[DEPRECATED] SHIRASAGI OpenData Plugin
Switch branches/tags
Nothing to show
Clone or download
Fetching latest commit…
Cannot retrieve the latest commit at this time.
Permalink
Type Name Latest commit message Commit time
Failed to load latest commit information.
.travis.d
app
bin
config
db
lib
log
private
public
spec
vendor
.codeclimate.yml
.coveralls.yml
.gitattributes
.gitignore
.rspec
.rubocop.yml
.rubocop_todo.yml
.tachikoma.yml
.travis.yml
Gemfile
Gemfile.lock
Guardfile
MIT-LICENSE
README.md
Rakefile
config.ru

README.md

SHIRASAGI OpenData Plugin

This plugin had integrated into shirasagi/shirasaig. Please use shirasagi/shirasaig instead of using this plugin because this plugin had been deprecated.

本プロジェクトで提供していたオープンデータプラグインは shirasagi/shirasaig に統合されました。 本プロジェクトは Deprecated となりましたので、新規に利用される際は、shirasagi/shirasaig を利用してください。

SHIRASAGI is Contents Management System. OpenData Plugin provides Data Catalog, Application Market, Idea Box.

Code Status

Build Status Code Climate Coverage Status Inline docs Gitter Stories in Ready

Platform

  • CentOS, Ubuntu
  • Ruby 2.2
  • Ruby on Rails 4
  • MongoDB 3

Documentation

Installation

パッケージのダウンロード

$ su -
# yum -y install wget git ImageMagick ImageMagick-devel

MongoDB のインストール

Official installation

# vi /etc/yum.repos.d/CentOS-Base.repo
[mongodb-org-3.0]
name=MongoDB Repository
baseurl=http://repo.mongodb.org/yum/redhat/$releasever/mongodb-org/3.0/x86_64/
gpgcheck=0
enabled=0
# yum install -y --enablerepo=mongodb-org-3.0 mongodb-org
# systemctl start mongod
# systemctl enable mongod

[ CentOS 6 ]
/sbin/service mongod start
/sbin/chkconfig mongod on

Ruby(RVM) のインストール

# gpg2 --keyserver hkp://keys.gnupg.net --recv-keys D39DC0E3
# \curl -sSL https://get.rvm.io | sudo bash -s stable
# source /etc/profile
# rvm install 2.2.2
# rvm use 2.2.2 --default
# gem install bundler

ダウンロード

SHIRASAGI

$ git clone -b stable --depth 1 https://github.com/shirasagi/shirasagi /var/www/shirasagi

オープンデータプラグイン

$ git clone -b stable --depth 1 https://github.com/shirasagi/opendata /var/www/shirasagi

オープンデータプラグインは、SHIRASAGI の機能に加え、データカタログや RDF 変換等の機能を含んでいます。 オープンデータに関する機能をご利用の場合はこちらのソースコードのみをダウンロードしてください。

Web サーバの起動

$ cd /var/www/shirasagi
$ cp -n config/samples/*.{yml,rb} config/
$ bundle install
$ rake unicorn:start

http://localhost:3000/.mypage にアクセスするとログイン画面が表示されます。

ふりがな機能のインストール

# cd /usr/local/src
# wget http://mecab.googlecode.com/files/mecab-0.996.tar.gz \
    http://mecab.googlecode.com/files/mecab-ipadic-2.7.0-20070801.tar.gz \
    http://mecab.googlecode.com/files/mecab-ruby-0.996.tar.gz \
    https://raw.githubusercontent.com/shirasagi/shirasagi/stable/vendor/mecab/mecab-ipadic-2.7.0-20070801.patch

# cd /usr/local/src
# tar xvzf mecab-0.996.tar.gz && cd mecab-0.996
# ./configure --enable-utf8-only && make && make install

# cd /usr/local/src
# tar xvzf mecab-ipadic-2.7.0-20070801.tar.gz && cd mecab-ipadic-2.7.0-20070801
# patch -p1 < ../mecab-ipadic-2.7.0-20070801.patch
# ./configure --with-charset=UTF-8 && make && make install

# cd /usr/local/src
# tar xvzf mecab-ruby-0.996.tar.gz && cd mecab-ruby-0.996
# ruby extconf.rb && make && make install

# echo "/usr/local/lib" >> /etc/ld.so.conf
# ldconfig

mecab ビルド後に ldconfig が必要なケースがあります。

音声読み上げ機能のインストール

# cd /usr/local/src
# wget http://downloads.sourceforge.net/hts-engine/hts_engine_API-1.08.tar.gz \
    http://downloads.sourceforge.net/open-jtalk/open_jtalk-1.07.tar.gz \
    http://downloads.sourceforge.net/lame/lame-3.99.5.tar.gz \
    http://downloads.sourceforge.net/sox/sox-14.4.1.tar.gz

# cd /usr/local/src
# tar xvzf hts_engine_API-1.08.tar.gz && cd hts_engine_API-1.08
# ./configure && make && make install

# cd /usr/local/src
# tar xvzf open_jtalk-1.07.tar.gz && cd open_jtalk-1.07
# sed -i "s/#define MAXBUFLEN 1024/#define MAXBUFLEN 10240/" bin/open_jtalk.c
# sed -i "s/0x00D0 SPACE/0x000D SPACE/" mecab-naist-jdic/char.def
# ./configure --with-charset=UTF-8 && make && make install

# cd /usr/local/src
# tar xvzf lame-3.99.5.tar.gz && cd lame-3.99.5
# ./configure && make && make install

# cd /usr/local/src
# tar xvzf sox-14.4.1.tar.gz && cd sox-14.4.1
# ./configure && make && make install

# ldconfig

新規サイトの作成

カレントディレクトリを移動

$ cd /var/www/shirasagi

データベースの作成(インデックスの作成)

$ rake db:drop
$ rake db:create_indexes

管理者ユーザーの作成

$ rake ss:create_user data='{ name: "システム管理者", email: "sys@example.jp", password: "pass" }'

サイトの作成

$ rake ss:create_site data='{ name: "サイト名", host: "www", domains: "localhost:3000" }'

以上の操作でサイトを構築するための最低限のデータが作成できました。 雛形となるサイトのデータセットが必要な場合は、次節のサンプルデータをご利用ください。

サンプルデータ

ユーザー/グループデータのインポート

$ rake db:seed name=users site=www

サイトデータのインポート

サイトデータはご利用に合わせていずれかをインポートしてください。 サイトデータの詳細はオンラインデモをご確認ください。

自治体サンプル

$ rake db:seed name=demo site=www

企業サンプル

$ rake db:seed name=company site=www

オープンデータサンプル(オープンデータプラグインのみ)

$ rake db:seed name=opendata site=www

サイトデータの登録に失敗する方やログイン出来ない方は、 shirasagi/opendatagit clone しているかどうか確認して下さい。

サイトの確認

http://localhost:3000/.mypage から admin@example.jp, pass のアカウントでログインし、 サイト名をクリックすると、登録したデモデータを確認・編集することができます。