Skip to content
No description, website, or topics provided.
Ruby Shell
Branch: master
Clone or download
Fetching latest commit…
Cannot retrieve the latest commit at this time.

Files

Permalink
Type Name Latest commit message Commit time
Failed to load latest commit information.
config
initialize
voices
.ruby-version
Gemfile
Gemfile.lock
LICENSE
README.md
julius_connector.rb
speak_weather.rb
weather_information.rb
weather_speaker.rb

README.md

対話式お天気おしゃべりアプリ for Raspberry Pi

機能

キーワードを話すと、明日の天気の内容をしゃべります。

  • 「天気」: 天気の内容
  • 「気温」: 最高気温と今日との気温差
  • 「傘」: 傘指数に応じた内容
  • 「紫外線」: 紫外線指数の応じた内容

神戸市の天気を取ってくるようにしています。 speak_weather.rbのstartの引数でエリア情報を渡しています。

準備(Raspberry Pi)

  • 無線LAN環境(天気を見に行くため)
  • USBマイクを接続(音声入力のため)
  • スピーカーをオーディオジャックに接続(音声出力のため)
  • Ruby 2.2.2インストール(rbenv利用)
  • mpg123インストール(音声再生のため)
  • Julius(音声認識のため)

Raspberry Piでのマイク入力、スピーカー出力の設定は次の記事をご覧ください。

自動起動のために次の設定をします。

  • Julius本体は/home/pi/julius-4.3.1/julius/juliusに配置。
  • Juliusディクテーションは/home/pi/julius-kits/dictation-kit-v4.3.1-linux/に配置。
  • config/weather.jconfを/home/pi/julius-kits/dictation-kit-v4.3.1-linux/に配置。
  • config/weather.dicを/home/pi/julius-kits/dictation-kit-v4.3.1-linux/に配置。
  • config/start_julius.shを/home/pi/julius-kits/dictation-kit-v4.3.1-linux/に配置。
  • speak_weather全体を/home/pi/に配置。
  • speak_weather直下でbundle install実行。
  • initialize/setup_service.shを実行。

これで、Raspberry Piの電源を入れるだけで、お天気アプリが動作するようになります。

You can’t perform that action at this time.