Skip to content
master
Go to file
Code

Latest commit

 

Git stats

Files

Permalink
Failed to load latest commit information.
Type
Name
Latest commit message
Commit time
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

README.md

jscale

地震の加速度記録から計測震度と震度階を求めます。

Install

> go get github.com/takatoh/jscale

Usage

地震の加速度記録は CSV 形式で、3成分必要です。 たとえば次のように:

Time,NS,EW,UD
0.00,-0.03,0.01,-0.34
0.01,0.18,0.42,0.05
0.02,-0.17,-0.25,0.34
0.03,-0.55,0.41,0
0.04,0.31,0.76,0.62
0.05,-0.72,0.1,0.37
0.06,-0.04,0,-0.3
0.07,-0.13,0.46,-0.09
0.08,-0.69,-0.22,0.36
(後略)

加速度記録のファイルを example.csv とすると、次のように実行します。

> jscale example.csv

または、気象庁や K-NET の強震記録を利用することもできます。 気象庁の強震記録を利用する場合は、-jma オプションを付けて実行します。

> jscale -jma example.txt

K-NET の強震記録は成分ごとにファイルが分かれていて、それぞれ example.NS, example.EW, example.UD とすると、拡張子を除いた部分を -knet オプションとともに指定します。

> jscale -knet example

固定長フォーマットの加速度記録にも対応しました。固定長フォーマットはパラメータが多いので、 TOML 形式の入力ファイルを作成します。たとえば次のように:

[[wave]]
name   = "NS"
file   = "exmaple.dat"
format = "10F8.2"
dt     = 0.01
ndata  = 12000
skip   = 2

[[wave]]
name   = "EW"
file   = "exmaple.dat"
format = "10F8.2"
dt     = 0.01
ndata  = 12000
skip   = 1204

[[wave]]
name   = "UD"
file   = "exmaple.dat"
format = "10F8.2"
dt     = 0.01
ndata  = 12000
skip   = 2406

この例では、example.dat が加速度記録のファイルです。dtndata はそれぞれ時刻刻みとデータ数です。 これらが同一の加速度記録が3成分必要です。

実行は次のように -fixed オプションに続けて入力ファイルを指定します。

> jscale -fixed input.toml

License

MIT License

About

Calculate the seismic intensity scale of the earthquake.

Resources

License

Packages

No packages published

Languages