Ruby JavaScript HTML CSS Shell
Clone or download

README.md

SHIRASAGI

SHIRASAGI is Contents Management System.

Code Status

Build Status Code Climate Coverage Status GitHub version Inline docs Gitter Stories in Ready

Documentation

Platform

  • CentOS, Ubuntu
  • Ruby 2.4
  • Ruby on Rails 4
  • MongoDB 3
  • Unicorn

Installation (Auto)

  • CentOS7の環境で実行してください。
  • 一般ユーザーで実行する場合は、sudoが利用できることを確認してください。
  • パラメーターの"example.jp"には、ブラウザでアクセスする際のドメイン名または、IPアドレスを指定してください。
$ su - user-which-executes-shirasagi-server
$ curl https://raw.githubusercontent.com/shirasagi/shirasagi/master/bin/install.sh | bash -s example.jp

Installation (CentOS 7)

拡張機能(ふりがな、読み上げ、オープンデータ等)や詳細なインストール手順は開発マニュアルをご確認ください。

パッケージのダウンロード

$ su -
# yum -y install wget git ImageMagick ImageMagick-devel

MongoDB のインストール

# vi /etc/yum.repos.d/mongodb-org-3.4.repo
[mongodb-org-3.4]
name=MongoDB Repository
baseurl=https://repo.mongodb.org/yum/redhat/$releasever/mongodb-org/3.4/x86_64/
gpgcheck=1
enabled=0
gpgkey=https://www.mongodb.org/static/pgp/server-3.4.asc
# yum install -y --enablerepo=mongodb-org-3.4 mongodb-org
# systemctl start mongod
# systemctl enable mongod

Ruby(RVM) のインストール

# curl -sSL https://rvm.io/mpapis.asc | gpg2 --import -
# \curl -sSL https://get.rvm.io | sudo bash -s stable
# source /etc/profile
# rvm install 2.4.2
# rvm use 2.4.2 --default
# gem install bundler

SHIRASAGI のインストール

SHIRASAGI のダウンロード (stable)

$ git clone -b stable --depth 1 https://github.com/shirasagi/shirasagi /var/www/shirasagi

設定ファイルの設置と gem のインストール

$ cd /var/www/shirasagi
$ cp -n config/samples/*.{yml,rb} config/
$ bundle install --without development test

Web サーバの起動

$ rake unicorn:start

サイトの作成

データベース(インデックス)の作成

$ rake db:drop
$ rake db:create_indexes

新規サイトの追加

$ rake ss:create_site data='{ name: "サイト名", host: "www", domains: "localhost:3000" }'

サンプルデータ (自治体サンプル) の投入

$ rake db:seed name=demo site=www

サイトの確認

管理画面

http://localhost:3000/.mypage にアクセスするとログイン画面が表示されます。
サイト名のリンクをクリックすると、登録したデモデータを確認・編集することができます。
[ ユーザーID: admin , パスワード: pass ]

公開画面

http://localhost:3000/ にアクセスすると登録したデモサイトが表示されます。

開発・テスト環境

.envというファイルをプロジェクトルートに用意すれば各種設定をお好みのものに切り替えられます。

(設定例)

  • デフォルトでwarnになっているログレベルをdebugにしたい場合。
  • テスト時にデフォルトで実行されるカバレッジ計測を省きたい場合。
DEVELOPMENT_LOG_LEVEL=debug
ANALYZE_COVERAGE=disabled

その他機能の利用方法