Permalink
Fetching contributors…
Cannot retrieve contributors at this time
180 lines (111 sloc) 5.08 KB
Mac OS X で SKK を使う方法について説明します。 同梱の INSTALL および README にも目を通しておいて下さい。 * 事前準備 ** Developer Tools (Xcode) のインストール Mac OS X には初期状態では make コマンドがインストールされていません。以 降の作業をするためには Developer Tools (Xcode) をインストールする必要が あります。 Developer Tools は OS をパッケージで購入した場合は同梱されています。も し最新の Developer Tools が必要な場合は Apple Developer Connection https://connect.apple.com/ にて無料の会員登録をする事でダウンロードにかかるコストのみで入手する事が できます。また、App Store でも最新の Developer Tools を入手することがで きます。なお Developer Tools は、現在は Xcode という単一のアプリケーショ ンになっています。 Xcode 4.3 以降では make などのコマンドラインツールは Xcode 起動後に Preferences → Downloads → Command Line Tools で別途インストールする必要 があります。 ** コンパイルに利用する Emacs の確認 Terminal より Emacs の位置を確認します。 $ which emacs Mac OS X 標準の Emacs は /usr/bin/emacs に存在します。OS X 10.7.3 の段階 でインストールされているものは、GNU Emacs 22.1 ベースです。 一方、Mac OS X のウィンドウシステムで動作する Emacs には Carbon を使った ものと Cocoa を使ったものがあります。Carbon Emacs にも何種類かあるようで すが、銭谷誠司さん作の Carbon Emacs Package ( http://homepage.mac.com/zenitani/emacs-j.html ) http://th.nao.ac.jp/MEMBER/zenitani/emacs-j.html が最もよく更新されており、また日本語環境が予め整備されているので、使い易 いでしょう。このパッケージは、様々なパスにインストールすることが可能です が、標準的には /Applications (ハードディスクの「アプリケーション」フォル ダ)にインストールします。その場合の実行形式ファイルは /Applications/Emacs.app/Contents/MacOS/Emacs です。最新の2010年版は GNU Emacs 22.3 ベースです。 また、GNU Emacs 23 から ソースの修整なしに Cocoa 版のコンパイルが可能に なりました。Cocoa 版 も Carbon Emacs と同様に Self contained なアプリケー ションバンドルになります。こちらも標準的には /Applications にインストー ルし、実行形式ファイルは /Applications/Emacs.app/Contents/MacOS/Emacs で す。 * Emacs へのインストール ** APEL のインストール (DDSKK 14.1 を使う場合) *** 注意 DDSKK 14.2 より Carbon Emacs, Cocoa Emacs とも APEL の別途インストールは 不要になりました。本項は DDSKK 14.1 のユーザのための説明です。 *** APEL の 取得 DDSKK 14.1 では、まず APEL をインストールするします。Daredevil SKK では、 APEL10.7 以降での動作が確認されていますが、できるだけ最新バージョンを インストールすることをお勧めします。 APEL は、 http://git.chise.org/elisp/apel/ から入手できます。 *** APEL の展開(解凍) APEL のアーカイブをダブルクリックすれば StuffIt Expander により解凍され ます。また、Terminal の操作に慣れている場合は以下のコマンドを実行する 事でも解凍できます。 $ tar xvfz apel-10.8.tar.gz *** APEL の byte-compile とインストール Carbon Emacs や Cocoa Emacs のような、 /Applications の下の Emacs.app を 使う場合は、 Makefile の EMACS の行を次のように編集します。 EMACS = /Applications/Emacs.app/Contents/MacOS/Emacs このパスは Emacs.app のインストールパスに合わせて適宜変更してください。 which コマンドで返って来た Emacs を利用する場合は設定の必要はありません。 APEL の展開ディレクトリで Terminal より以下のコマンドを実行します。 $ make $ sudo make install $ password: (Passwordを聞いてくるので管理パスワードを入力) *** load-path への追加 which コマンドで返って来た Emacs を利用する場合は設定の必要はありません。 また、Carbon Emacs や Cocoa Emacs でも設定の必要はありません。 ** SKK のインストール *** SKK の展開(解凍) APEL と同様の方法で解凍できます。 *** SKK のインストール SKK を展開したトップディレクトリに SKK-CFG というファイルがあります。 このファイルはシステム依存のインストール設定をユーザが行うためにありま す。この中のドキュメントと設定例を参考にしてください。 基本的には APEL と同様、 Carbon Emacs や Cocoa Emacs を利用する場合は Makefile の EMACS の行を APEL の場合と同様に編集した後に、また which コマ ンドで返って来た Emacs を 利用する場合はそのまま、 `sudo make install' でインストールできるはずです。 *** load-path への追加 which コマンドで返って来た Emacs を利用する場合は設定の必要はありません。 また、Carbon Emacs や Cocoa Emacs でも設定の必要はありません。 *** .emacs への追加 which コマンドで返って来た Emacs を利用する場合は設定の必要はありません。 また、Carbon Emacs や Cocoa Emacs でも設定の必要はありません。 * Mac OS X 上で動く辞書サーバについて Mac OS X で利用できる SKK 辞書サーバには次のようなものがあります。 ** skkserv skkserv は http://openlab.jp/skk/skk/skkserv/ から入手できます。 ** dbskkd dbskkd は http://www.ne.jp/asahi/bdx/info/software/jp-dbskkd.html から入手できます。 ** スクリプト言語で実装されたサーバ ruby が使用できるならば、 rskkserv が使用できます。 rskkserv は http://sourceforge.jp/projects/rskkserv/ から入手できます。 * Mac OS X で利用できる SKK 実装 Mac OS X 上で動作する SKK ライクの IME があります。 ** AquaSKK Cocoa により実装されています。SKK と共通の辞書が使用できます。 http://aquaskk.sourceforge.jp/ * 他の情報源 本ドキュメントと合わせて以下の情報を確認することをお勧めします。 http://sakito.s2.xrea.com/detail/emacs/emacs21.html Local variables: mode: outline end: