Permalink
Fetching contributors…
Cannot retrieve contributors at this time
123 lines (89 sloc) 4.17 KB
* Rule
ほんの遊びです。ルールは以下の通り。
** 使用して良い文字
必ず ascii 文字のみで標記して下さい。iso8859-4 などの文字セットを使ってはな
りません。
** 始発
ぼくの生れ故郷である大阪府箕面市を始発にして、阪急箕面線 箕面駅から「公共の
交通機関の駅名」で連続してゆく予定です。石橋駅で阪急宝塚線に乗換えて大阪梅田
終点までとりあえず行く予定です。そこから阪急神戸線に乗り継ぐも良し、JR に乗
換えるも良し、丁度そのときに TAG を付けた人が決めて下さい。
** 変更個所
skk-version.el の中の
(put 'skk-version 'codename "Syounai")
"Syounai" のようになっているところです。"駅名" をローマ字標記して下さ
い。ここを変更することで M-x skk-version で Codename を含めた表示がさ
れるようになります。
M-x skk-version
=> Daredevil SKK/14.1 (Syounai)
*** 2013-03-17
skk-version.el に漢字駅名を追加しました。
(put 'skk-version 'codename-ja "長万部")
同時に、新たな変数 skk-version-codename-ja も追加しました。この変数が non-nil
であれば M-x skk-version で Codename は漢字駅名が表示されます。
(let ((skk-version-codename-ja t))
(skk-version))
=> Daredevil SKK/15.1.51 (長万部)
** その他
o タクシーは駅がないので駄目です。
o 公共の交通機関であればどこの会社でも良いですが、乗り継ぎのときは、物理的に
乗り継ぎができるものに乗ることにしましょう (徒歩で山を越えたら乗れる...
などは原則なし)。
o 終点まで行かずとも、途中で他社線に乗り継ぐことも自由です。
o 急行、特急などに乗ってローカル駅をパスするなどの裏技はあり。
o 異なる路線で同じ駅を二度通過しても同じ Codename は 2 度出さないことにしま
す。
** 次の人のために...
次の人がその交通機関が走っている土地に住んでいなくとも Codename を付けられる
ようにして下さい。具体的には、路線変更や他社線に乗換えたときに、このファイル
に切りの良いところまでの駅名を書いて下さい。
特に JR 以外の駅名を調べるのは、異なる地域の人間にとっては結構難しいので、必
ず書いて下さい。
* 阪急箕面線、宝塚線
箕面 Mino-o --- 阪急箕面線 --- 大阪府
牧落 Makiochi
桜井 Sakurai
石橋 Ishibashi --- 阪急宝塚線
蛍池(大阪空港前) Hotarugaike
豊中 Toyonaka 11.6.0
岡町 Okamachi 12.1.0
曽根 Sone 12.2.0
服部 Hattori 13.1
庄内 Syounai 14.1
三国 Mikuni 14.2
十三 Juso 14.3
中津 Nakatsu 14.4
梅田 Umeda 15.1
* 路線の変更 2013-3-17 (Sun) 北本剛
梅田 (15.1) から先は未記載でした。当ファイル先頭部分に
「終点 (大阪梅田) から先は阪急神戸線に乗り継ぐも良し、JR に乗換えるも良し」
と方針が述べられていますが、同じく、
「丁度そのときに TAG を付けた人が決めて下さい。」
とも記載がありしたので、これを拡大解釈して唐突ですが北海道へ行きます。
** JR 北海道、函館本線
長万部 Oshamambe 15.2
二股 Futamata 16.1
蕨岱 Warabitai 16.2 (2017-03-04)
黒松内 Kuromatsunai 16.3
熱郛 Neppu :
目名 Mena
蘭越 Rankoshi
昆布 Kombu
ニセコ Niseko
比羅夫 Hirafu
倶知安 Kutchan
小沢 Kozawa
銀山 Ginzan
然別 Shikaribetsu
仁木 Niki
余市 Yoichi
蘭島 Ranshima
塩谷 Shioya
小樽 Otaru
http://www.jrhokkaido.co.jp/network/img/routemap_j.pdf
http://www2.jrhokkaido.co.jp/global/english/rmap/route_map.pdf
* Next, where shall we go?
Local variables:
coding: utf-8
mode: outline
end: