🛠 Kobitoをちょっぴり便利にするCLIツール: 記事のMarkdown/HTML/PDF出力、ファイル連携、stdinから新規記事作成、パスワードのリマインド…など
Go Python Makefile Shell
Switch branches/tags
Nothing to show
Clone or download
Fetching latest commit…
Cannot retrieve the latest commit at this time.
Permalink
Failed to load latest commit information.
bin
zsh-completions
.gitignore
LICENSE
Makefile
README.md
cmd-html.go
cmd-link.go
cmd-ls.go
cmd-password.go
cmd-pdf.go
cmd-print.go
cmd-show.go
cmd-stdin.go
cmd-sticker.go
cmd-version.go
image.png
kobito-discovery.go
main.go
model.go
port-memory-init.go
port-memory-repository.go
port-sqlite3-init.go
port-sqlite3-repository.go
zsh-completions-generator.py

README.md

Kobito cli tools

Kobitoをちょっぴり便利にするCLIツール

インストール

Homebrewで入れる方法

brew tap suin/suin
brew install kobito-cli

Homebrewで入れるとzsh用の補完関数も入ります。

wgetで入れる方法

wget -O /usr/local/bin/kobito https://github.com/suin/kobito-cli/raw/master/bin/kobito
chmod +x /usr/local/bin/kobito

使い方


Usage: 
  kobito [command]

Available Commands: 
  ls                                            List all items
  show [item id]                                Show item
  html [item id]                                Show item as HTML
  print [item id]                               Print out item
  link [markdown file]                          Link markdown file to Kobito
  version                                       Print kobito cli tools version
  pdf [item id] | pdf [item id] [pdf file name] Save item as PDF
  password                                      Show Kobito password
  sticker                                       Do you want Kobito sticker?
  help [command]                                Help about any command

 Available Flags:
      --help=false: help for kobito

Use "kobito help [command]" for more information about that command.

Kobito へ文字列を送信する

パイプやリダイレクトなどで入力を渡すとKobitoのエントリーになります

historyの5件からKobitoのエントリーを作る

history | tail -n 5 | kobito

main.goのソースコードでKobitoのエントリーを作る

kobito < main.go

「Ruby - ターミナルから Kobito へ文字列を送信する - Qiita」を参考にしました。

コントリビュート

go1.2をbrewでインストールしておいてください

チェックアウトしたら依存するライブラリを入れます:

go get ./...

デバッグ方法

とりあえず make すれば実行できます

make

サブコマンドの実行は下記のように ARGS で指定できます

make ARGS="show 123"

SQLiteのライブラリをコンパイルするのに時間がかかるため、SQLite非依存の開発は下記のように mem でやることをおすすめします

make mem

make mem ARGS="show 123"

プルリク

便宜的簡易的にリポジトリ内の bin に kobito のビルドを置くようにしていますが、プルリクにはビルドを含めないようお願いします。こちらで、mergeしたあとビルドします。