Skip to content

@voluntas voluntas released this Aug 16, 2019 · 12 commits to develop since this release

  • [UPDATE] nlohmann/json を v3.7.0 にアップデートする
  • [UPDATE] Raspbian Buster に対応
  • [UPDATE] libwebrtc M77 コミットポジションを 6 にする
    • libwebrtc のハッシュは 71e2db7296a26c6d9b18269668d74b764a320680
    • @voluntas
  • [UPDATE] libwebrtc M77 コミットポジションを 3 にする
    • libwebrtc のハッシュは 3d8e627cb5893714a66082544d562cbf4a561515
    • @voluntas
  • [UPDATE] libwebrtc M76 コミットポジションを 3 にする
    • libwebrtc のハッシュは 9863f3d246e2da7a2e1f42bbc5757f6af5ec5682
    • @voluntas
  • [UPDATE] I420 の時にもハードウェアでリサイズする
  • [UPDATE] libwebrtc M77 に対応する
    • libwebrtc のハッシュは 3d8e627cb5893714a66082544d562cbf4a561515
    • @kdxu
  • [ADD] Raspberry Pi 向けに --use-native オプションを追加しました
    • USB カメラ用で MJPEG をハードウェアデコードします
    • @tnoho
  • [ADD] Raspberry Pi 向けに --force-i420 オプションを追加しました
    • Raspberry Pi 専用カメラ用で MJPEG を使えないため HD 以上の解像度でも MJPEG にせず強制的に I420 でキャプチャーする
    • @tnoho
  • [ADD] Ayame のサブコマンドに --signaling-key を追加する
  • [ADD] Ayame 利用時に iceServers の払い出しに対応する
    • 独自の STUN/TURN が利用可能になる
    • @kdxu @tnoho
  • [CHANGE] Ayame のサブコマンドで client id を optional に指定できるように修正する
  • [CHANGE] ./momo p2p を ./momo test に変更する
  • [FIX] Ayame の candidate 交換の際の JSON スキーマが間違っていたのを修正する
  • [FIX] Ayame の sdp 交換の際の type が answer 固定になっていたのを修正する
  • [FIX] Ayame で peer connection 生成後に createOffer して send する実装が漏れていたので追加する
  • [FIX] Ayame で momo を起動したあとに映像を受信できない場合が発生するのバグを修正する
  • [FIX] Raspberry Pi でハードウェアエンコーダを利用した際に再接続できなくなることがある問題の修正
  • [FIX] libwebrtc M77 で作成した armv6 バイナリがクラッシュしてしまう問題の対策
  • [FIX] macOS 版 Momo で VideoToolbox 利用時の解像度変更時に落ちる問題の修正
  • [FIX] macOS 版がビルドは成功するが動作させようとするとセグメンテーションフォルトする問題の修正
  • [FIX] Raspberry Pi でハードウェアエンコーダを利用した際にGPUのメモリを食いつぶしてしまう問題の修正
Assets 4

@voluntas voluntas released this Jul 6, 2019 · 124 commits to develop since this release

  • [UPDATE] Raspberry Pi の H.264 を MMAL を利用したハードウェアエンコードに変更する
    • 720p 30fps や 1080p 20fps を可能にする
  • [UPDATE] libwebrtc を M75 に上げる
    • libwebrtc のハッシュは 159c16f3ceea1d02d08d51fc83d843019d773ec6
  • [UPDATE] libwebrtc を M76 に上げる
    • libwebrtc のハッシュは d91cdbd2dd2969889a1affce28c89b8c0f8bcdb7
  • [UPDATE] Unified Plan に対応する
  • [UPDATE] no-audio 時に AudioDevice を無効化するよう変更
  • [UPDATE] CLI11 を v1.8.0 にアップデートする
  • [UPDATE] JSON v3.6.1 にアップデートする
  • [UPDATE] macOS のビルドドキュメントを独立させる
  • [UPDATE] doc/CACHE.md を削除
    • make PACKAGE.clean にてビルドキャッシュの削除が可能になったため
  • [UPDATE] audio/video の共通オプションを sora のオプションに移動する
    • Momo 側ではコーデックやビットレートは指定できない
    • p2p の場合は HTML で sdp を切り替えている
    • --audio-codec
    • --audio-bitrate
    • --video-codec
    • --video-bitrate
  • [UPDATE] WebRTC Signaling Server Ayame 19.07.0 に追従する
  • [ADD] WebRTC Signaling Server Ayame に対応しました
  • [ADD] Circle CI で Linux 版を毎日 22:00 に自動ビルドする
  • [ADD] Circle CI で macOS 版を毎週日曜日 22:00 に自動ビルドする
  • [FIX] macOS でデバイスがつかめなくなっていたのを修正する
    • ただし --fixed-resolution 必須
  • [FIX] ROS 対応がビルドできなくなっていたのを修正する
Assets 4

@Hexa Hexa released this Mar 13, 2019 · 280 commits to develop since this release

  • [CHANGE] ビルド時のターゲットとオプション、パッケージの作成先を変更する
  • [CHANGE] ROS Audio に対応する
    • 別ノードから送られてきたオーディオを使用するように変更
  • [UPDATE] 利用している libwebrtc のライブラリを M73 にする
  • [UPDATE] webrtc.js / p2p.html のリファクタリング
  • [UPDATE] Momo の前段にリバースプロキシ等を設置して https でアクセス可能にした場合でも、wss で接続できるように webrtc.js を変更する
  • [UPDATE] STUN サーバの URL の指定を url から urls に変更する
  • [FIX] カメラがない環境で起動させるとセグフォが起きるのを修正する
  • [FIX] ARM ROS 版で H.264 配信の場合はハードウェアエンコーダを使用するように修正する
Assets 8

@Hexa Hexa released this Jan 22, 2019 · 373 commits to develop since this release

  • [ADD] Ubuntu 16.04 ARMv7 ROS 対応
Assets 2

@Hexa Hexa released this Dec 25, 2018 · 389 commits to develop since this release

  • [ADD] ROS 対応
  • [CHANGE] ビルド時のターゲットと、パッケージのファイル名を変更する
  • [CHANGE] p2p モードの切断後に自動的に window が閉じられないようにする
  • [UPDATE] Boost 1.69.0 にアップデートする
  • [UPDATE] CLI11 v1.6.2 にアップデートする
  • [UPDATE] JSON v3.4.0 にアップデートする
  • [CHANGE] x86_64, armv8 の場合は H264 を指定できないようにする
Assets 2

@Hexa Hexa released this Dec 3, 2018 · 460 commits to develop since this release

  • [ADD] 解像度を固定するオプションを追加する
  • [FIX] WebSocket の分かれているべきフレームがくっついていたのを修正した
Assets 2

@voluntas voluntas released this Nov 16, 2018 · 471 commits to develop since this release

  • [UPDATE] 利用している libwebrtc のライブラリを M71 にする
  • [UPDATE] websocketpp と civietweb を Boost.beast に置き換える
  • [FIX] --metadata を Sora のみのオプションにする
  • [FIX] P2P のオプションに --document-root を追加する
  • [FIX] P2P モードで Web サーバが立ち上がった場合カレントディレクトリを晒さないようにする
  • [FIX] --auido-bitrate を指定した場合に、--auido-bitrate に指定したビットレートがビデオのビットレートとして扱われる問題を修正
Assets 2
Pre-release

@voluntas voluntas released this Nov 14, 2018 · 486 commits to develop since this release

  • [UPDATE] websocketpp と civietweb を Boost.beast に置き換える
Assets 2

@voluntas voluntas released this Oct 29, 2018 · 494 commits to develop since this release

正式リリース

  • [ADD] Momo を Apache License 2.0 でオープンソース化
  • [ADD] libwebrtc M70 対応
  • [ADD] Ubuntu 18.04 x86_64 対応
    • Ubuntu 18.04 x86_64 向けのバイナリの提供
  • [ADD] Ubuntu 16.04 ARMv8 対応
    • Ubuntu 16.04 ARMv8 向けのバイナリの提供
    • PINE64 の Rock64 対応
  • [ADD] Raspberry Pi 3 B/B+ 対応
    • Raspberry Pi 3 B/B+ 向け ARMv7 バイナリの提供
    • Raspberry Pi 3 B/B+ 向け H.264 HWA 対応
  • [ADD] Raspberry Pi Zero W/WH 対応
    • Raspberry Pi Zero W/WH 向け ARMv6 バイナリの提供
    • Raspberry Pi Zero W/WH 向け H.264 HWA 対応
  • [ADD] 優先オプション
    • この機能は実験的機能です
    • フレームレートか解像度のどちらを優先するか指定可能
  • [ADD] 解像度指定オプション
    • QVGA、VGA、HD、FHD、4K
  • [ADD] フレームレート指定オプション
    • 1-60
  • [ADD] ビデオを利用しないオプション
  • [ADD] オーディオを利用しないオプション
  • [ADD] ビデオコーデック指定オプション
  • [ADD] オーディオコーデック指定オプション
  • [ADD] デーモン化オプション
    • Systemd の利用を推奨
  • [ADD] ログレベル
  • [ADD] P2P 機能
  • [ADD] WebRTC SFU Sora 18.10.0 対応
Assets 2
Pre-release

@voluntas voluntas released this Oct 26, 2018 · 498 commits to develop since this release

  • [ADD] 4K の配信にに対応する
    • armv6, armv7 にも対応はしているが、現時点で Raspberry Pi で配信はマシンパワー不足のためできない
Assets 2
You can’t perform that action at this time.