Yuichi Kuwahara edited this page Jan 13, 2017 · 5 revisions

SIToolkit for Web Testing (SIT-WT) のWikiにようこそ! SIT-WTはWebアプリケーションの自動テストツールです。作成されたテストスクリプトに従いブラウザを自動操作します。SIT-WTの特徴を以下に挙げます。

  • テストスクリプトをExcelまたはCSVで作成できます。このため作成にプログラミングスキルは不要で、データパターンの複製も簡単です。

  • 実行した画面操作に対して自動でエビデンス(スクリーンショットと操作ログ)が取得できます。スクリーンショットには操作した画面項目が赤枠つきで表示されるため、ツールの操作が一目でわかります。

  • ブラウザの操作にはSelenium WebDriverを使用しています。このため対応ブラウザはSelenium WebDriverと同等のものが使用できます。

  • テストの実行はMavenのビルドプロセスに統合されています。このためJenkinsのジョブが簡単に作成できます。

SIT-WTを使用する手順はクイックスタートを参照してください。

Reference

You can’t perform that action at this time.
You signed in with another tab or window. Reload to refresh your session. You signed out in another tab or window. Reload to refresh your session.
Press h to open a hovercard with more details.