error message"
+msgstr ":attr:`Gtk.MessageType.ERROR`: 致命的なエラー (Error) のメッセージ"
+
+#: ../source/dialogs.txt:148
+# ce62bc00389148a08c50fd86a075a1c8
+msgid ":attr:`Gtk.MessageType.OTHER`: None of the above, doesn't get an icon"
+msgstr ":attr:`Gtk.MessageType.OTHER`: 上記以外 (アイコンなし)"
+
+#: ../source/dialogs.txt:150
+# 7127d46910de476b9a199740bbe90b3b
+msgid "It is also possible to set a variety of buttons on the message dialog, to retrieve different responses from the user. One of the following values can be used:"
+msgstr "更にメッセージ・ダイアログにはいろいろな種類のボタンを指定して、ユーザからいろいろな応答を受け取ることができます。引数の *buttons* には次のいずれかの値を指定できます:"
+
+#: ../source/dialogs.txt:154
+# ac77f173e141404ebb6d030d91e76db4
+msgid ":attr:`Gtk.ButtonsType.NONE`: no buttons at all"
+msgstr ":attr:`Gtk.ButtonsType.NONE`: ボタンなし"
+
+#: ../source/dialogs.txt:155
+# 02223a9c5b0444e4aecea68bdab77341
+msgid ":attr:`Gtk.ButtonsType.OK`: an OK button"
+msgstr ":attr:`Gtk.ButtonsType.OK`: [OK] ボタン"
+
+#: ../source/dialogs.txt:156
+# 0bdc930035fa41e0b4577372b4b0711d
+msgid ":attr:`Gtk.ButtonsType.CLOSE`: a Close button"
+msgstr ":attr:`Gtk.ButtonsType.CLOSE`: [閉じる] ボタン"
+
+#: ../source/dialogs.txt:157
+# 463ed75cfcd441d6bf58542d6ebebf62
+msgid ":attr:`Gtk.ButtonsType.CANCEL`: a Cancel button"
+msgstr ":attr:`Gtk.ButtonsType.CANCEL`: [キャンセル] ボタン"
+
+#: ../source/dialogs.txt:158
+# 538664b779114ab7b80d5d32286fd9a6
+msgid ":attr:`Gtk.ButtonsType.YES_NO`: Yes and No buttons"
+msgstr ":attr:`Gtk.ButtonsType.YES_NO`: [はい] と [いいえ] ボタン"
+
+#: ../source/dialogs.txt:159
+# 46e66c1d3ddd4c0cb11951de990f4639
+msgid ":attr:`Gtk.ButtonsType.OK_CANCEL`: OK and Cancel buttons"
+msgstr ":attr:`Gtk.ButtonsType.OK_CANCEL`: [OK] と [キャンセル] ボタン"
+
+#: ../source/dialogs.txt:161
+# 68140d8e3e5f48208061cf5f6869d757
+msgid "Finally, *message_format* is some text that the user may want to see."
+msgstr "引数の *message_format* にはユーザに通知したい文字列を指定します。"
+
+#: ../source/dialogs.txt:168
+# 4ac1c1cd643148749b14fc8afe65ec3a
+msgid "Sets the secondary text of the message dialog to be *message_format*."
+msgstr "*message_format* にメッセージ・ダイアログの二番目のメッセージを指定します。"
+
+#: ../source/dialogs.txt:170
+# f967b4b8acec4fecb25e430f4afff9c8
+msgid "Note that setting a secondary text makes the primary text (*message_format* argument of :class:`Gtk.MessageDialog` constructor) become bold, unless you have provided explicit markup."
+msgstr "二番目のメッセージを指定すると、一番目のメッセージ (:class:`Gtk.MessageDialog` のコンストラクタに引き渡した *message_format*) の書式を明示的に指定しない限り、自動的に太字になるので注意して下さい。"
+
+#: ../source/dialogs.txt:183
+# 521383e079c64b23b691aefc074f06ce
+msgid "FileChooserDialog"
+msgstr "FileChooserDialog"
+
+#: ../source/dialogs.txt:185
+# f70a9fc9092f40fcb65a57adda4cfcdd
+msgid "The :class:`Gtk.FileChooserDialog` is suitable for use with \"File/Open\" or \"File/Save\" menu items. You can use all of the :class:`Gtk.FileChooser` methods on the file chooser dialog as well as those for :class:`Gtk.Dialog`."
+msgstr ":class:`Gtk.FileChooserDialog` は \"ファイル/開く\"\"ファイル/保存\" といったメニュー項目と一緒に利用するのに適したダイアログです。ファイル選択ダイアログでは :class:`Gtk.FileChooser` が提供する全てのメソッドの他に :class:`Gtk.Dialog` のメソッドも利用できます。"
+
+#: ../source/dialogs.txt:189
+# ee929ba5b56345ea9ba07a1c293dcc43
+msgid "When creating a :class:`Gtk.FileChooserDialog` you have to define the dialog's purpose:"
+msgstr ":class:`Gtk.FileChooserDialog` を生成する際にダイアログの使途を指定する必要があります:"
+
+#: ../source/dialogs.txt:192
+# e778c6e73b49406e9d65a81c54568ddc
+msgid "To select a file for opening, as for a File/Open command, use :attr:`Gtk.FileChooserAction.OPEN`"
+msgstr "\"ファイル/開く\" のようにオープンするファイルを選択する場合は :attr:`Gtk.FileChooserAction.OPEN` を指定する"
+
+#: ../source/dialogs.txt:194
+# 018db105c1c74861b57291836f8a644b
+msgid "To save a file for the first time, as for a File/Save command, use :attr:`Gtk.FileChooserAction.SAVE`, and suggest a name such as \"Untitled\" with :meth:`Gtk.FileChooser.set_current_name`."
+msgstr "\"ファイル/保存\" のように初めてファイルを保存する場合は :attr:`Gtk.FileChooserAction.SAVE` を指定し, :meth:`Gtk.FileChooser.set_current_name` メソッドを使って \"名前なし\" のようなデフォルトのファイル名を提示する"
+
+#: ../source/dialogs.txt:197
+# a862e5091aa645ddbcc2a03fc72d635f
+msgid "To save a file under a different name, as for a File/Save As command, use :attr:`Gtk.FileChooserAction.SAVE`, and set the existing filename with :meth:`Gtk.FileChooser.set_filename`."
+msgstr "\"ファイル/別名で保存\" のように別の名前でファイルを保存する場合は :attr:`Gtk.FileChooserAction.SAVE` を指定し, :meth:`Gtk.FileChooser.set_filename` メソッドを使って既存のファイル名をセットする"
+
+#: ../source/dialogs.txt:200
+# ea2e73a1a2b146c2a6f995fa544bc6b4
+msgid "To choose a folder instead of a file, use :attr:`Gtk.FileChooserAction.SELECT_FOLDER`."
+msgstr "ファイルの代わりにフォルダを選択する場合は :attr:`Gtk.FileChooserAction.SELECT_FOLDER` を指定する"
+
+#: ../source/dialogs.txt:202
+# 3ae94505693c462a87f6496562396af2
+msgid ":class:`Gtk.FileChooserDialog` inherits from :class:`Gtk.Dialog`, so buttons have response IDs such as :attr:`Gtk.ResponseType.ACCEPT` and :attr:`Gtk.ResponseType.CANCEL` which can be specified in the :class:`Gtk.FileChooserDialog` constructor. In contrast to :class:`Gtk.Dialog`, you can not use custom response codes with :class:`Gtk.FileChooserDialog`. It expects that at least one button will have of the following response IDs:"
+msgstr ":class:`Gtk.FileChooserDialog` は :class:`Gtk.Dialog` クラスから派生しているので、そのダイアログにあるボタンは :attr:`Gtk.ResponseType.ACCEPT` や :attr:`Gtk.ResponseType.CANCEL` といった応答 ID を持ちます。これらは :class:`Gtk.FileChooserDialog` クラスのコンストラクタの中で指定できます。 :class:`Gtk.Dialog` クラスとは対照的に、この :class:`Gtk.FileChooserDialog` では独自に応答 ID を定義できません。いくつかあるボタンのうち少なくとも一つは次の応答 ID を持っているものとみなされます:"
+
+#: ../source/dialogs.txt:214
+# 9bf3f088cd0c436b99370ed5fe425439
+msgid "When the user is finished selecting files, your program can get the selected names either as filenames (:meth:`Gtk.FileChooser.get_filename`) or as URIs (:meth:`Gtk.FileChooser.get_uri`)."
+msgstr "ユーザによるファイルの選択が完了したら、選択されたファイル名 (:meth:`Gtk.FileChooser.get_filename`) または URI (:meth:`Gtk.FileChooser.get_uri`) を取得できます。"
+
+#: ../source/dialogs.txt:218
+# d598c9c5382a4c77abaa109a37d34c6e
+msgid "By default, :class:`Gtk.FileChooser` only allows a single file to be selected at a time. To enable multiple files to be selected, use :meth:`Gtk.FileChooser.set_select_multiple`. Retrieving a list of selected files is possible with either :meth:`Gtk.FileChooser.get_filenames` or :meth:`Gtk.FileChooser.get_uris`."
+msgstr "デフォルトで :class:`Gtk.FileChooser` は一度に一個のファイルだけしか選択できません。複数のファイルを選択できるようにするには :meth:`Gtk.FileChooser.set_select_multiple` メソッドを使用します。選択した複数のファイルのリストを取得するには :meth:`Gtk.FileChooser.get_filenames` または :meth:`Gtk.FileChooser.get_uris` メソッドを使用します。"
+
+#: ../source/dialogs.txt:224
+# 49b9edb07bf840839ff1e642153d1510
+msgid ":class:`Gtk.FileChooser` also supports a variety of options which make the files and folders more configurable and accessible."
+msgstr "さらに :class:`Gtk.FileChooser` では、いろいろなファイルやフォルダを設定したりアクセスするためのオプションをサポートしています。"
+
+#: ../source/dialogs.txt:227
+# 4171e81ea18c4655a0686f7ec84ee934
+msgid ":meth:`Gtk.FileChooser.set_local_only`: Only local files can be selected."
+msgstr ":meth:`Gtk.FileChooser.set_local_only`: ローカルにあるファイルのみ選択できる"
+
+#: ../source/dialogs.txt:228
+# 7452af3f9f674606b1730dbccb9548c3
+msgid ":meth:`Gtk.FileChooser.show_hidden`: Hidden files and folders are displayed."
+msgstr ":meth:`Gtk.FileChooser.show_hidden`: 隠しファイルやフォルダを表示する"
+
+#: ../source/dialogs.txt:229
+# 83aa559fc1dd406cb93645ba07b55544
+msgid ":meth:`Gtk.FileChooser.set_do_overwrite_confirmation`: If the file chooser was configured in :attr:`Gtk.FileChooserAction.SAVE` mode, it will present a confirmation dialog if the user types a file name that already exists."
+msgstr ":meth:`Gtk.FileChooser.set_do_overwrite_confirmation`: ファイル選択ダイアログを :attr:`Gtk.FileChooserAction.SAVE` モードで使用するような場合、ユーザが既に存在するファイル名を入力したら上書きする旨の確認ダイアログを表示する"
+
+#: ../source/dialogs.txt:233
+# 4b131891a4a34949b975dce477fb3365
+msgid "Furthermore, you can specify which kind of files are displayed by creating :class:`Gtk.FileFilter` objects and calling :meth:`Gtk.FileChooser.add_filter`. The user can then select one of the added filters from a combo box at the bottom of the file chooser."
+msgstr "さらに :class:`Gtk.FileFilter` のオブジェクトを生成して :meth:`Gtk.FileChooser.add_filter` を呼び出すことで表示するファイルの種類をフィルタリングできます。すると、ユーザはファイル選択ダイアログの下にあるコンボボックスに追加されたフィルタの中から一つ選択できるようになります。"
+
+#: ../source/dialogs.txt:239
+# a262ce49648646ce91417780f6bea287
+msgid "FileChooser Objects"
+msgstr "FileChooser のオブジェクト"
+
+#: ../source/dialogs.txt:243
+# 406512cebd6f462c844b0c24c35f1532
+msgid "Creates a new :class:`Gtk.FileChooserDialog` with title *title and transient parent *parent*."
+msgstr "タイトルが *title* で *parent* を親とする新しい :class:`Gtk.FileChooserDialog` を生成します。"
+
+#: ../source/dialogs.txt:246
+# c0349b70d8254b68b7f269000ded368e
+msgid "*action* can be one of the following:"
+msgstr "*action* には次のいずれかの値を指定できます:"
+
+#: ../source/dialogs.txt:248
+# ffed0b072e784ef2aa26331760796bff
+msgid ":attr:`Gtk.FileChooserAction.OPEN`: The file chooser will only let the user pick an existing file."
+msgstr ":attr:`Gtk.FileChooserAction.OPEN`: ユーザは既存のファイルを一つだけ選択できる"
+
+#: ../source/dialogs.txt:250
+# 1844e05abe9449518c4d27d2f7c86bc0
+msgid ":attr:`Gtk.FileChooserAction.SAVE`: The file chooser will let the user pick an existing file, or type in a new filename."
+msgstr ":attr:`Gtk.FileChooserAction.SAVE`: ユーザは既存のファイルを一つだけ選択するか、新しいファイル名を入力できる"
+
+#: ../source/dialogs.txt:252
+# 1b937b60cdfd48dc8826ba3b4c2fc60c
+msgid ":attr:`Gtk.FileChooserAction.SELECT_FOLDER`: The file chooser will let the user pick an existing folder."
+msgstr ":attr:`Gtk.FileChooserAction.SELECT_FOLDER`: ユーザは既存フォルダを一つだけ選択できる"
+
+#: ../source/dialogs.txt:254
+# b6c78fb00146446f9d375a0e2042fe05
+msgid ":attr:`Gtk.FileChooserAction.CREATE_FOLDER`: The file chooser will let the user name an existing or new folder."
+msgstr ":attr:`Gtk.FileChooserAction.CREATE_FOLDER`: ユーザは既存のフォルダまたは新しいフォルダに名前を付けることができる"
+
+#: ../source/dialogs.txt:257
+# 17b4b69786c24588846f8effca830cad
+msgid "The *buttons* argument has the same format as for the :class:`Gtk.Dialog` constructor."
+msgstr "引数の *buttons* は :class:`Gtk.Dialog` クラスのコンストラクタと同じ書式で指定します。"
+
+#: ../source/dialogs.txt:264
+# da6b76a03922413299b7f7a666ebafe6
+msgid "Sets the current name in the file selector, as if entered by the user."
+msgstr "あたかもユーザが入力したかのように、ファイル選択ダイアログで現在の名前をセットします。"
+
+#: ../source/dialogs.txt:268
+# 8dd997d8a849471e93fb33b922491a72
+msgid "Sets *filename* as the current filename for the file chooser, by changing to the file's parent folder and actually selecting the file in list; all other files will be unselected. If the chooser is in :attr:`Gtk.FileChooserAction.SAVE` mode, the file's base name will also appear in the dialog's file name entry."
+msgstr "ファイル選択ダイアログでファイルの親フォルダに変更することで現在のファイル名を *filename* にし、ファイルの一覧で選択状態にします (すなわち、他のファイルを全て選択解除します)。もしファイル選択ダイアログのモードが :attr:`Gtk.FileChooserAction.SAVE` の場合は、ファイルの基底名もダイアログでファイル名を入力するエントリ・フィールドに表示されます。"
+
+#: ../source/dialogs.txt:274
+# 5bbd5db3ba5449148ca574b5802fe0ac
+msgid "Note that the file must exist, or nothing will be done except for the directory change."
+msgstr "ここで選択するファイルは必ず存在しているか、またはフォルダの変更以外に何も操作しないようにして下さい。"
+
+#: ../source/dialogs.txt:279
+# c80649e6ad7343efbd0f9a61f0cba313
+msgid "Sets whether multiple files can be selected. This is only relevant if the mode is :attr:`Gtk.FileChooserAction.OPEN` or :attr:`Gtk.FileChooserAction.SELECT_FOLDER`."
+msgstr "複数のファイルを選択できるかどうかを指定します。これは、ファイル選択ダイアログのモードが :attr:`Gtk.FileChooserAction.OPEN` または :attr:`Gtk.FileChooserAction.SELECT_FOLDER` の時にだけ有効になります。"
+
+#: ../source/dialogs.txt:285
+# e56ffd09594f4bd8ab1fc62245ea2313
+msgid "Sets whether only local files can be selected."
+msgstr "ローカルのディスクにあるファイルだけ選択できるかどうかを指定します。"
+
+#: ../source/dialogs.txt:289
+# d9e2e94c12da4d0090f5072670d5935f
+msgid "Sets whether to display hidden files and folders."
+msgstr "隠しファイルやフォルダを表示するかどうかを指定します。"
+
+#: ../source/dialogs.txt:293
+# b81663c3b89943bdb5ed78ce344706cc
+msgid "Sets whether to confirm overwriting in save mode."
+msgstr "ファイルを保存する際に上書きを確認するかどうかを指定します。"
+
+#: ../source/dialogs.txt:297
+# bb461b4337784e4fa08125b4b02a786c
+msgid "Returns the filename for the currently selected file in the file selector. If multiple files are selected, use :meth:`get_filenames` instead."
+msgstr "ファイル選択ダイアログの中で現在選択中のファイルの名前を返します。もし複数のファイルを選択しているのであれば代わりに :meth:`Gtk.FileChooser.get_filenames` メソッドを使用して下さい。"
+
+#: ../source/dialogs.txt:302
+# e2da3e5f0fe34c8788676a0ed9a53fd1
+msgid "Returns a list of all the selected files and subfolders in the current folder. The returned names are full absolute paths. If files in the current folder cannot be represented as local filenames they will be ignored. Use :meth:`get_uris` instead."
+msgstr "現在のフォルダの中で選択している全てのファイルやサブフォルダを要素とするリストを返します。ここで返される名前は完全な絶対パス名です。現在のフォルダにあるファイルがローカルのファイル名として表現できない場合は無視されます。そのような場合は代わりに :meth:`Gtk.FileChooser.get_uris` メソッドを使用して下さい。"
+
+#: ../source/dialogs.txt:309
+# cfd212e6826b4bb59518ad3455ee7a39
+msgid "Returns the URI for the currently selected file in the file selector. If multiple files are selected, use :meth:`get_uris` instead."
+msgstr "ファイル選択ダイアログの中で現在選択中のファイルの URI を返します。もし複数のファイルを選択しているのであれば代わりに :meth:`Gtk.FileChooser.get_uris` メソッドを使用して下さい。"
+
+#: ../source/dialogs.txt:314
+# 949a42d5e77a478ca0a1f65f3769f2a6
+msgid "Returns a list of all the selected files and subfolders in the current folder. The returned names are full absolute URIs."
+msgstr "現在のフォルダの中で選択している全てのファイルやサブフォルダの URI (完全な絶対パスからなる URI) を要素とするリストを返します。"
+
+#: ../source/dialogs.txt:319
+# 92933c27e4c042ee81e3d81acbf1522e
+msgid "Adds the :class:`Gtk.FileFilter` instance *filter* to the list of filters that the user can choose from. When a filter is selected, only files that are passed by that filter are displayed."
+msgstr ":class:`Gtk.FileFilter` クラスのインスタンスである *filter* をファイル選択ダイアログでユーザがファイルの選択で利用するフィルタのリストに追加します。そのフィルタを選択すると、そのフィルタにマッチするファイルだけが一覧の中に表示されます。"
+
+#: ../source/dialogs.txt:327
+# 9178523999ee4c1a898d0e1a3900edd8
+msgid "Sets the human-readable name of the filter; this is the string that will be displayed in the file selector user interface if there is a selectable list of filters."
+msgstr "フィルタに対して可読な名前を指定します。すなわち、これは選択可能なフィルタのリストがファイル選択ダイアログの付いている場合、そのリストに表示される文字列です。"
+
+#: ../source/dialogs.txt:333
+# 123e24c7c4d34b5790eb078fd3a2442f
+msgid "Adds a rule allowing a given mime type to filter."
+msgstr "フィルタに指定できる MIME 型のルールを追加します。"
+
+#: ../source/dialogs.txt:337
+# bd20bb4f796a418cb2cdc71961d6f53a
+msgid "Adds a rule allowing a shell style glob to a filter."
+msgstr "フィルタに Shell スタイルの `Glob <http://mikeforce.net/documents/glib-2.18.x-refs/glib/html/glib-Glob-style-pattern-matching.html>`_ のルールを追加します。"
+
View
304 translations/ja/drag_and_drop.po
@@ -0,0 +1,304 @@
+# Japanese translation for drag_and_drop.txt in PyGObject-Tutorial.
+# Copyright (C) GNU Free Documentation License 1.3
+# This file is distributed under the same license as the Python GTK+ 3 Tutorial package.
+# Takeshi AIHANA <takeshi.aihana@gmail.com>, 2012.
+#
+msgid ""
+msgstr ""
+"Project-Id-Version: Python GTK+ 3 Tutorial 3.4\n"
+"Report-Msgid-Bugs-To: \n"
+"POT-Creation-Date: 2012-11-08 08:12\n"
+"PO-Revision-Date: 2012-12-16 16:36+0900\n"
+"Last-Translator: Takeshi AIHANA <takeshi.aihana@gmail.com>\n"
+"Language-Team: Japanese <takeshi.aihana@gmail.com>\n"
+"MIME-Version: 1.0\n"
+"Content-Type: text/plain; charset=UTF-8\n"
+"Content-Transfer-Encoding: 8bit\n"
+
+#: ../source/drag_and_drop.txt:2
+# e52c75849aa5433195b5fa7158ec04a1
+msgid "Drag and Drop"
+msgstr "ドラッグ&ドロップ"
+
+#: ../source/drag_and_drop.txt:4
+# 8e4059c6a281467c9f38526514301891
+msgid "Versions of PyGObject < 3.0.3 contain a bug which does not allow drag and drop to function correctly. Therefore a version of PyGObject >= 3.0.3 is required for the following examples to work."
+msgstr "PyGObject < 3.0.3 には正しく機能しないドラッグ&ドロップの実装が含まれています。そのためここで紹介する例を動作させるには PyGObject >= 3.0.3 が必要になります。"
+
+#: ../source/drag_and_drop.txt:8
+# 730f6952b91e46b18ffab522fdeb95bd
+msgid "Setting up drag and drop between widgets consists of selecting a drag source (the widget which the user starts the drag from) with the :meth:`Gtk.Widget.drag_source_set` method, selecting a drag destination (the widget which the user drops onto) with the :meth:`Gtk.Widget.drag_dest_set` method and then handling the relevant signals on both widgets."
+msgstr ":meth:`Gtk.Widget.drag_source_set` メソッドを使って選択した ``ドラッグ元`` (ユーザがドラッグを開始するウィジェット) と, :meth:`Gtk.Widget.drag_dest_set` メソッドを使って選択した ``ドラッグ先`` (ユーザがドロップする先のウィジェット) のペアの間でドラッグ&ドロップを設定し、双方のウィジェットで適切なシグナルを処理します。"
+
+#: ../source/drag_and_drop.txt:14
+# 1e5fff83838e430d9469614c195c075b
+msgid "Instead of using :meth:`Gtk.Widget.drag_source_set` and :meth:`Gtk.Widget.drag_dest_set` some specialised widgets require the use of specific functions (such as :class:`Gtk.TreeView` and :class:`Gtk.IconView`)."
+msgstr "(:class:`Gtk.TreeView` や :class:`Gtk.IconView` といった) 特別なウィジェットの場合は :meth:`Gtk.Widget.drag_source_set` と :meth:`Gtk.Widget.drag_dest_set` といったメソッドではなく、特定のメソッド必要になってきます。"
+
+#: ../source/drag_and_drop.txt:18
+# 38fac742837a4f468244dcb1fd24728b
+msgid "A basic drag and drop only requires the source to connect to the \"drag-data-get\" signal and the destination to connect to the \"drag-data-received\" signal. More complex things such as specific drop areas and custom drag icons will require you to connect to :ref:`additional signals <drag-signals>` and interact with the :class:`Gdk.DragContext` object it supplies."
+msgstr "基本的なドラッグ&ドロップ処理ならばドラッグ元を \"drag-data-get\" シグナルに接続し、ドラッグ先を \"drag-data-received\" シグナルに接続するだけです。そうではなくもっと複雑なこと、例えばドロップする領域を指定したり独自にドラッグ用アイコンを指定するような場合は :ref:`その他のシグナル <drag-signals>` に接続し、あらかじめ指定しておいた :class:`Gdk.DragContext` 型のオブジェクトを利用して処理する必要があります。"
+
+#: ../source/drag_and_drop.txt:24
+# afcdb0f676874d308c730d32f5777c80
+msgid "In order to transfer data between the source and destination, you must interact with the :class:`Gtk.SelectionData` variable supplied in the :ref:`\"drag-data-get\" <drag-signals>` and :ref:`\"drag-data-received\" <drag-signals>` signals using the :class:`Gtk.SelectionData` get and set methods."
+msgstr "ドラッグ元からドラッグ先へデータを転送するために, :class:`Gtk.SelectionData` 型の変数を :class:`Gtk.SelectionData` の getter/setter を使って :ref:`\"drag-data-get\" <drag-signals>` と :ref:`\"drag-data-received\" <drag-signals>` のシグナルに引き渡す必要があります。"
+
+#: ../source/drag_and_drop.txt:30
+# 70575951f30349a682625ca6039b9523
+msgid "Target Entries"
+msgstr "ターゲット・エントリ"
+
+#: ../source/drag_and_drop.txt:31
+# ba3c81dec8604a3493d4554f187e42bf
+msgid "To allow the drag source and destination to know what data they are receiving and sending, a common list of :class:`Gtk.TargetEntry's <Gtk.TargetEntry>` are required. A :class:`Gtk.TargetEntry` describes a piece of data that will be sent by the drag source and received by the drag destination."
+msgstr "ドラッグ元とドラッグ先でどんな種類のデータを送ったり受け取ることができるかを知るには :class:`Gtk.TargetEntry <Gtk.TargetEntry>` を要素とする共通リストが必要になります。この :class:`Gtk.TargetEntry` にはドラッグ元が送信し、ドラッグ先で受け取るデータの一部が記載されています。"
+
+#: ../source/drag_and_drop.txt:36
+# 9b3bf49dc2ab4431a046fb4c9924d7de
+msgid "There are two ways of adding :class:`Gtk.TargetEntry's <Gtk.TargetEntry>` to a source and destination. If the drag and drop is simple and each target entry is of a different type, you can use the group of methods :meth:`mentioned here <Gtk.Widget.drag_source_add_text_targets>`."
+msgstr "複数の :class:`Gtk.TargetEntry <Gtk.TargetEntry>` をドラッグ元とドラッグ先に追加する方法は二つあります。もし簡単なドラッグ&ドロップとしてターゲット・エントリがそれぞれ異なる種類であるならば, :meth:`rag_source_add_text_targets <Gtk.Widget.drag_source_add_text_targets>` 系のメソッドを利用できます。"
+
+#: ../source/drag_and_drop.txt:41
+# 258821ad12374d799cad0409779def1c
+msgid "If you require more than one type of data or wish to do more complex things with the data, you will need to create the :class:`Gtk.TargetEntry's <Gtk.TargetEntry>` using the :meth:`Gtk.TargetEntry.new` method."
+msgstr "もし二種類以上のデータをやりとりしたり、データを使ってもっと複雑なことをしたいのであれば :meth:`Gtk.TargetEntry.new` メソッドを使って :class:`Gtk.TargetEntry <Gtk.TargetEntry>` をいくつか生成する必要があります。"
+
+#: ../source/drag_and_drop.txt:46
+# 188fc9c0906849938041f9abf171a66c
+msgid "Drag and Drop Methods and Objects"
+msgstr "ドラッグ&ドロップのメソッドとオブジェクト"
+
+#: ../source/drag_and_drop.txt:51
+# 303f9faa49104fd7a3cf89c63c0988c6
+msgid "Sets the widget to be a drag source."
+msgstr "このウィジェットをドラッグ元にします。"
+
+#: ../source/drag_and_drop.txt:53
+# 277ab51c45f24b2cba62ff8f137351c1
+msgid "*start_button_mask* are a combination of :attr:`Gdk.ModifierType` masks which sets which buttons must be pressed for a drag to occur. *targets* is a list of :class:`Gtk.TargetEntry's <Gtk.TargetEntry>` which describe the data to be passed between source and destination. *actions* are a combination :attr:`Gdk.DragAction` masks to show possible drag actions."
+msgstr "*start_button_mask* には :attr:`Gdk.ModifierType` 型のマスク (ドラッグを開始する際に押下するのボタン) をいくつか組み合わせて指定します。 *targets* には :class:`Gtk.TargetEntry <Gtk.TargetEntry>` (ドラッグ元とドラッグ先との間で転送されるデータの種類を記述したもの) を要素とするリストを指定します。 *actions* には :attr:`Gdk.DragAction` 型のマスク (ドラッグで実施可能なアクションの種類) を組み合わせて指定します。"
+
+#: ../source/drag_and_drop.txt:62
+# ad1320052540486aac5f0bdcd32b7835
+msgid "Sets the widget to be a drag destination."
+msgstr "このウィジェットをドラッグ先にします。"
+
+#: ../source/drag_and_drop.txt:64
+# ccb2f645a6734159a574a81c6a6f04ca
+msgid "*flags* are a combination of :attr:`Gtk.DestDefaults` masks which configures the processes which occur on a drag site. *targets* is a list of :class:`Gtk.TargetEntry's <Gtk.TargetEntry>` which describe the data to be passed between source and destination. *actions* are a combination :attr:`Gdk.DragAction` masks to show possible drag actions."
+msgstr ""
+"*flags* には :attr:`Gtk.DestDefaults` 型のマスク (ドラッグ先で処理するアクション) をいくつか組み合わせて指定します。 *targets* には\n"
+":class:`Gtk.TargetEntry <Gtk.TargetEntry>` (ドラッグ元とドラッグ先との間で転送されるデータの種類を記述したもの) を要素とするリストを指定します。 *actions* には :attr:`Gdk.DragAction` 型のマスク (ドラッグ先で実施可能なアクション) をいくつか組み合わせて指定します。"
+
+#: ../source/drag_and_drop.txt:74
+# ceeb95893c524bcd9ae8a5648f363448
+msgid "Add a :class:`Gtk.TargetEntry` to the drag source/destination which contains a piece of text."
+msgstr ":class:`Gtk.TargetEntry` を文字列を含むドラッグ元/先へ一つ追加します。"
+
+#: ../source/drag_and_drop.txt:80
+# a9cdd6075e384d739b1eb16a3b87990a
+msgid "Add a :class:`Gtk.TargetEntry` to the drag source/destination which contains a :class:`GdkPixbuf.Pixbuf`."
+msgstr ":class:`Gtk.TargetEntry` を :class:`GdkPixbuf.Pixbuf` を持つドラッグ元/先へ一つ追加します。"
+
+#: ../source/drag_and_drop.txt:86
+# a8109ca9869b4cc4b795af8b2d91b567
+msgid "Add a :class:`Gtk.TargetEntry` to the drag source/destination which contains a list of URIs."
+msgstr ":class:`Gtk.TargetEntry` を URI を要素とするリストを持つドラッグ元/先へ一つ追加します。"
+
+#: ../source/drag_and_drop.txt:93
+# fbcfa422c049453c8c04153a6351cf8a
+msgid "Creates a new target entry."
+msgstr "新しいターゲット・エントリを生成します。"
+
+#: ../source/drag_and_drop.txt:95
+# 7daf72f11df84f63958cdc50b53c0149
+msgid "*target* is a string describing the type of data the target entry describes."
+msgstr "*target* にはターゲット・エントリに記載するデータの種類 (文字列) を指定します。"
+
+#: ../source/drag_and_drop.txt:97
+# e1f65e755cde4b9ba39a8ff985d9c9c4
+msgid "*flags* controls under which conditions will the data be transferred in a drag and drop and is a combination of the :attr:`Gtk.TargetFlags` values:"
+msgstr "*flags* はドラッグ&ドロップでデータを転送する条件を表し、次の :attr:`Gtk.TargetFlags` 型の値を組み合わせて指定します:"
+
+#: ../source/drag_and_drop.txt:100
+# daf2ff4c129d40a2bf1b27cdc4145b6e
+msgid ":attr:`Gtk.TargetFlags.SAME_APP` - Only transferred in the same application"
+msgstr ":attr:`Gtk.TargetFlags.SAME_APP` - 同じアプリケーションの中でのみ転送する"
+
+#: ../source/drag_and_drop.txt:101
+# c8608bfcad274eabaa9730dba24e219a
+msgid ":attr:`Gtk.TargetFlags.SAME_WIDGET` - Only transferred within the same widget"
+msgstr ":attr:`Gtk.TargetFlags.SAME_WIDGET` - 同じウィジェットの中でのみ転送する"
+
+#: ../source/drag_and_drop.txt:102
+# 9f6e62745615411ebeb8bd75a1e3f455
+msgid ":attr:`Gtk.TargetFlags.OTHER_APP` - Only transferred in a different application"
+msgstr ":attr:`Gtk.TargetFlags.OTHER_APP` - 異なるアプリケーションの間でのみ転送する"
+
+#: ../source/drag_and_drop.txt:103
+# de78d435a33047c1a39ef899bc5df84c
+msgid ":attr:`Gtk.TargetFlags.OTHER_WIDGET` - Only transferred within a different widget"
+msgstr ":attr:`Gtk.TargetFlags.OTHER_WIDGET` - 異なるウィジェットの間でのみ転送する"
+
+#: ../source/drag_and_drop.txt:105
+# de729c46c9e048a586110e2605567bcf
+msgid "*info* is an ID which the application can use to determine between different pieces of data contained in a drag and drop operation."
+msgstr "*info* は、ドラッグ&ドロップの操作に含まれているデータの種類を確定する際にアプリケーションが利用できる識別子です。"
+
+#: ../source/drag_and_drop.txt:112
+# 88e10bedb97c4c1d8263b1c794cbd746
+msgid "Returns the contents of the text contained in selection data"
+msgstr "``セレクション`` の中に含まれるデータから文字列を返します。"
+
+#: ../source/drag_and_drop.txt:116
+# 0a6a1b56f1574d3f96681608f959e01a
+msgid "Sets the contents of the text contained in selection data to *text*"
+msgstr "``セレクション`` の中に含めるデータに *text* を格納します。"
+
+#: ../source/drag_and_drop.txt:120
+# 6cde736dd7de4d5796323c7f02e817a8
+msgid "Returns the pixbuf contained in selection data"
+msgstr "``セレクション`` の中に含まれるデータから Pixbuf を返します。"
+
+#: ../source/drag_and_drop.txt:124
+# 1d732eb2d13b4dd09288eda176f372c9
+msgid "Sets the pixbuf contained in selection data to *pixbuf*"
+msgstr "``セレクション`` の中に含めるデータに *pixbuf* を格納します。"
+
+#: ../source/drag_and_drop.txt:129
+# 00295244c86d47dc9e178e774b5fe7f3
+msgid "Drag Source Signals"
+msgstr "ドラッグ元のシグナル"
+
+#: ../source/drag_and_drop.txt:131
+#: ../source/drag_and_drop.txt:145
+# d344c48fec3b4dad851a0f29fcda6eea
+# 7e210b1d7a654e6da8788518585a0d7e
+msgid "Name"
+msgstr "シグナルの名前"
+
+#: ../source/drag_and_drop.txt:131
+#: ../source/drag_and_drop.txt:145
+# 4a6094bad8fc4600bff4012168953ee5
+# 67c32bafef2047e6a6d84c1e5d9af41c
+msgid "When it is emitted"
+msgstr "発行されるタイミング"
+
+#: ../source/drag_and_drop.txt:131
+#: ../source/drag_and_drop.txt:145
+# 7479867a4d5d4fc3af8554a04c4377df
+# 362beeeff9084aa382803be9a88aecff
+msgid "Common Purpose"
+msgstr "主な目的"
+
+#: ../source/drag_and_drop.txt:133
+# a470107f17734ffbb1712d2b16933f69
+msgid "drag-begin"
+msgstr "drag-begin"
+
+#: ../source/drag_and_drop.txt:133
+# 4c7cdc204f0944c0af4ce66511cea19f
+msgid "User starts a drag"
+msgstr "ユーザがドラッグを開始した時"
+
+#: ../source/drag_and_drop.txt:133
+# 7d70582b6bac480cacae906b14eb7269
+msgid "Set-up drag icon"
+msgstr "ドラッグ中のアイコンをセットする"
+
+#: ../source/drag_and_drop.txt:135
+# a8c88e71355846b0a0b9371bf05067e0
+msgid "drag-data-get"
+msgstr "drag-data-get"
+
+#: ../source/drag_and_drop.txt:135
+# 01af826196a3419398c1440614e622b7
+msgid "When drag data is requested by the destination"
+msgstr "ドラッグ先からデータの要求があった時"
+
+#: ../source/drag_and_drop.txt:135
+#: ../source/drag_and_drop.txt:151
+# 60fa4001e5084b7b93a612fac00d3881
+# b793053772eb4d72827091f76eb39165
+msgid "Transfer drag data from source to destination"
+msgstr "ドラッグ元からドラッグ先へデータを転送する"
+
+#: ../source/drag_and_drop.txt:137
+# 27251ae678824cb5aeb5d571f2d600e2
+msgid "drag-data-delete"
+msgstr "drag-data-delete"
+
+#: ../source/drag_and_drop.txt:137
+# 5490f1115bee4b7c88ac32e99af4c7f6
+msgid "When a drag with the action Gdk.DragAction.MOVE is completed"
+msgstr "Gdk.DragAction.MOVE のアクションを持つドラッグが完了した時"
+
+#: ../source/drag_and_drop.txt:137
+# 636afa0179af402aac748ce0c77156e6
+msgid "Delete data from the source to complete the 'move'"
+msgstr "ドラッグ元のデータを削除して「移動」を完了する"
+
+#: ../source/drag_and_drop.txt:139
+# 09de934d1f0a4b0d8756bc4dec46a300
+msgid "drag-data-end"
+msgstr "drag-data-end"
+
+#: ../source/drag_and_drop.txt:139
+# acac8e51708a4e73aa22df6acbf04fa9
+msgid "When the drag is complete"
+msgstr "ドラッグが完了した時"
+
+#: ../source/drag_and_drop.txt:139
+# e6458f6081224e29966e37289c896bd2
+msgid "Undo anything done in drag-begin"
+msgstr "drag-begin で実施した状態に戻す"
+
+#: ../source/drag_and_drop.txt:143
+# 790bb27b8f5b4549bf5f27dd34404617
+msgid "Drag Destination Signals"
+msgstr "ドラッグ先のシグナル"
+
+#: ../source/drag_and_drop.txt:147
+# 2a9657e0643e4e6a8893a462afd6330d
+msgid "drag-motion"
+msgstr "drag-motion"
+
+#: ../source/drag_and_drop.txt:147
+# 1a03fbb8e6de4c62b5841a5a06b4aa0d
+msgid "Drag icon moves over a drop area"
+msgstr "ドラッグ中のアイコンがドロップ領域の上に移動した時"
+
+#: ../source/drag_and_drop.txt:147
+#: ../source/drag_and_drop.txt:149
+# 4681010393294453acba8964997a244d
+# 45b992f96c4a479094893430a1d6f948
+msgid "Allow only certain areas to be dropped onto"
+msgstr "決められた領域だけドロップできる"
+
+#: ../source/drag_and_drop.txt:149
+# c7dacb98fa9d41d0b16609e03a32f4e9
+msgid "drag-drop"
+msgstr "drag-drop"
+
+#: ../source/drag_and_drop.txt:149
+# b56649e376874b37b51a0be57011d481
+msgid "Icon is dropped onto a drag area"
+msgstr "アイコンがドロップ領域の上でドロップされた時"
+
+#: ../source/drag_and_drop.txt:151
+# a3e6a72948284fd3a2cafdaf62fca75b
+msgid "drag-data-received"
+msgstr "drag-data-received"
+
+#: ../source/drag_and_drop.txt:151
+# bd71e5db15064669bd7193eedb43c865
+msgid "When drag data is received by the destination"
+msgstr "ドラッグ先がデータを受け取った時"
+
+#: ../source/drag_and_drop.txt:155
+# 202a33cfa4a94649a8ce3022820241f1
+msgid "Example"
+msgstr "例"
+
View
609 translations/ja/iconview.po
@@ -0,0 +1,609 @@
+# Japanese translation for iconview.txt in PyGObject-Tutorial.
+# Copyright (C) GNU Free Documentation License 1.3
+# This file is distributed under the same license as the Python GTK+ 3 Tutorial package.
+# Takeshi AIHANA <takeshi.aihana@gmail.com>, 2012.
+#
+msgid ""
+msgstr ""
+"Project-Id-Version: Python GTK+ 3 Tutorial 3.0\n"
+"Report-Msgid-Bugs-To: \n"
+"POT-Creation-Date: 2012-10-18 09:05\n"
+"PO-Revision-Date: 2012-10-19 09:41+0900\n"
+"Last-Translator: Takeshi AIHANA <takeshi.aihana@gmail.com>\n"
+"Language-Team: Language-Team: Japanese <takeshi.aihana@gmail.com>\n"
+"Language: \n"
+"MIME-Version: 1.0\n"
+"Content-Type: text/plain; charset=UTF-8\n"
+"Content-Transfer-Encoding: 8bit\n"
+
+# 686464a72c314ece9b9e0cf314905f4b
+#: ../source/iconview.txt:2
+msgid "IconView"
+msgstr "アイコン・ビュー"
+
+# 133ffa7f007d499cbb37a4fc4e787ec6
+#: ../source/iconview.txt:3
+msgid ""
+"A :class:`Gtk.IconView` is a widget that displays a collection of icons in a "
+"grid view. It supports features such as drag and drop, multiple selections "
+"and item reordering."
+msgstr ""
+":class:`Gtk.IconView` はアイコンの集合を格子状に配置して表示するウィジェット"
+"です。このウィジェットはドラッグ&ドロップや複数同時選択、表示するアイテムの"
+"並び替えといった機能をサポートしています。"
+
+# f268231b7b4c45d79cd811736f82ef06
+#: ../source/iconview.txt:5
+msgid ""
+"Similarly to :class:`Gtk.TreeView`, :class:`Gtk.IconView` uses a :class:`Gtk."
+"ListStore` for its model. Instead of using :ref:`cell renderers "
+"<cellrenderers>`, :class:`Gtk.IconView` requires that one of the columns in "
+"its :class:`Gtk.ListStore` contains :class:`GdkPixbuf.Pixbuf` objects."
+msgstr ""
+":class:`Gtk.TreeView` と同様に、 :class:`Gtk.IconView` は自分のモデルとして :"
+"class:`Gtk.ListStore` を使用します。そして :ref:`セル・レンダラ "
+"<cellrenderers>` を使う代わりに, :class:`Gtk.IconView` は自分のモデルである :"
+"class:`Gtk.ListStore` の中の桁で :class:`GdkPixbuf.Pixbuf` オブジェクトを含ん"
+"だ桁 (``カラム``) を使います。"
+
+# f0967bfd34ef41d99c63cc30e064763c
+#: ../source/iconview.txt:7
+msgid ""
+":class:`Gtk.IconView` supports numerous selection modes to allow for either "
+"selecting multiple icons at a time, restricting selections to just one item "
+"or disallowing selecting items completely. To specify a selection mode, the :"
+"meth:`Gtk.IconView.set_selection_mode` method is used with one of the :class:"
+"`Gtk.SelectionMode` selection modes."
+msgstr ""
+":class:`Gtk.IconView` クラスはいろいろな選択モードをサポートしており、例えば"
+"一度に複数のアイコンを選択したり、一個だけしか選択できないようにしたり、まっ"
+"たく選択できないようにすることができます。選択モードを指定するには, :meth:"
+"`Gtk.IconView.set_selection_mode` メソッドに :class:`Gtk.SelectionMode` が表"
+"す選択モードのいずれかを指定して呼び出します。"
+
+# cfa123256a57480c94e18374d4420e05
+#: ../source/iconview.txt:10
+msgid "IconView objects"
+msgstr "アイコン・ビューのオブジェクト"
+
+# 471c258b11104c279e5375d55057f77d
+#: ../source/iconview.txt:16
+msgid ""
+"Creates a new :class:`Gtk.IconView` widget using the specified *area* to "
+"layout cells inside the icons."
+msgstr ""
+"指定した *area* にアイコンを格子状に並べる、新しい :class:`Gtk.IconView` を生"
+"成します。"
+
+# ad26488a51b74f42a737ee172de0d664
+#: ../source/iconview.txt:20
+msgid "Creates a new :class:`Gtk.IconView` widget with the model *model*."
+msgstr "*model* をモデルとする新しい :class:`Gtk.IconView` を生成します。"
+
+# d6b041583947409a9c29d5e5e2dfc302
+#: ../source/iconview.txt:24
+msgid ""
+"Sets the model for a :class:`Gtk.IconView`. If the :class:`Gtk.IconView` "
+"already has a model set, it will remove it before setting the new model. If "
+"*model* is ``None``, then it will unset the old model."
+msgstr ""
+":class:`Gtk.IconView` のモデルを *model* にします。既に :class:`Gtk."
+"IconView` がモデルを持っている場合、新しいモデルをセットする前に古いモデルを"
+"削除します。 *model* を ``None`` にすると、セットされているモデルを解除しま"
+"す。"
+
+# 51dade251e7b4102b0825410545eda5c
+#: ../source/iconview.txt:28
+msgid ""
+"Returns the model the :class:`Gtk.IconView` is based on. Returns ``None`` if "
+"the model is unset."
+msgstr ""
+":class:`Gtk.IconView` が採用しているモデルを返します。モデルが解除されている"
+"場合は ``None`` を返します。"
+
+# 134f377a05004132b3ee2c1fd12e9096
+#: ../source/iconview.txt:32
+msgid ""
+"Sets the column with text to be *column*. The text column must be of type "
+"``str``."
+msgstr ""
+"*column* を、文字列を持つ桁 (``カラム``) に指定します。この桁は ``str`` 型で"
+"なければなりません。"
+
+# a4e87d8ea73046b986b6744e0ad9f47f
+#: ../source/iconview.txt:36
+msgid "Return the column with text, or -1 if it's unset."
+msgstr ""
+"文字列を持つ桁 (``カラム``) を返します。あるいは、指定されていなければ -1 を"
+"返します。"
+
+# 752d77be9a684a85a993b951303785ef
+#: ../source/iconview.txt:40
+msgid ""
+"Sets the column with markup information for the :class:`Gtk.IconView` to be "
+"*column*. The markup column must be of type ``str``. If the markup column is "
+"set to something, it overrides the text column set by :meth:"
+"`set_text_column`."
+msgstr ""
+"*column* を :class:`Gtk.IconView` でマークアップ情報を持つ桁 (``カラム``) に"
+"指定します。マークアップ情報を持つ桁は ``str`` 型でなければなりません。マーク"
+"アップ情報を持つ桁に指定した場合は :meth:`Gtk.IconView.set_text_column` メ"
+"ソッドで指定した情報を上書きします。"
+
+# 0805416cab2d49829c9e545847eedadf
+#: ../source/iconview.txt:44
+msgid "Returns the column with markup text, or -1 if it's unset."
+msgstr ""
+"マークアップ情報を持つ桁 (``カラム``) を返します。あるいは、指定されていなけ"
+"れば -1 を返します。"
+
+# 7f3856375fda47959ca074c81a3b9ddf
+#: ../source/iconview.txt:48
+msgid ""
+"Sets the column with pixbufs to be *column*. The pixbuf column must be of "
+"type :class:`GdkPixbuf.Pixbuf`"
+msgstr ""
+"*column* を、Pixbuf 画像を持つ桁 (``カラム``) に指定します。Pixbuf 画像を格納"
+"する桁は :class:`GdkPixbuf.Pixbuf` 型でなければなりません。"
+
+# 3f2ca665f73041d2ac0cfe843244eb53
+#: ../source/iconview.txt:52
+msgid "Returns the column with pixbufs, or -1 if it's unset."
+msgstr ""
+"Pixbuf 画像を持つ桁 (``カラム``) を返します。あるいは、指定されていなければ "
+"-1 を返します。"
+
+# 40009229caec4a1483de021db73dee91
+#: ../source/iconview.txt:56
+msgid ""
+"Finds the path at the point(*x*, *y*), relative to bin_window coordinates. "
+"In contrast to :meth:`get_path_at_pos`, this method also obtains the cell at "
+"the specified position. See :meth:`convert_widget_to_bin_window_coords` for "
+"converting widget coordinates to bin_window coordinates."
+msgstr ""
+"bin_window 座標系の相対位置で (*x*, *y*) にあるアイテムのパスを返します。これ"
+"は :meth:`get_path_at_pos` メソッドとは異なり、返り値には指定した位置にあるセ"
+"ルの情報も含まれます。ウィジェットの座標を bin_window 系座標に変換する方法に"
+"ついては :meth:`convert_widget_to_bin_window_coords` メソッドを参照して下さ"
+"い。"
+
+# dc61b14f28084107ad8e6ec7cf31d289
+#: ../source/iconview.txt:60
+msgid ""
+"Converts widget coordinates to coordinates for the bin_window, as expected "
+"by e.g. :meth:`get_path_at_pos`"
+msgstr ""
+"ウィジェットの座標を bin_window の座標系に変換します。これは、例えば :meth:"
+"`get_path_at_pos` メソッドで使用する座標です。"
+
+# 6a233e72969d45f3a2c74727328d9b27
+#: ../source/iconview.txt:64
+msgid ""
+"Sets the current keyboard focus to be at *path*, and selects it. This is "
+"useful when you want to focus the user's attention on a particular item. If "
+"*cell* is not ``None``, then focus is given to the cell specified by it. "
+"Additionally, if *start_editing* is True, then editing should be started in "
+"the specified cell."
+msgstr ""
+"現在のキーボードのフォーカスを *path* の位置に移動して、それを選択状態にしま"
+"す。このメソッドは、ユーザの注目を特定のアイテムに促したい時に便利です。もし "
+"*cell* に ``None`` 以外を指定すると、そのセルが指す場所にキーボード・フォーカ"
+"スが移動します。さらに *start_editing* を ``TRUE`` にすると、指定したセルの編"
+"集が可能になります。"
+
+# f700a423ea434cfb9a2d1c0b78256c5f
+#: ../source/iconview.txt:66
+msgid ""
+"This function is often followed by :meth:`grab_focus` in order to give "
+"keyboard focus to the widget. Please note that editing can only happen when "
+"the widget is realized."
+msgstr ""
+"この関数はウィジェットにキーボード・フォーカスを与えるために :meth:"
+"`grab_focus` の後に呼び出すのが普通です。この場合、ウィジェットをリアライズし"
+"た後にのみ編集が可能になるので注意して下さい。 "
+
+# 1427c33abbc24c0b8b20b10e61c6ccd8
+#: ../source/iconview.txt:70
+msgid ""
+"Returns the current cursor path and cell. If the cursor isn't currently set, "
+"then path will be ``None``. If no cell currently has focus, then cell will "
+"be ``None``."
+msgstr ""
+"現在のカーソル位置を表すパスとフォーカスが与えられているセルを返します。カー"
+"ソルがセットされていない場合 *path* は ``None`` になります。セルにフォーカス"
+"が与えられていない場合は ``None`` になります。 "
+
+# f44580d88010420bb757cd6269b31644
+#: ../source/iconview.txt:74
+msgid ""
+"Calls a function for each selected icon. Note that the model or selection "
+"cannot be modified from within this method."
+msgstr ""
+"選択されているアイコンのオブジェクトを引数にして、それぞれ *func* を呼び出し"
+"ます。この *func* の中でアイコン・ビューが使用しているモデルや選択している範"
+"囲を変更することはできないので注意して下さい。"
+
+# b3b69b82bf96422ea78eb20d4f62958a
+#: ../source/iconview.txt:78
+msgid "Sets the :class:`Gtk.SelectionMode` of the :class:`Gtk.IconView`."
+msgstr ""
+"このアイコン・ビューの選択モードを :class:`Gtk.SelectionMode` にします。"
+
+# 89ba0b898224466ca3d96c6929f52e3f
+#: ../source/iconview.txt:82
+msgid "Gets the :class:`Gtk.SelectionMode` of the :class:`Gtk.IconView`."
+msgstr ""
+"このアイコン・ビューの選択モードを :class:`Gtk.SelectionMode` 型で返します。"
+
+# 50706a04d4ab4fe0826a801fa3793f3e
+#: ../source/iconview.txt:86
+msgid ""
+"Sets the \"item-orientation\" property which determines whether the labels "
+"are drawn beside the icons instead of below."
+msgstr ""
+"ラベルをアイコンの下ではなく横に描画するかどうかを決定する \"item-orientation"
+"\" プロパティを指定します。 "
+
+# 7e534ebdac764b5c882a020da4922447
+#: ../source/iconview.txt:90
+msgid ""
+"Returns the :class:`Gtk.Orientation` of the \"item-orientation\" property "
+"which determines whether the labels are drawn beside the icons instead of "
+"below."
+msgstr ""
+"ラベルをアイコンの下ではなく横に描画するかどうかを決定する \"item-orientation"
+"\" プロパティの :class:`Gtk.Orientation` を返します。"
+
+# 7bbdf048b72a403297c43c2217dd877c
+#: ../source/iconview.txt:94
+msgid ""
+"Sets the \"columns\" property which determines in how many columns the icons "
+"are arranged. If *columns* is -1, the number of columns will be chosen "
+"automatically to fill the available area."
+msgstr ""
+"アイコンを格納できる桁 (``カラム``) の総数を決定する \"columns\" プロパティを"
+"セットします。 *columns* を -1 にすると自動的に桁の総数を決定します (これは、"
+"アイコンを格納できる桁のうち空いている桁の総数を計算します)。"
+
+# 523fbdafd69842bd8b9d1b3eca25adbd
+#: ../source/iconview.txt:98
+msgid "Returns the value of the \"columns\" property."
+msgstr ""
+"このアイコン・ビューにセットされている \"columns\" プロパティの値を返します。"
+
+# 49bb8e86ea3f4bfc8df0ae637a0e8a70
+#: ../source/iconview.txt:102
+msgid ""
+"Sets the \"item-width\" property which specifies the width to use for each "
+"item. If it is set to -1, the icon view will automatically determine a "
+"suitable item size."
+msgstr "このアイコン・ビューに表示するアイテムの幅を表す \"item-width\" プロパティを指定します。この *item_width* を -1 にすると、アイコン・ビューが自動的に適切な幅を決定します。"
+
+# 07a5dc92ad8e49d5936a87843275bff7
+#: ../source/iconview.txt:106
+msgid "Returns the value of the \"item-width\" property."
+msgstr ""
+"このアイコン・ビューにセットされている \"item-width\" プロパティの値を返しま"
+"す。"
+
+# 1d472d8da8184b5f8dc7afb0d7831eba
+#: ../source/iconview.txt:110
+msgid ""
+"Sets the \"spacing\" property which specifies the space which is inserted "
+"between the cells (i.e. the icon and the text) of an item."
+msgstr ""
+"一個のアイテムにおいてアイコンとラベルの間に挿入する間隔を表す \"spacing\" プ"
+"ロパティを指定します。"
+
+# 6b35e9cf2c1a4d2fa450d930420399d1
+#: ../source/iconview.txt:114
+msgid ""
+"Sets the \"row-spacing\" property which specifies the space which is "
+"inserted between the rows of the icon view."
+msgstr ""
+"このアイコン・ビューの行 (``ロー``) と行との間に挿入する間隔を表す \"row-"
+"spacing\" プロパティを指定します。"
+
+# 1ec15a0e12084b749be664745fe164b6
+#: ../source/iconview.txt:118
+msgid "Returns the value of the \"row-spacing\" property."
+msgstr ""
+"このアイコン・ビューにセットされている \"row-spacing\" プロパティの値を返しま"
+"す。"
+
+# 35a073f2fc934ecab9acc69763e1f5c9
+#: ../source/iconview.txt:122
+msgid ""
+"Sets the \"column-spacing\" property which specifies the space which is "
+"inserted between the columns of the icon view."
+msgstr ""
+"このアイコン・ビューの桁 (``カラム``) と桁の間に挿入する間隔を表す \"column-"
+"spacing\" プロパティを指定します。"
+
+# 226960c6c74442b68ad22dde55118c88
+#: ../source/iconview.txt:126
+msgid "Returns the value of the \"column-spacing\" property."
+msgstr ""
+"このアイコン・ビューにセットされている \"column-spacing\" プロパティの値を返"
+"します。"
+
+# 5128d02423e448758e2ccff56d9481cc
+#: ../source/iconview.txt:130
+msgid ""
+"Sets the \"margin\" property which specifies the space which is inserted at "
+"the top, bottom, left and right of the icon view."
+msgstr ""
+"このアイコン・ビューの上下左右に挿入する間隔を表す \"margin\" プロパティを指"
+"定します。"
+
+# 2e7214cdcf4443a9acc784c6972c48d5
+#: ../source/iconview.txt:134
+msgid "Returns the value of the \"margin\" property."
+msgstr ""
+"このアイコン・ビューにセットされている \"mergin\" プロパティの値を返します。"
+
+# 4705dc71055b4a119aa3da8b65d571ab
+#: ../source/iconview.txt:138
+msgid ""
+"Sets the \"item-padding\" property which specifies the padding around each "
+"of the icon view's items."
+msgstr ""
+"このアイコン・ビューのアイテムの周囲に挿入する間隔を表す \"item-padding\" プ"
+"ロパティを指定します。"
+
+# a1821697a5034dc88b3f251240c143c1
+#: ../source/iconview.txt:142
+msgid "Returns the value of the \"item-padding property."
+msgstr ""
+"このアイコン・ビューにセットされている \"item-padding\" プロパティの値を返し"
+"ます。"
+
+# 383f41df563e442b9cf9a3954ed67d94
+#: ../source/iconview.txt:146
+msgid "Selects the row at *path*."
+msgstr "*path* にある行 (``ロー``) を選択状態にします。"
+
+# 260edb885ef14269b94f3e127e2b045a
+#: ../source/iconview.txt:150
+msgid "Unselects the row at *path*."
+msgstr "*path* にある行 (``ロー``) の選択状態を解除します。"
+
+# 8bf22dda56734636a2f1cea5177dfa10
+#: ../source/iconview.txt:154
+msgid ""
+"Returns ``True`` if the icon pointed to by *path* is currently selected. If "
+"*path* does not point to a valid location, ``False`` is returned."
+msgstr ""
+"*path* で表されるアイコンが選択状態の場合は ``TRUE`` を返します。もし *path* "
+"が妥当な場所を表していない場合はは ``FALSE`` を返します。"
+
+# b462a91c6c3d436d9c8f52c113ac5786
+#: ../source/iconview.txt:158
+msgid ""
+"Creates a list of paths of all selected items. Additionally, if you are "
+"planning on modifying the model after calling this function, you may want to "
+"convert the returned list into a list of :class:`Gtk.TreeRowReference <Gtk."
+"TreeRowReference>`."
+msgstr ""
+"このアイコン・ビューで現在選択されているアイテムのパスを要素とするリストを生"
+"成します。さらに、このメソッドを呼び出した後にモデルを変更する予定があるなら"
+"ば、返り値のリストを :class:`Gtk.TreeRowReference <Gtk.TreeRowReference>` 型"
+"のリストに変換する必要があります。"
+
+# dc0a77881eeb47999c0a9a62acbfb6da
+#: ../source/iconview.txt:162
+msgid ""
+"Selects all the icons. The :class:`Gtk.IconView` must has its selection mode "
+"set to :attr:`Gtk.SelectionMode.MULTIPLE`"
+msgstr ""
+"このアイコン・ビューに表示されている全てのアイコンを選択状態にします。あらか"
+"じめ :class:`Gtk.IconView` の選択モードを :attr:`Gtk.SelectionMode.MULTIPLE` "
+"にしておいて下さい。"
+
+# 93fdaeea916f422bb137d24a89f7cb67
+#: ../source/iconview.txt:166
+msgid "Unselects all the icons."
+msgstr "このアイコン・ビューに表示されている全てのアイコンの選択状態を解除します。"
+
+# d782c45adc8f441aac58bdd2365c540f
+#: ../source/iconview.txt:170
+msgid ""
+"Moves the alignments of :class:`Gtk.IconView` to the position specified by "
+"*path*. *row_align* determines where the row is placed, the *col_align* "
+"determines where *column* is placed. Both are expected to be between 0.0 and "
+"1.0. 0.0 means left/top alignment, 1.0 means right/bottom alignment, 0.5 "
+"means center."
+msgstr "このアイコン・ビューに表示されている内容を *path* で指定した行までスクロールした位置にあるアイテムにします。スクロールして表示する行 (``ロー``) を *row_align* で指定し、表示する桁 (``カラム``) を *col_align* で指定します。 *row_align* と *col_align* は共に 0.0〜1.0 の範囲で指定するものとします。ここで 0.0 はビューの左上隅を、1.0 は右下隅を、0.5 は真ん中をそれぞれ表すものとします。"
+
+# 5a6fb0da8b774ab5a743d76025d90518
+#: ../source/iconview.txt:172
+msgid ""
+"If *use_align* is ``False``, the the alignment arguments are ignored, and "
+"the tree does the minimum amount of work to scroll the item onto the screen. "
+"This means that the item will be scrolled to the edge closest to its current "
+"position. If the item is currently visible on the screen, nothing is done."
+msgstr "*use_align* を ``False`` にすると *row_align* と *col_align* の値を無視し、アイコン・ビューはセルを画面に表示するために最小限の移動量でスクロールされます。これは、セルの位置から最も近い端へスクロールされることを意味します。既にセルが画面上に表示されている場合は何も起こりません。 "
+
+# 9439598d1c0644219f992222247d5b11
+#: ../source/iconview.txt:174
+msgid ""
+"This function only works if the model is set, and *path* is a valid row on "
+"the model. If the model changes before the :class:`Gtk.IconView` is "
+"realized, the centered path will be modified to reflect this change."
+msgstr "このメソッドはモデルをセットし、 *path* がそのモデルの中にある妥当な行を指している場合にのみ正しく動作します。もしこの :class:`Gtk.IconView` をリアライズする前にモデルを変更した場合は、この変更を反映するために真ん中にあるセルが修正されます。"
+
+# 4c46bafc70fb4262bf13a54fc7ae473e
+#: ../source/iconview.txt:178
+msgid ""
+"Returns the first and last visible :class:`Gtk.TreePath`. Note that there "
+"may be invisible paths in between."
+msgstr "このアイコン・ビューで表示している :class:`Gtk.TreePath` の先頭と最後を返します。これらの間にあるパスは表示されていない場合があることに注意して下さい。"
+
+# ddd9de4e9f974dd789c1488fb52ad28c
+#: ../source/iconview.txt:182
+msgid ""
+"Sets the tip area of *tooltip* to be the area covered by the item at *path*. "
+"See also :meth:`set_tooltip_column` for a simpler alternative. See also :"
+"meth:`Gtk.Tooltip.set_tip_area`."
+msgstr "*path* が指すアイテムに対して *tooltip* を表示する範囲をセットします。もっと簡単な代用方法を提供する :meth:`Gtk.IconView.set_tooltip_column` メソッドも参照してみて下さい。また :meth:`Gtk.Tooltip.set_tip_area` メソッドも参照してみて下さい。"
+
+# acb4b80afebd46d8a28f5e6cfe486b47
+#: ../source/iconview.txt:186
+msgid ""
+"Sets the tip area of *tooltip* to the area which *cell* occupies in the item "
+"pointed to by *path*. See also :meth:`Gtk.Tooltip.set_tip_area`"
+msgstr "*path* が指すアイテムで *cell* が閉める領域に対して *tooltip* を表示する範囲をセットします。 :meth:`Gtk.Tooltip.set_tip_area` メソッドも参照してみて下さい。"
+
+# 5cda87e1f2c7471bbb0285f0dec02e9d
+#: ../source/iconview.txt:188
+msgid "See also :meth:`set_tooltip_column` for a simpler alternative."
+msgstr "さらに簡単に実現できる代替の :meth:`Gtk.IconView.set_tooltip_column` メソッドも参照してみて下さい。"
+
+# c81f8fe97b6a4fdd866c3108bb38af48
+#: ../source/iconview.txt:192
+msgid ""
+"This function is supposed to be used in a \"query-tooltip\" signal handler "
+"for :class:`Gtk.IconView`. The *x*, *y* and *keyboard_tip* values which are "
+"received in the signal handler, should be passed to this method without "
+"modification."
+msgstr "このメソッドは, :class:`Gtk.IconView` のシグナルである \"query-tooltip\" のハンドラの中で使用されることを想定しています。シグナル・ハンドラの引数として受け取る *x* と *y* と *keyboard_tip* は何も変更せずにこのメソッドに引き渡すようにして下さい。"
+
+# 35712f30871e4bf68bd3e10491b3856e
+#: ../source/iconview.txt:194
+msgid ""
+"The return value indicates whether there is an icon view item at the given "
+"coordinates (``True``) or not (``False``) for mouse tooltips. For keyboard "
+"tooltips the item returned will be the cursor item. When ``True``, then all "
+"of the items which have been returned will be set to point to that row and "
+"corresponding model. *x* and *y* will always be converted to be relative to "
+"the :class:`Gtk.IconView`'s bin_window if *keyboard_tooltip* is ``False``."
+msgstr "このメソッドは、マウスが指す位置 (*x*, *y*) にツールチップを持つアイテムが存在する (``True``) かしないか (``False``) を返します。キーボードによるツールチップに対しては、現在カーソルがあるアイテムが対象になります。返り値が ``True`` の場合、返される全てのアイテムはアイコン・ビューが持つモデルの中で対応する行 (``ロー``) を指すことが保証されます。引数の *x* と *y* は, *keyboard_tooltip* が ``False`` の時は常に :class:`Gtk.IconView` の bin_window 座標系における相対座標に変換されます。"
+
+# c73f64e4b62d48c483158f9fac31defc
+#: ../source/iconview.txt:198
+msgid ""
+"If you only plan to have simple (text-only) tooltips on full items, you can "
+"use this function to have :class:`Gtk.IconView` handle these automatically "
+"for you. *column* should be set to the column in the :class:`Gtk.IconView`'s "
+"model containing the tooltip texts, or -1 to disable this feature."
+msgstr "アイコン・ビューにある全てのアイテムに対してシンプルな文字列ベースのツールチップだけを使用したいというのであれば、このメソッドを使って自動的にそのように処理してくれる :class:`Gtk.IconView` を持つことができます。 *column* には :class:`Gtk.IconView` のモデルの中で、文字列のツールチップを持っている桁 (``カラム``) を指定するか、-1 を指定してこの機能自体を無効にして下さい。"
+
+# 6c4ed9a3c7044c6691cfa20b1719b3f5
+#: ../source/iconview.txt:200
+msgid ""
+"When enabled, \"has-tooltip\" will be set to ``True`` and :class:`Gtk."
+"IconView` will connect a \"query-tooltip\" signal handler."
+msgstr "この機能を有効にすると、\"has-tooltip\" というプロパティに ``True`` がセットされ, :class:`Gtk.IconView` が \"query-tooltip\" というシグナルのデフォルトのハンドラに接続されます。"
+
+# aba5dd7579a5439e8e59c71f3e191139
+#: ../source/iconview.txt:202
+msgid ""
+"Note that the signal handler sets the text with :meth:`Gtk.Tooltip."
+"set_markup`, so &, <, etc have to be escaped in the text."
+msgstr "そのシグナル・ハンドラは :meth:`Gtk.Tooltip.set_markup` を使ってツールチップに表示する文字列をセットしているので、& や < といった文字をそのまま表示したいのであれば文字列の中でそれぞれエスケープして下さい。"
+
+# 44e469b6308d4021bca9adfbc87b1c8d
+#: ../source/iconview.txt:206
+msgid ""
+"Returns the column of :class:`Gtk.IconView`'s model which is being used for "
+"displaying tooltips on :class:`Gtk.IconView`'s rows, or -1 if this is "
+"disabled."
+msgstr "この :class:`Gtk.IconView` のモデルの中で, :class:`Gtk.IconView`' の行 (``ロー``) でツールチップを表示する桁 (``カラム``) を返します。あるいはこの機能が無効ならば -1 を返します。"
+
+# da9984afb89d4215a7dfe9d52faa7abf
+#: ../source/iconview.txt:210
+msgid ""
+"Gets the row in which the item *path* is currently displayed. Row numbers "
+"start at 0."
+msgstr "現在表示されているアイテムのうち, *path* が指すアイテムがある行 (``ロー``) を返します。行数は 0 からカウントします。"
+
+# f22d3abfa3e84714a4a451fac0478ecb
+#: ../source/iconview.txt:214
+msgid ""
+"Gets the column in which the item *path* is currently displayed. Column "
+"numbers start at 0."
+msgstr "現在表示されているアイテムのうち, *path* が指すアイテムがある桁 (``カラム``) を返します。桁数は 0 からカウントします。"
+
+# 4a59a695302649dca633585aba8e6579
+#: ../source/iconview.txt:218
+msgid ""
+"Turns :class:`Gtk.IconView` into a drag source for automatic DND. Calling "
+"this method sets \"reorderable\" to ``False``."
+msgstr "この :class:`Gtk.IconView` を自動ドラッグ&ドロップ処理のドラッグ元にします。さらに \"reorderable\" プロパティに ``False`` をセットします。"
+
+# f304a4124b694306bd505ceeecb4fd77
+#: ../source/iconview.txt:222
+msgid ""
+"Turns :class:`Gtk.IconView` into a drop destination for automatic DND. "
+"Calling this method sets \"reorderable\" to ``False``."
+msgstr "この :class:`Gtk.IconView` を自動ドラッグ&ドロップ処理のドロップ先にします。さらに \"reorderable\" プロパティに ``False`` をセットします。"
+
+# 437d905ec4ed4faa8d0b9657fdbefbd2
+#: ../source/iconview.txt:226
+msgid ""
+"Undoes the effect of :meth:`enable_model_drag_source`. Calling this method "
+"sets \"reorderable\" to ``False``."
+msgstr ":meth:`Gtk.IconView.enable_model_drag_source` メソッドの呼び出し効果を無効にします。さらに \"reorderable\" プロパティに ``False`` をセットします。"
+
+# 4c6b0576097a42489cc09d11183dadd0
+#: ../source/iconview.txt:230
+msgid ""
+"Undoes the effect of :meth:`enable_model_drag_dest`. Calling this method "
+"sets \"reorderable\" to ``False``."
+msgstr ":meth:`Gtk.IconView.enable_model_drag_dest` メソッドの呼び出し効果を無効にします。さらに \"reorderable\" プロパティに ``False`` をセットします。"
+
+# cafad79c9f3f4b8187b7b9a2a05d9a38
+#: ../source/iconview.txt:234
+msgid ""
+"This method is a convenience method to allow you to reorder models that "
+"support the :class:`Gtk.TreeDragSource` and the :class:`Gtk.TreeDragDest` "
+"interfaces. Both :class:`Gtk.TreeStore` and :class:`Gtk.ListStore` support "
+"these. If *reorderable* is ``True``, then the user can reorder the model by "
+"dragging and dropping rows. The developer can listen to these changes by "
+"connecting the model's \"row_inserted\" and \"row_deleted\" signals. The "
+"reordering is implemented by setting up the icon view as drag source and "
+"destination. Therefore, drag and drop can not be used in a reorderable view "
+"for any other purpose."
+msgstr "このアイコン・ビューが使用するモデルを :class:`Gtk.TreeDragSource` と :class:`Gtk.TreeDragDest` 型のインタフェースをサポートし、その中にあるアイテムの並び替えを可能にします。 :class:`Gtk.TreeStore` と :class:`Gtk.ListStore` は共に、これらのインタフェースをサポートしています。 *reorderable* を ``True`` にすると、ユーザはドラッグ&ドロップすることで任意の行 (``ロー``) の順番を並び替えることができるようになります。アプリケーション側ではモデルの \"row-inserted\"\"row-deleted\" といったシグナルに接続しておくと、並び替えの変化を捕捉できます。このアイコン・ビューをドラッグ元またはドロップ先に指定することで、並び替えの処理が実装されます。その場合、ドラッグ&ドロップの機能を他の目的のために使用することはできません。"
+
+# 5c6ff490ed6b42d0b773019c9817317f
+#: ../source/iconview.txt:236
+msgid ""
+"This function does not give you any degree of control over the order -- any "
+"reordering is allowed. If more control is needed, you should probably handle "
+"drag and drop manually."
+msgstr "このメソッドは並び替えの制御の度合いを指定するものではありません -- どのような並び替えも可能です。さらなる制御が必要な場合は、ドラッグ&ドロップの処理を独自操作するような実装にする必要があるかもしれません。"
+
+# 26d00b8ca3d54356b8e720763154569e
+#: ../source/iconview.txt:240
+msgid ""
+"Retrieves whether the user can reorder the list via drag-and-drop. See :meth:"
+"`set_reorderable`."
+msgstr "このアイコン・ビューに対してユーザがドラッグ&ドロップを使って並び替えが可能かどうかを返します。 :meth:`Gtk.IconView.set_reorderable` メソッドも参照して下さい。"
+
+# 44171e8cfe404d848d8807ee22a1e343
+#: ../source/iconview.txt:244
+msgid "Sets the item that is highlighted for feedback."
+msgstr "指定したアイテムをドラッグしていることをユーザに知らせるために強調表示の状態にします。"
+
+# 149e261ce0134bef9e690a18037e566e
+#: ../source/iconview.txt:248
+msgid "Gets information about the item that is highlighted for feedback."
+msgstr "強調表示の状態になっているアイテムの情報を取得します。"
+
+# 066065d520814d7f8143af32a9d1b3e9
+#: ../source/iconview.txt:252
+msgid "Determines the destination item for a given position."
+msgstr "指定した位置 (*drag_x*, *drag_y*) がドロップ先になっているかどうかを返します。 "
+
+# 3d85590981f247a6bae3f7f4846331d8
+#: ../source/iconview.txt:256
+msgid ""
+"Creates a :class:`Cairo.Surface` representation of the item at *path*. This "
+"image is used for a drag icon."
+msgstr "*path* が指すアイテムをアイコンで表現するための :class:`Cairo.Surface` を生成します。この画像はドラッグ中であることを表すためのアイコンとして使用します。"
+
+# 9917e60d53dd4b48b388b9e1dbb12b49
+#: ../source/iconview.txt:259
+msgid "Example"
+msgstr "例"
View
4 translations/ja/install.po
@@ -8,7 +8,7 @@ msgstr ""
"Project-Id-Version: Python GTK+ 3 Tutorial 3.0\n"
"Report-Msgid-Bugs-To: \n"
"POT-Creation-Date: 2012-09-24 13:17\n"
-"PO-Revision-Date: 2012-09-25 10:14+0900\n"
+"PO-Revision-Date: 2012-10-07 22:15+0900\n"
"Last-Translator: Takeshi AIHANA <takeshi.aihana@gmail.com>\n"
"Language-Team: Japanese <takeshi.aihana@gmail.com>\n"
"MIME-Version: 1.0\n"
@@ -70,7 +70,7 @@ msgstr "PyGObject をソースからインストールする一番簡単な方
#
# [ERROR] Compile error is caused by when set '[#]_' as original
msgid "Once you have installed JHBuild successfully, download the latest configuration from [#]_. Copy files with the suffix `.modules` to JHBuild's module directory and the file `sample-tarball.jhbuildrc` to `~/.jhbuildrc`."
-msgstr "JHBuild のインストールが完了したら 、 `[1] <#id1>`_ から最新版の設定をダウンロードして下さい。拡張子として .modules が付与されているいくつかのファイルを JHBuild のモジュール・フォルダにコピーして sample-tarball.jhbuildrc というファイルを ~/.jhbuildrc にリネームします。 "
+msgstr "JHBuild のインストールが完了したら、 `[1] <#id1>`_ から最新版の設定をダウンロードして下さい。拡張子として .modules が付与されているいくつかのファイルを JHBuild のモジュール・フォルダにコピーして sample-tarball.jhbuildrc というファイルを ~/.jhbuildrc にリネームします。 "
#: ../source/install.txt:38
# b3a9233bb5ba492fb0c826d73aa8c20c
View
4 translations/ja/label.po
@@ -8,7 +8,7 @@ msgstr ""
"Project-Id-Version: Python GTK+ 3 Tutorial 3.0\n"
"Report-Msgid-Bugs-To: \n"
"POT-Creation-Date: 2012-09-24 13:17\n"
-"PO-Revision-Date: 2012-10-07 08:46+0900\n"
+"PO-Revision-Date: 2012-10-07 22:19+0900\n"
"Last-Translator: Takeshi AIHANA <takeshi.aihana@gmail.com>\n"
"Language-Team: Japanese <takeshi.aihana@gmail.com>\n"
"MIME-Version: 1.0\n"
@@ -48,7 +48,7 @@ msgstr ":class:`Gtk.Label` では、例えば文字を太字にしたり、色
#: ../source/label.txt:36
# e25a6fa484e2401bac70b2031d9a3d91
msgid "Labels may contain *mnemonics*. Mnemonics are underlined characters in the label, used for keyboard navigation. Mnemonics are created by providing a string with an underscore before the mnemonic character, such as \"_File\", to the functions :meth:`Gtk.Label.new_with_mnemonic` or :meth:`Gtk.Label.set_text_with_mnemonic`. Mnemonics automatically activate any activatable widget the label is inside, such as a :class:`Gtk.Button`; if the label is not inside the mnemonic's target widget, you have to tell the label about the target using :meth:`Gtk.Label.set_mnemonic_widget`."
-msgstr "ラベルにいろいろなニーモニック(*mnemonic*) を含める場合があります。ニーモニックはラベルの中では下線が引かれた文字として表示され、キーボードの操作で使用します。ニーモニックは、\"_File\" のようにニーモニックを表す文字の直前に下線を付けた文字列を :meth:`Gtk.Label.new_with_mnemonic` または :meth:`Gtk.Label.set_text_with_mnemonic` メソッドに引き渡すことで生成できます。ニーモニックは、例えば :class:`Gtk.Button` のような、ラベルをコンテンツに持つ全てのウィジェットで自動的に有効になります。もし、そのニーモニックが対象としているウィジェットがラベルの中に存在しなかったら、そのラベルに対して :meth:`Gtk.Label.set_mnemonic_widget` メソッドを使って、対象となるオブジェクトについてラベルに問い合わせる必要があります。"
+msgstr "ラベルにいろいろな ``ニーモニック`` (*mnemonic*) を含める場合があります。ニーモニックはラベルの中では下線が引かれた文字として表示され、キーボードの操作で使用します。ニーモニックは、\"_File\" のようにニーモニックを表す文字の直前に下線を付けた文字列を :meth:`Gtk.Label.new_with_mnemonic` または :meth:`Gtk.Label.set_text_with_mnemonic` メソッドに引き渡すことで生成できます。ニーモニックは、例えば :class:`Gtk.Button` のような、ラベルをコンテンツに持つ全てのウィジェットで自動的に有効になります。もし、そのニーモニックが対象としているウィジェットがラベルの中に存在しなかったら、そのラベルに対して :meth:`Gtk.Label.set_mnemonic_widget` メソッドを使って、対象となるオブジェクトについてラベルに問い合わせる必要があります。"
#: ../source/label.txt:47
# 46418ab06d0b405d9aacfe0223086f52
View
372 translations/ja/menus.po
@@ -0,0 +1,372 @@
+# Japanese translation for menus.txt in PyGObject-Tutorial.
+# Copyright (C) GNU Free Documentation License 1.3
+# This file is distributed under the same license as the Python GTK+ 3 Tutorial package.
+# Takeshi AIHANA <takeshi.aihana@gmail.com>, 2012.
+#
+msgid ""
+msgstr ""
+"Project-Id-Version: Python GTK+ 3 Tutorial 3.4\n"
+"Report-Msgid-Bugs-To: \n"
+"POT-Creation-Date: 2012-11-08 08:10\n"
+"PO-Revision-Date: 2012-11-22 09:31+0900\n"
+"Last-Translator: Takeshi AIHANA <takeshi.aihana@gmail.com>\n"
+"Language-Team: Japanese <takeshi.aihana@gmail.com>\n"
+"MIME-Version: 1.0\n"
+"Content-Type: text/plain; charset=UTF-8\n"
+"Content-Transfer-Encoding: 8bit\n"
+
+#: ../source/menus.txt:2
+# 5bb3b3f7925c421f8c1d64a86691fc12
+msgid "Menus"
+msgstr "メニュー"
+
+#: ../source/menus.txt:4
+# bda8174b26d04c36b893b30f4f319e10
+msgid "GTK+ comes with two different types of menus, :class:`Gtk.MenuBar` and :class:`Gtk.Toolbar`. :class:`Gtk.MenuBar` is a standard menu bar which contains one or more :class:`Gtk.MenuItem` instances or one of its subclasses. :class:`Gtk.Toolbar` widgets are used for quick accessibility to commonly used functions of an application. Examples include creating a new document, printing a page or undoing an operation. It contains one or more instances of :class:`Gtk.ToolItem` or one of its subclasses."
+msgstr "GTK+ には :class:`Gtk.MenuBar` (``メニューバー``) と :class:`Gtk.Toolbar` (``ツールバー``) の二種類のメニューが実装されています。 :class:`Gtk.MenuBar` は標準的なメニュー・バーで、一個以上の :class:`Gtk.MenuItem` (``メニュー項目``) クラス、またはそのサブクラスのインスタンスが格納されます。 :class:`Gtk.Toolbar` 型のウィジェットは任意のアプリケーションでよく利用する機能に素早くアクセスしてもらうために使用します。例えば、新しいドキュメントを作成したり、ページを印刷したり、なにか適用した操作を元に戻すなどがあります。このウィジェットには一個以上の :class:`Gtk.ToolItem` クラス、またはそのサブクラスのインスタンスが格納されます。"
+
+#: ../source/menus.txt:13
+# 8f2d8c8e8ab04f9883aeb5cae5aea2ba
+msgid "Actions"
+msgstr "いろいろなアクション"
+
+#: ../source/menus.txt:15
+# 9a8a7f2ab24c4bdbb5229c219cafb2d0
+msgid "Although, there are specific APIs to create menus and toolbars, you should use :class:`Gtk.UIManager` and create :class:`Gtk.Action` instances. Actions are organised into groups. A :class:`Gtk.ActionGroup` is essentially a map from names to :class:`Gtk.Action` objects. All actions that would make sense to use in a particular context should be in a single group. Multiple action groups may be used for a particular user interface. In fact, it is expected that most non-trivial applications will make use of multiple groups. For example, in an application that can edit multiple documents, one group holding global actions (e.g. quit, about, new), and one group per document holding actions that act on that document (eg. save, cut/copy/paste, etc). Each window's menus would be constructed from a combination of two action groups."
+msgstr "メニューとツールバーを生成するための専用の API がいくつかありますが, :class:`Gtk.UIManager` を使って :class:`Gtk.Action` (``アクション``) 型のインスタンスを生成して下さい。それらのウィジェットに対するアクションはいくつかのグループに体系化されています。例えば :class:`Gtk.ActionGroup` クラスは原則的にメニュー・ウィジェットの名前から :class:`Gtk.Action` 型のオブジェクトにマッピングします。特定のコンテキストの中で使用することが分かっているアクションは、すべて単一のグループに登録して下さい。複数のアクションを含むグループは特定のユーザ・インタフェースで利用される場合があります。実際のところ、そのようなグループは複雑なアプリケーションで利用されることが想定されています。例えば複数のドキュメントを編集することができるアプリケーションの中で、あるグループがアプリケーション規模でのアクション (アプリケーションを終了したり、アプリケーションの情報を表示したり、ドキュメントを新規に生成するなど) を持ち、ドキュメント毎にグループを用意してドキュメント規模でのアクション (保存したり、選択範囲の切り取り/コピー/貼り付けを行うなど) を持ちます。各ウィンドウのメニューは二つのアクション・グループを組み合わせて生成されます。"
+
+#: ../source/menus.txt:27
+# 369ff6bb238b4b6b870b05a28aa6a0b8
+msgid "Different classes representing different types of actions exist:"
+msgstr "いろいろな種類のアクションを表すクラスがそれぞれ提供されています::"
+
+#: ../source/menus.txt:29
+# 96eb2a04643f411e9be1e7dce244130a
+msgid ":class:`Gtk.Action`: An action which can be triggered by a menu or toolbar item"
+msgstr ":class:`Gtk.Action`: メニューまたはツールバーの項目から実行することが可能なアクション"
+
+#: ../source/menus.txt:31
+# 901945ded98843749ff70fae6bd1e1cb
+msgid ":class:`Gtk.ToggleAction`: An action which can be toggled between two states"
+msgstr ":class:`Gtk.ToggleAction`: 二つの状態を切り替えることが可能なアクション"
+
+#: ../source/menus.txt:32
+# 14a2ed24089c43bfb7851737b93217e6
+msgid ":class:`Gtk.RadioAction`: An action of which only one in a group can be active"
+msgstr ":class:`Gtk.RadioAction`: グループの中でどれか一つだけ有効にすることが可能なアクション"
+
+#: ../source/menus.txt:34
+# aeb7a20785c84b29830d0408f561b6d8
+msgid ":class:`Gtk.RecentAction`: An action of which represents a list of recently used files"
+msgstr ":class:`Gtk.RecentAction`: 「最近開いたファイル」の一覧を表示するアクション"
+
+#: ../source/menus.txt:37
+# a4746e3b7e16487088abf9091184f9d5
+msgid "Actions represent operations that the user can be perform, along with some information how it should be presented in the interface, including its name (not for display), its label (for display), an accelerator, whether a label indicates a :ref:`stock item <stock-items>`, a tooltip, as well as the callback that is called when the action gets activated."
+msgstr "これらのアクションはそれぞれユーザが実行できる操作を表すと共に、そのアクションの名前や表示用のラベルを含むユーザ・インタフェースとして表示のされ方、アクセラレータ、ラベルに :ref:`ストック・アイテム <stock-items>` を表示するかどうか、ツールチップ、さらにはこのアクションが指定された時に呼びされるコールバック関数などの情報が含まれています。"
+
+#: ../source/menus.txt:43
+# b2b8962f91d74725a92f4bf927279a70
+msgid "You can create actions by either calling one of the constructors directly and adding them to a :class:`Gtk.ActionGroup` by calling :meth:`Gtk.ActionGroup.add_action` or :meth:`Gtk.ActionGroup.add_action_with_accel`, or by calling one of the convenience functions:"
+msgstr "これらのアクションを生成するには、それぞれコンストラクタを直接呼び出してアクションを生成し :meth:`Gtk.ActionGroup.add_action` や :meth:`Gtk.ActionGroup.add_action_with_accel` を使って :class:`Gtk.ActionGroup` に追加するか、もしくは次に示すような簡易メソッドを呼び出します::"
+
+#: ../source/menus.txt:48
+# 467c5b8985bd49149635c3a832801641
+msgid ":meth:`Gtk.ActionGroup.add_actions`,"
+msgstr ":meth:`Gtk.ActionGroup.add_actions`"
+
+#: ../source/menus.txt:49
+# a9baa20b3f1a42718b8e2fe69fd56f29
+msgid ":meth:`Gtk.ActionGroup.add_toggle_actions`"
+msgstr ":meth:`Gtk.ActionGroup.add_toggle_actions`"
+
+#: ../source/menus.txt:50
+# a5a6e00d932d41ff8518e2d5872ed9ff
+msgid ":meth:`Gtk.ActionGroup.add_radio_actions`."
+msgstr ":meth:`Gtk.ActionGroup.add_radio_actions`"
+
+#: ../source/menus.txt:52
+# 35ba8d62fdc54cf6bbca92afb2274b3a
+msgid "Note that you must specify actions for sub menus as well as menu items."
+msgstr "なお、メニュー項目の他にサブ・メニューのアクションも指定する必要があるので注意して下さい。"
+
+#: ../source/menus.txt:55
+# 24c73f1f467d4b8baaae84f9f7dab487
+msgid "Action Objects"
+msgstr "アクションのオブジェクト"
+
+#: ../source/menus.txt:59
+# 12919fc02e5f43a79168feb6b359d8a8
+msgid "*name* must be a unique name of the action."
+msgstr "*name* は、このアクションを表す重複しない名前にして下さい。"
+
+#: ../source/menus.txt:61
+# ef9f26eac51144479a7654445b87015e
+msgid "If *label* is not ``None``, it is displayed in menu items and on buttons."
+msgstr "*label* が ``None`` でなければ、メニュー項目とボタンに表示されます。"
+
+#: ../source/menus.txt:63
+# 80f95c4c92cb47658380439609ba69ab
+msgid "If *tooltip* is not ``None``, it is used as tooltip for the action."
+msgstr "*tooltip* が ``None`` でなければ、アクションのツールチップとして使用します。"
+
+#: ../source/menus.txt:65
+# 7bc0e219d1c84a62a3c302d5d33b0955
+msgid "If *stock_id* is not ``None``, it is used to lookup the :ref:`stock item <stock-items>` to display in widgets representing the action."
+msgstr "*stock_id* が ``None`` でなければ、アクションを表すウィジェットの中に表示する :ref:`ストック・アイテム <stock-items>` を検索する際にこのデータを使用します。"
+
+#: ../source/menus.txt:71
+# 48e7ad3bc11d4c36aad846abbc6b5444
+msgid "The arguments are the same as for the :class:`Gtk.Action` constructor."
+msgstr "引数は :class:`Gtk.Action` クラスのコンストラクタと同じです。"
+