Skip to content

HTTPS clone URL

Subversion checkout URL

You can clone with
or
.
Download ZIP
Ruby
Tag: v0.0.2

Fetching latest commit…

Cannot retrieve the latest commit at this time

Failed to load latest commit information.
lib
.gitignore
MIT-LICENSE
README.rdoc
s6x_auth_scaffold_generator.gemspec

README.rdoc

S6x(Six) Auth Scaffold Generator

Sorry, Japanese only.

「S6x(Six) Auth Scaffold Generator」(以下、s6x_auth_scaffold)はRails 3.0向けのシンプルな認証機能をフルスクラッチで記述するためのgeneratorで す。s6x_auth_scaffoldの目的はこれからRuby on Railsで開発する方がRailsに おける認証の概要をソースコードレベルで理解することを手助けすることです。

s6x_auth_scaffoldは以下の機能を実現するソースコードを自動生成します。

  • ログイン画面(/login)でログインIDとパスワードで認証。

  • ユーザのモデル名はUserやEmployeeなど自由にしてできる。

  • ログイン後はWelcome画面(root_url)を表示。

    • Welcome画面をURLできる。

  • /logoutにアクセスするとログアウトできる。

  • ログアウトするとログイン画面を表示。このときログアウトした旨を表示。

ただし、ソースコードを簡単にすることを優先しているため以下のことはでき ません。

  • ユーザの作成はWeb上ではできない。

s6x_auth_scaffoldで基本を学んだ後はRailsが提供しているscaffoldのように 自分で認証機能をカスタマイズしてもよいですが、ぜひDeviseなどの認証ライ ブラリの導入を検討してみてください。

ライセンス

MITライセンス

必要なソフトウェア

  • Ruby 1.9.2-p290以降

  • Ruby on Rails 3.0.10 (3.1以降では動作確認をしていない)

インストール方法

gem install s6x_auth_scaffold_generator

使用方法

新しいRailsプロジェクトを作成してデータベースの設定などを行います。

$ rails new auth_demo
$ cd auth_demo
$ bundle install
(DBの設定など)
$ rake db:create:all

s6x_auth_scaffoldで認証まわりのソースコードを自動生成します。

$ rails generate s6x_auth_scaffold User

rake db:migrateを実行してusersテーブルを作成します。

$ rake db:migrate

ついでに単体テストも実行します。

$ rake

動作確認をするためにユーザを作成します。ここではログインIDがadmin、パス ワードがadminのユーザを作成しています。

$ rails console
> User.create!(login: "admin", password: "admin")
> quit

サーバを起動して動作を確認します。/loginにアクセスしてログインします。 「Welcome aboard」が表示されればs6x_auth_scaffoldがただしく動作していま す。

$ rails server
(Webブラウザでlocalhost:3000/loginにアクセスする)

サーバを停止させます。

これから

自動再生されたファイルや変更されたファイルを確認してください。認証に最 低限必要な機能が実装されているはずです。コード量は少ないので安心してく ださい。また、単体テストも記述してあるため、今後の開発の参考になるはず です。

一通り確認できたらWelcome画面(Welcome#index)を作成してみてください。 Welcome画面にはログアウトのボタンやログインIDを表示してみてください。

<p><%= current_user.login %> <%= link_to "ログアウト", logout_path %></p>

最後に氏名(name)、ふりがな(furigana)、メールアドレス(email)などのユーザ の情報をUserモデルに追加してアプリケーションの要件を満たすように改良し てみてください。

Something went wrong with that request. Please try again.