Skip to content
This repository

HTTPS clone URL

Subversion checkout URL

You can clone with HTTPS or Subversion.

Download ZIP
Browse code

inilne markups

* README.ja: separate inilne markups from multibyte sequence by
  spaces, so that another implementation can parse them properly.

git-svn-id: svn+ssh://ci.ruby-lang.org/ruby/trunk@35529 b2dd03c8-39d4-4d8f-98ff-823fe69b080e
  • Loading branch information...
commit 4b0e5edaeaf1d49b499a5732f1e8ff229a6d9b64 1 parent aa913eb
Nobuyoshi Nakada authored May 03, 2012

Showing 1 changed file with 18 additions and 18 deletions. Show diff stats Hide diff stats

  1. 36  README.ja
36  README.ja
@@ -88,32 +88,32 @@ Ruby拡張モジュールについて話し合うruby-extメーリングリス
88 88
 
89 89
 以下の手順で行ってください.
90 90
 
91  
-1.   もし+configure+ファイルが見つからない、もしくは
92  
-     +configure.in+より古いようなら、+autoconf+を実行して
93  
-     新しく+configure+を生成する
  91
+1.   もし +configure+ ファイルが見つからない、もしくは
  92
+     +configure.in+ より古いようなら、 +autoconf+ を実行して
  93
+     新しく +configure+ を生成する
94 94
 
95  
-2.   +configure+を実行して+Makefile+などを生成する
  95
+2.   +configure+ を実行して +Makefile+ などを生成する
96 96
 
97 97
      環境によってはデフォルトのCコンパイラ用オプションが付き
98  
-     ます.+configure+オプションで <tt>optflags=..</tt> <tt>warnflags=..</tt> 等
  98
+     ます. +configure+ オプションで <tt>optflags=..</tt> <tt>warnflags=..</tt> 等
99 99
      で上書きできます.
100 100
 
101  
-3.   (必要ならば)+defines.h+を編集する
  101
+3.   (必要ならば)+defines.h+ を編集する
102 102
 
103 103
      多分,必要無いと思います.
104 104
 
105  
-4.   (必要ならば)+ext/Setup+に静的にリンクする拡張モジュールを
  105
+4.   (必要ならば)+ext/Setup+ に静的にリンクする拡張モジュールを
106 106
      指定する
107 107
 
108  
-     +ext/Setup+に記述したモジュールは静的にリンクされます.
  108
+     +ext/Setup+ に記述したモジュールは静的にリンクされます.
109 109
 
110 110
      ダイナミックローディングをサポートしていないアーキテク
111  
-     チャでは+Setup+の1行目の「<tt>option nodynamic</tt>」という行のコ
  111
+     チャでは +Setup+ の1行目の「<tt>option nodynamic</tt>」という行のコ
112 112
      メントを外す必要があります.また,このアーキテクチャで
113 113
      拡張モジュールを利用するためには,あらかじめ静的にリン
114 114
      クしておく必要があります.
115 115
 
116  
-5.   +make+を実行してコンパイルする
  116
+5.   +make+ を実行してコンパイルする
117 117
 
118 118
 6.   <tt>make check</tt>でテストを行う.
119 119
 
@@ -145,10 +145,10 @@ Ruby拡張モジュールについて話し合うruby-extメーリングリス
145 145
      RubyのAPIバージョンが'_x.y.z_'であれば,<tt>${MAJOR}</tt>は
146 146
      '_x_'で,<tt>${MINOR}</tt>は'_y_',<tt>${TEENY}</tt>は'_z_'です.
147 147
 
148  
-     <b>注意</b>: APIバージョンの+teeny+は,Rubyプログラムのバージョ
  148
+     <b>注意</b>: APIバージョンの +teeny+ は,Rubyプログラムのバージョ
149 149
      ンとは異なることがあります.
150 150
 
151  
-     +root+で作業する必要があるかもしれません.
  151
+     +root+ で作業する必要があるかもしれません.
152 152
 
153 153
 もし,コンパイル時にエラーが発生した場合にはエラーのログとマ
154 154
 シン,OSの種類を含むできるだけ詳しいレポートを作者に送ってく
@@ -157,16 +157,16 @@ Ruby拡張モジュールについて話し合うruby-extメーリングリス
157 157
 
158 158
 == 移植
159 159
 
160  
-UNIXであれば+configure+がほとんどの差異を吸収してくれるはずで
  160
+UNIXであれば +configure+ がほとんどの差異を吸収してくれるはずで
161 161
 すが,思わぬ見落としがあった場合(あるに違いない),作者にその
162 162
 ことをレポートすれば,解決できるかも知れません.
163 163
 
164 164
 アーキテクチャにもっとも依存するのはGC部です.RubyのGCは対象
165 165
 のアーキテクチャが<tt>setjmp()</tt>または<tt>getcontext()</tt>によって全てのレ
166  
-ジスタを+jmp_buf+や+ucontext_t+に格納することと,+jmp_buf+や
167  
-+ucontext_t+とスタックが32bitアラインメントされていることを仮定
168  
-しています.特に前者が成立しない場合の対応は非常に困難でしょ
169  
-う.後者の解決は比較的簡単で,+gc.c+でスタックをマークしている
  166
+ジスタを +jmp_buf+ や +ucontext_t+ に格納することと, +jmp_buf+ や
  167
++ucontext_t+ とスタックが32bitアラインメントされていることを仮定
  168
+しています.特に前者が成立しない場合の対応は非常に困難でしょう.
  169
+後者の解決は比較的簡単で, +gc.c+ でスタックをマークしている
170 170
 部分にアラインメントのバイト数だけずらしてマークするコードを
171 171
 追加するだけで済みます.<tt>defined(\_\_mc68000\_\_)</tt>で括られてい
172 172
 る部分を参考にしてください.
@@ -178,7 +178,7 @@ UNIXであれば+configure+がほとんどの差異を吸収してくれるは
178 178
 
179 179
 == 配布条件
180 180
 
181  
-+COPYING.ja+ファイルを参照してください。
  181
++COPYING.ja+ ファイルを参照してください。
182 182
 
183 183
 
184 184
 == 著者

0 notes on commit 4b0e5ed

Please sign in to comment.
Something went wrong with that request. Please try again.