Skip to content
master
Switch branches/tags
Code

Latest commit

 

Git stats

Files

Permalink
Failed to load latest commit information.
Type
Name
Latest commit message
Commit time
api
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ts-nuxtjs-express

型定義だけで、Nuxt x Vuex の TypeScript 型課題を解決する方法論を示す、サンプルリポジトリです。
型推論のために特別なモジュールを追加する必要はありません。

どこまで型推論が効いているのか

まずはどれほど型が効いているか、git clone し VSCode で確認していきましょう。
体験してみて、良さそうなら「どうやって定義するのか」まで読み進めてください。

1.Store Module での推論を確認する

store/counter/index.ts を確認します。getter関数を見てください。

試しに、double関数に、すべての引数を追加してみます。

double(state, getters, rootState, rootGetters)

このdouble関数は何もキャストしていないにも関わらず、全ての引数に型が行き渡っていることが確認できます。
他に定義されている getters・mutations・actions、いずれにも型が行き渡っていることが確認できます。

2.SFC での推論を確認する

components/AppCounter.vue の推論を確認します。

this.$store.getters[''] まで入力したところで入力補完が確認できます。
getter関数は戻り型まで推論が適用されています。

this.$store.dispatch('') まで入力したところで入力補完が確認できます。
第一引数文字列(Action Type)を入力すると、
第二引数の型(payload 型)が、適切なものに推論されていることが確認できます。
どこかを崩してみると、コンパイルエラーが得られることが確認できます。

3.Context での推論を確認する

middleware/index.tsctx 推論を確認します。
SFC と同様に、ctx.store.dispatch が payload まで推論が確認できます。

ctx.req.session が、express-session 提供の型がキャストされていることが確認できます。


どうやって定義するのか

これはライブラリで推論しているものではなく、キャスト手法論です。
Vuex が知らないこと・TypeScript が今現在は出来ないことを、プログラマーが補完することで成立します。
実装にあたり、なにを定義する必要があるのか説明します。

1.Store Module の型を定義する

store/counter/type.ts に型定義があります。
これは store/counter/index.ts と、root キャストに利用する型定義です。

型名称 概要
interface S State の型定義です。
interface G Getters に向けた定義です。getter関数の戻り型をあらかじめ interface で定義します。
interface RG SFC や rootGetters で、文字列から型参照するための定義です。参照エイリアスを、ここで合成します。
interface M Mutations に向けた定義です。payloadの型をあらかじめ interface で定義します。
interface RM Mutation Typeから、payload型を参照するための定義です。参照エイリアスを、ここで合成します。
interface A Actions に向けた定義です。payloadの型をあらかじめ interface で定義します。
interface RA Action Typeから、payload型を参照するための定義です。参照エイリアスを、ここで合成します。

RGRMRA は名前空間マッピングと呼んでおり、文字列参照をマッピングする定義です。
Vuex が自動で付与するであろう名前空間を、正しくマッピングします。

2.Store Module にキャストして実装する

store/counter/index.ts は見てのとおり、アノテーションがほとんどありません。
型情報はGetters<S, G>Mutations<S, M>Actions<S, A, G, M> があるのみです。
このアノテーションにより、全てがキャスト済みの状態となります。
関数ごとのアノテーションは、引数も含めて付与する必要はありません。

G・M・A 型で型宣言している関数と比較し、過不足がある場合、コンパイルエラーになります。
新しく関数を定義したくなったら、まずtype.tsに要件を定義しなければいけません。
Store Module 内部の定義は以上です。

3.型定義を集約する

SFC や rootXXX に向けて、どんな Module が定義されているのか、
types/vuex/impl.tsVuex に型定義を教え込みます。

【RootState】

RootState は、Tree構造にしたがって型を構築します。 たとえば、つぎの様な Tree構造の定義があったとします。

├── counter
│   ├── type.ts
│   └── index.ts
├── type.ts
├── index.ts
└── todos
    ├── type.ts
    ├── index.ts
    └── nest
        ├── type.ts
        └── index.ts

これを正しく表すと、次の様になります。

type RootState = Root.S & {
  counter: Counter.S
  todos: Todos.S & {
    nest: TodosNest.S
  }
}

【その他】

RootGettersRootMutationsRootActions は、& で繋ぐだけで Tree構造の考慮は不要です。
「3.型定義を集約する」は「ライブラリに定義を教え込む」工程であるといえます。
この工程を忘れてしまうと、型参照はできないので注意してください。

4.SFC に型定義を教え込んだ Store をキャストする

components/AppCounter.vue を確認します。
$store!: Vuex.ExStore がキャストしている箇所です。
これがあることで、this.$store から型参照が可能になります。

各関数のインラインキャストは一切不要です。


SFC の推論が遅延する場合があります。
そんな時は、VSCode を再起動してください。

mapHelper 系は依然として推論は届きません。
これについては、引き続き探求する予定です。

About

ts-nuxtjs-express

Resources

License

Releases

No releases published

Packages

No packages published