Skip to content
Fetching latest commit…
Cannot retrieve the latest commit at this time.
..
Failed to load latest commit information.
README.md

README.md

My talk title

The development with community.

タイトル (title in Japanese; optional)

コミュニティのある風景。

My talk description

Recently, I think that the chance you hear the word "SOCIAL CODING" is increasing. Are there something good in there??

I believe that the people not only "special" but also loves software development can enjoy it.

I will talk about what I found through my operating nothub (this is the product for for more enjoyment GitHub). It is the relation there are between the people with the products.

Targets:

  • The people especially the people not touched "SOCIAL CODING" yet.
  • The people interesting about it a bit.
  • And you.

発表概要 (talk description in Japanese; optional)

最近、"ソーシャルコーディング" という言葉を耳にする機会が増えてきているのではないかと思います。 そこに何かよいことはあるのでしょうか??

それは、"特別" な人達だけに関係するというものではなく、 ただソフトウェアを開発することが好きでありさえすれば、 だれでも楽しむことができるものだと私は信じています。

GitHub をもっと楽しむためのプロダクトである nothub の運営を通じて、 わたしに見えてきた、ひととプロダクトの間にある関係についてお話したいと思います。

特に、"ソーシャルコーディング" にまだ触れたことがない、もしくはちょっと興味がある、 そんな方々に向けてお話させていただければ幸いです:-)

  • Preferred presentation day: [no preference]
  • Presentation language: [Japanese]

My name (required)

Ryunosuke SATO

お名前 (name in Japanese; optional)

佐藤 竜之介

My affiliation (required)

Sapporo.js, RubySapporo, Enishi Tech Inc.

所属 (name in Japanese; optional)

Sapporo.js, Ruby札幌, 株式会社えにしテック

My bio (required)

A software developer.

プロフィール (bio in Japanese; optional)

ソフトウェア開発者

Something went wrong with that request. Please try again.