openFrameworks website translate in Japanese
Mako Python Other
Latest commit 34cfb18 Feb 4, 2016 @tado update version
Permalink
Failed to load latest commit information.
_controllers
_dbtools
_documentation
_documentation_backup
_filters
_templates
_tools
_tutorials
about
community/user
css
development
download
doxygen
gallery
images
js
setup
.gitignore
README
_config.py
_version.py
favicon.gif
favicon.ico
index.html.mako
readme.md
refresh_doxygen.sh

readme.md

openFrameworks日本語サイト

openFramewroks日本語版サイトopenFrameworks.jpを生成するコンテントを管理しているリポジトリです。

サイトをローカルに構築するためのセットアップ

翻訳をお手伝いしていただける方は、まずリポジトリをForkして、ローカルマシンにダウンロードします (参考:Help.GitHub - Fork A Repo)。ローカルのマシンには、Pythonと、lxml、blogofile がインストールされている必要があります。Pythonがインストールされたマシンであれば、以下の手順でインストールできます:

easy_install lxml
easy_install blogofile

サイトを生成してローカルマシンで閲覧するには、以下のコマンドを実行します。

blogofile build
blogofile serve

日本語版のTips

日本語版のブログを、blogofileでビルドする際に、下記のようなエラーが出てビルドに失敗することがあります。

$ blogofile build
ERROR:blogofile.filter:Cannot load filter: rst_template
Traceback (most recent call last):

... 中略 ...

raise ValueError, 'unknown locale: %s' % localename
ValueError: unknown locale: UTF-8

これは、文字コード(ロケール)の設定に付随する問題のようです。ビルドするシェルのロケール設定を「US.UTF-8」にすることで解決します。例えば、bashで作業している場合はユーザーのホームディレクトリ直下にある .bash_profile ファイルに下記の設定を追加することで、エラーを回避することが可能です。

export LC_ALL=en_US.UTF-8
export LANG=en_US.UTF-8

2014年8月現在、下記の構成でビルドできることを確認しています。

  • Python 2.7.6
  • Blogofile 0.8b1

Markdown記法について

サイトの文書は、Markdownというwikiに似た書式で記述します。詳細は、Daringfireballを参照してください。(参考:Markdown文法の全訳)

コードの断片を挿入する際には、下記のように記述します。

~~~~{.cpp}
for(int i = 0; i < 16; i++) {
    ofLog() << i;
}
~~~~

画像は通常のMarkdown記法で記述します。

![Image Title](filename.png "alt text")

Markdownのためのテキストエディター

別の方法として、bogofilesを使用しないでもローカルでHTMLのレンダリング結果を参照しながら編集できるエディターが使用可能です。

※このサイトでは、Markdownの文法に機能を追加しています。ですので、エディターではコードハイライトのような特殊機能はエディターでは確認できません。こうした部分はサイトで確認しながら進めてください。