Skip to content
LightCSV is a pure Ruby CSV parser. This is a gemified mirror of the original source.
Ruby
Fetching latest commit…
Cannot retrieve the latest commit at this time.
Failed to load latest commit information.
lib
test
.gitignore
Makefile
Manifest
README.txt
Rakefile
lightcsv.gemspec
setup.rb

README.txt

= LightCsv =
CSV パーサ

== 作者 ==

とみたまさひろ <tommy@tmtm.org>

== ライセンス ==

Ruby ライセンス http://www.ruby-lang.org/ja/LICENSE.txt と同等。

== 機能 ==

 * CSV をパースして配列を返す。

== ダウンロード ==

 * http://tmtm.org/downloads/ruby/lightcsv/

== インストール ==

{{{
$ make
$ make test
# make install
}}}

== CSVのパース ==

各レコードはカラムを要素とする配列である。
レコードの区切りは LF,CR,CRLF のいずれか。

以下が csv.rb と異なる。
 * 空行は [nil] ではなく [] になる。
 * 「"」で括られていない空カラムは nil ではなく "" になる。

== 使用例 ==
 * CSVファイルのレコード毎にブロックを繰り返す。
{{{
    LightCsv.foreach(filename){|row| ...}
}}}
   次と同じ。
{{{
    LightCsv.open(filename){|csv| csv.each{|row| ...}}
}}}

 * CSVファイルの全レコードを返す。
{{{
    LightCsv.readlines(filename)  # => [[col1,col2,...],...]
}}}
   次と同じ。
{{{
    LightCsv.open(filename){|csv| csv.map}
}}}

 * CSV文字列のレコード毎にブロックを繰り返す。
{{{
    LightCsv.parse("a1,a2,..."){|row| ...}
}}}
   次と同じ。
{{{
    LightCsv.new("a1,a2,...").each{|row| ...}
}}}

 * CSV文字列の全レコードを返す。
{{{
    LightCsv.parse("a1,a2,...")  # => [[a1,a2,...],...]
}}}
   次と同じ。
{{{
    LightCsv.new("a1,a2,...").map
}}}
Something went wrong with that request. Please try again.