Latest commit 3eda961 Feb 18, 2018
splhack MacVim-KaoriYa 20180218
■Python3インターフェース互換バージョンを3.6.3から3.6.4へ更新
■Rubyインターフェース互換バージョンを2.4から2.5へ更新

■対応OS Xバージョン
・10.9+

■ベースバージョン
・Vim 8.0.1522
・MacVim https://github.com/macvim-dev/macvim/releases/tag/snapshot-145
・香り屋パッチ 20170502版 http://www.kaoriya.net/software/vim/

■スクリプトインターフェース互換バージョン
・Lua: 5.1、5.3、LuaJIT 2.0.3(内蔵)
・Perl: 5.16(OS X標準)
・Python3: 3.6.4
・Python: 2.7(OS X標準)
・Ruby: 2.5
Permalink
Failed to load latest commit information.
.travis.yml MacVim-KaoriYa 20171221 Dec 22, 2017
README.md MacVim-KaoriYa 20180218 Feb 18, 2018
latest.xml 20171221 Dec 22, 2017

README.md

MacVim香り屋さんのパッチ + なるべく日本語化 = 香り屋さんのWindows版の使い勝手に近いMacVim」を勝手に目指すプロジェクトです。

MacVim

マルチウインドウが使えるMac OS XアプリケーションのVim(gVim)です。GUIを担当するMacVimと、Vim本体から構成されています。Vim本体はコンソールアプリケーションとしても使用できます。

香り屋版

日本語を扱う上で便利な設定やスクリプトが追加されています。ローマ字のまま日本語をインクリメンタル検索できるmigemo機能が統合されています。詳しくはこちら(http://d.hatena.ne.jp/thinca/20090619/1245338963)をご覧ください。

MacVim-KaoriYa

MacVimに対して、香り屋パッチの統合、ローカライズ、MacVim固有の設定、日本語文字コード自動判別、必要なshared library、Perl/Python/Rubyのdynamic loading、Objective-C対応ctags、などを追加しています。詳しくはこちらのページにまとめてあります。インストールしてすぐ使えるのが目標です。もちろんTerminal.app、iTerm.app上で動くコンソール版Vimとしても使用できます。

詳しくはドキュメント「はじめにお読みください」をご覧ください

インストール

MacVim-KaoriYa GitHubリリースページからdmgファイルをダウンロードして、dmgファイルを開きます。MacVimアイコンをアプリケーションフォルダにドラッグするだけでインストール完了です。

アップデート

MacVimに組み込まれたSparkleによるアプリケーション自動更新機能があり、Sparkle用のfeedを自動または手動で確認して、アプリケーションを更新することができます。

手動で行う場合は、インストール時と同じくMacVimアイコンをアプリケーションフォルダにドラッグして、上書きコピーすれば完了です。

ドキュメント

はじめにお読みください

ソースコードからのビルド Build StatusBuild Status

ビルド方法のページ