No description, website, or topics provided.
Switch branches/tags
Nothing to show
Clone or download
Fetching latest commit…
Cannot retrieve the latest commit at this time.
Permalink
Failed to load latest commit information.
README
chat_test.html
frame_child.html
frame_parent.html
nylon.chat.js
nylon.client.js
nylon.coe.js
nylon.he.js
nylon.iframe.child.js
nylon.iframe.parent.js
nylon.pen.js
nylon.webworkers.client.js
nylon.webworkers.js
nylon2.html
slides.js
worker.js
worker_test.html

README

1. Nylonとは
 Nylonとは,容易にWebブラウザ上のモジュール間通信を実現するための仕組みである.「タグ」に基づいてコールバック関数を指定しておき,「タグ」が受信された場合にコールバック関数が実行される.一方,送信側は「タグを付けたデータ」を送信する.これにより,モジュール間のゆるい協調動作を実現する.
 プログラム的に見ると,Nylonはこれらの動作を提供するクラス*であり,任意のオブジェクトに多重継承して使用する.また,Webサーバと連携するCOeを併用することによって,Webサーバを通じて多数のクライアント間で通信を行うこともできる.この通信はnode.jsのsocket.IOをベースにしているので,webSocketやCometなどの様々な通信技術に柔軟に対応できる.
 なお,旧Nylonは,共通のオブジェクトに対して送信したりコールバック関数を定義していたが,現在のNylonでは,任意のオブジェクトから送信やコールバック関数の定義を行う方式に改めている.この変更により,旧Nylonでは自身を含むすべてのコールバック関数が実行されていたが,新Nylonでは送信に使われたオブジェクトと,「タグ」と「コールバック関数」を定義したオブジェクトが同一であった場合は,実行されない.これにより,動作の自由度を増している.

*JavaScriptにはクラスという概念が無いので,厳密にはこの表記は誤りである.