Skip to content

tadaken3/laradock-sample

master
Switch branches/tags
Code

Latest commit

 

Git stats

Files

Permalink
Failed to load latest commit information.
Type
Name
Latest commit message
Commit time
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

laradock-sample

GitHub stars

Dockerのインストール

LaradockはDockerを使って、Laravelの環境を構築します。 公式サイトからDockerをダウンロードしてインストールします。

https://docs.docker.com/

環境構築の仕方

Macユーザーの方は、セットアップ用のスクリプトを用意しています。 以下を実行してもらうと、Laravelの環境が作成されます。 初回はいろいろとDLしたりするので、時間がかかりますが、二回目以降は早いです。

git clone https://github.com/tadaken3/laradock-sample
sh laradock-sample/setup.sh

実行するとこのように、必要なファイルなどがダウンロードされ、セットアップされます。

demo

ブラウザでlocalhostにアクセスして、laravelのサイトが表示されたら成功です。

http://127.0.0.1/

きちんと開発環境が作れたら、スターを押してもらえると喜びます!

Mac以外の方は、お使いの環境に合わせて、以下のコマンドを順に実行してください。

git clone https://github.com/tadaken3/laradock-sample
cd laradock-sample/laradock
docker-compose up -d nginx mysql phpmyadmin
docker-compose exec --user=laradock workspace bash

#ここからworkspaceコンテナでの作業になります
cp .env.example .env
composer install
php artisan migrate
php artisan key:generate

自分でlaradockを使って環境を作ってみたいという方は以下の記事を参考にしてみてください。

Laravelの開発環境をLaradockを使って構築する方法

開発の進め方

projectディレクトリ配下にLaravelで使用するファイルが入っています。
こちらを使って、開発をすすめていきます。githubなどで管理されるのは、このporjectディレクトリになります。

名前がややこしいのですが、laradockディレクトリ配下が開発環境についてのファイルが保存されており、porjectディレクトリの配下が開発するWEBサービスのファイルになります。

ここややこしいのですが、混同しないようにお気をつけください。

ワークスペースに入る方法

laravelで、開発を進めるにあたって、必要なコマンドはworkspaceコンテナに入っています。
以下のコマンドを実行し、workspaceコンテナに接続すると、php artisan migrateなどのコマンドが実行できます。

cd laradock-sample/laradock
docker-compose exec --user=laradock workspace bash

About

laradockを使ってlaravelの環境を作る

Resources

Stars

Watchers

Forks

Releases

No releases published

Packages

No packages published