Vagrant + Oracle Linux 7 + Oracle Database 12c Release 2 (12.2.0.1) シングル環境の簡易セットアップ
Switch branches/tags
Nothing to show
Clone or download
Fetching latest commit…
Cannot retrieve the latest commit at this time.
Permalink
Failed to load latest commit information.
.gitignore Change the setting to be customizable by using the template engine May 22, 2018
LICENSE Add license file Mar 15, 2017
README.md
Vagrantfile
db_install.rsp.mo Change the setting to be customizable by using the template engine May 22, 2018
dbca.rsp.mo Change the setting to be customizable by using the template engine May 22, 2018
dotenv.sample Change the setting to be customizable by using the template engine May 22, 2018
provision.sh Split provisioning script for portability Mar 14, 2017
setup.sh

README.md

vagrant-oracle12.2

Vagrant + Oracle Linux 7 + Oracle Database 12c Release 2 (12.2.0.1) シングル環境の簡易セットアップ。

ダウンロード

Oracle Database 12c Release 2 (12.2.0.1)のソフトウェアをOracle Technology Networkからダウンロードし、Vagrantfileと同じディレクトリに展開。展開するとdatabaseというサブディレクトリになるはず。

  • linuxx64_12201_database.zip

環境変数の設定

dotenv.sampleというファイルを.envという名前のファイルにコピーし、必要に応じて内容を書き換える。

ORACLE_BASE=/u01/app/oracle
ORACLE_CHARACTERSET=AL32UTF8
ORACLE_EDITION=EE
ORACLE_HOME=/u01/app/oracle/product/12.2.0.1/dbhome_1
ORACLE_PASSWORD=oracle
ORACLE_PDB=pdb1
ORACLE_SID=orcl

Vagrant設定

プロキシを利用する必要がある場合、まずvagrant-proxyconfをインストールし、vagrant-proxyconf用の環境変数を設定しておく。

ホストがmacOS or Linuxの場合

export http_proxy=http://proxy.example.com:80
export https_proxy=http://proxy.example.com:80
vagrant plugin install vagrant-proxyconf

export VAGRANT_HTTP_PROXY=http://proxy.example.com:80
export VAGRANT_HTTPS_PROXY=http://proxy.example.com:80
export VAGRANT_FTP_PROXY=http://proxy.example.com:80
export VAGRANT_NO_PROXY=localhost,127.0.0.1

ホストがWindowsの場合

SET http_proxy=http://proxy.example.com:80
SET https_proxy=http://proxy.example.com:80
vagrant plugin install vagrant-proxyconf

SET VAGRANT_HTTP_PROXY=http://proxy.example.com:80
SET VAGRANT_HTTPS_PROXY=http://proxy.example.com:80
SET VAGRANT_FTP_PROXY=http://proxy.example.com:80
SET VAGRANT_NO_PROXY=localhost,127.0.0.1

セットアップ

vagrant upを実行すると、内部的に以下が動く。

  • Oracle Linux 7のダウンロードと起動
  • Oracle Preinstallation RPMのインストール
  • ディレクトリの作成
  • 環境変数の設定
  • oracleユーザーのパスワード設定
  • Oracle Databaseのインストール
  • リスナーの作成
  • データベースの作成
vagrant up

動作確認

ゲストOSに接続する。

vagrant ssh

ルートに接続する。

sudo su - oracle
sqlplus system/oracle
SHOW CON_NAME

PDBに接続し、サンプル表を確認する。

sqlplus system/oracle@localhost/pdb1
SHOW CON_NAME
SELECT * FROM hr.employees WHERE rownum <= 10;

Author

Shinichi Akiyama

License

MIT License