Skip to content
main
Switch branches/tags
Code

Latest commit

 

Git stats

Files

Permalink
Failed to load latest commit information.
Type
Name
Latest commit message
Commit time
app
 
 
bin
 
 
 
 
db
 
 
lib
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Ruby開発者のためのHeroku入門

セミナー概要

開発したアプリケーションを迅速に提供できるインフラは常に求められています。 クラウドによって仮想環境の調達は容易になりましたが、アプリケーションを動かすためのミドルウェアやデータベースの設計、導入には依然として時間がかかります。 Herokuでは、必要なミドルウェアは自動的に判断され、データベースはワンクリックで作成できるため、開発したアプリケーションをいますぐに公開することが可能です。

本Webセミナーでは、Ruby開発者の方々を対象に、Ruby on Rails やSinatra でのHerokuへのデプロイ方法を、デモを交えてご説明します。 アプリケーションをいますぐに公開する手順を知りたいRuby開発者の方は、ぜひご参加ください。

当Githubサイトのご案内

Webセミナー内で使用したサンプルプログラムを公開しています。

使い方

前提条件

  1. ローカル環境で、Ruby 2.2.x 以上が稼働すること
  2. git コマンドが利用可能なこと
  3. Bundler が利用可能なこと
  4. Rails が利用可能な環境であること
  5. Heroku アカウントを有しており、かつ Heroku CLIが導入され、利用可能なこと
  6. ローカルでの開発や試行には、PostgreSQLが稼働している必要がある場合があります

利用手順(CLIのケース)

  1. 事前に Heroku login を済ませておくこと
  2. git clone https://github.com/tabesfdc/heroku_ruby_0124.git を実行する
  3. cd heroku_ruby_0124 により、カレントディレクトリを変更する
  4. heroku login にて、Heroku へログインを済ませる
  5. heroku create により、Heroku へ新たにアプリのデプロイ環境を作成する
  6. heroku addons:create heroku-postgresql:hobby-dev を実行し、Heroku Postgres を利用できるようにする
  7. git push heroku master で、作成した Heroku へアプリケーションをデプロイ
  8. heroku open でデプロイしたアプリケーションの稼働確認ができます
  9. ログを確認する場合には heroku logs を利用ください

もっとかんたんな使い方

Heroku buttonを使おう

Deploy

注意事項

  • Windowsの場合、諸々制限があり、実行できない可能性があります。
  • そもそも Macでしか実行確認をしていません

About

Ruby開発者のためのHeroku入門

Resources

License

Releases

No releases published

Packages

No packages published