A birdge application that enables to use 32-bit TTBase plugins on 64-bit host applications
Switch branches/tags
Nothing to show
Clone or download
Fetching latest commit…
Cannot retrieve the latest commit at this time.
Permalink
Type Name Latest commit message Commit time
Failed to load latest commit information.
TTBMiniHost
TTBbridge
ss
.gitattributes
.gitignore
BridgeData.hpp
NYSL.TXT
ReadMe.md
TTBaseBridge.sln
amd64.manifest
x86.manifest

ReadMe.md

#TTBbridge

64ビットの TTBase 互換アプリケーションで 32ビットのプラグインを動作させようとする試みです。
Visual Studio Community 2015 (C++11, 32/64-bit) でコンパイルを確認しています。

##内容


TTBbridge
├─ TTBaseBridge.sln
├─ BridgeData.hpp
├─ x86.manifest
├─ amd64.manifest
├─ NYSL
├─ TTBbridge
│  ├─ TTBbridge.vcxproj
│  ├─ TTBbridge.vcxproj.filters
│  ├─ TTBbridge.vcxproj.users
│  ├─ WinMain.cpp
│  ├─ TTBasePluginAdapter.hpp
│  ├─ Utility.hpp
│  ├─ include
│  │  ├─ File.hpp
│  │  ├─ GenerateUUIDString.hpp
│  │  └─ Transcode.hpp
│  └─ TTBase
│     └─Plugin.hpp
└─ TTBMiniHost
   ├─ TTBMiniHost.vcxproj
   ├─ TTBMiniHost.vcxproj.filters
   ├─ TTBMiniHost.vcxproj.users
   ├─ WinMain.cpp
   ├─ TestWnd.hpp
   ├─ TTBBridgePlugin.hpp
   ├─ Utility.hpp
   ├─ include
   │  ├─ Application.hpp
   │  ├─ CtrlWnd.hpp
   │  ├─ File.hpp
   │  ├─ Font.hpp
   │  ├─ GenerateUUIDString.hpp
   │  ├─ UWnd.hpp
   │  └─ UWnd.cpp
   └─ TTBase
      └─ Plugin.hpp


##説明  プロセス間通信の技術を使って、64ビットのホストから32ビットの TTBase プラグインを読み込み、実行します。

###TTBbridge  ビット数の境界を超えるためのブリッヂアプリケーションです。
 プラグイン一つにつき、一つのインスタンスが立ち上がります。また、通信用の共有メモリとして、インスタンス一つにつき 少なくとも 160 バイトを消費します。

###TTBMiniHost  動作確認のためのミニプログラムです。プラグインの読み込み、解放、コマンドの実行が行えます。
 同時に読み込めるプラグインは一つだけです。

##仕様  ホスト側は立ち上がると、まず通信用の共有メモリを作成します。共有メモリのレイアウトは以下の様になっています:

####共有メモリのレイアウト

 offset   content   bytes 
 0   命令用 共有メモリ名   80 
 80   通信完了通知イベント名   80 

 共有メモリ名及びイベント名は {XXXXXXXX-XXXX-XXXX-XXXX-XXXXXXXXXXXX} の形式で、その場で生成した 128ビットの GUID を用います。なお、文字列のエンコード形式は UTF-16LE です。
 さらに通信完了通知イベントとして名前付きイベントを作成し、その名前を共有メモリの オフセット 80 の場所に書き込みます。

 続いて、ゲスト側を子プロセスとして生成します。この時、コマンドライン引数として通信用の共有メモリ名を渡します。ゲスト側はこれを受け取り、自プロセスにマップします。さらに、通信完了通知イベントをオープンします。

 その後、発生するイベントに応じて命令用の共有メモリを作成し、その名前を オフセット 0 の場所に書き込みます。ホスト側はゲスト側のプロセスにウィンドウメッセージを送って、イベントの発生を通知します。なお、ゲスト側はウィンドウを持っていないため、WM_QUIT 以外の如何なるメッセージもイベント発生の通知として受け取ります。また、ゲスト側を終了させるには WM_QUIT ウィンドウメッセージを送ります。

 ゲスト側はイベントの通知を受け取ると、命令用共有メモリを開き、内容を実行します。その後、通信完了通知イベントをオンにして、ホスト側に処理を戻します。

####マーシャリング  プロセス境界を跨ぐため、データのやり取りはマーシャリングされなければなりません。ほとんどの命令でデータは構造体やクラスを含まないため、マーシャリングの必要はありませんが、プラグイン情報を返す際にはマーシャリングが必要です。TTBbridge では文字列のエンコードについて、32ビット側は ANSI、64ビット側は UTF-16LE であると仮定してエンコードを行った後、データを共有メモリ上にシリアライズします。ホスト側はこれをデシリアライズして自プロセスに読み込んでいます。また、プラグインのコマンドに関しても配列がポインタになっているため、ここもシリアライズ / デシリアライズしています。
 コードについては各プロジェクトの Uitility.hpp をご覧ください。
 ホスト側 Utility.hpp / ゲスト側 Utility.hpp

##ライセンス

NYSL Version 0.9982

A. 本ソフトウェアは Everyone'sWare です。このソフトを手にした一人一人が、
   ご自分の作ったものを扱うのと同じように、自由に利用することが出来ます。

  A-1. フリーウェアです。作者からは使用料等を要求しません。
  A-2. 有料無料や媒体の如何を問わず、自由に転載・再配布できます。
  A-3. いかなる種類の 改変・他プログラムでの利用 を行っても構いません。
  A-4. 変更したものや部分的に使用したものは、あなたのものになります。
       公開する場合は、あなたの名前の下で行って下さい。

B. このソフトを利用することによって生じた損害等について、作者は
   責任を負わないものとします。各自の責任においてご利用下さい。

C. 著作者人格権は tapetums に帰属します。著作権は放棄します。

D. 以上の3項は、ソース・実行バイナリの双方に適用されます。

NYSL Version 0.9982 (en) (Unofficial)

A. This software is "Everyone'sWare". It means:
  Anybody who has this software can use it as if he/she is
  the author.

  A-1. Freeware. No fee is required.
  A-2. You can freely redistribute this software.
  A-3. You can freely modify this software. And the source
      may be used in any software with no limitation.
  A-4. When you release a modified version to public, you
      must publish it with your name.

B. The author is not responsible for any kind of damages or loss
  while using or misusing this software, which is distributed
  "AS IS". No warranty of any kind is expressed or implied.
  You use AT YOUR OWN RISK.

C. Copyrighted to tapetums

D. Above three clauses are applied both to source and binary
  form of this software.

http://www.kmonos.net/nysl/


##謝辞

TTBase を生み出された K2 さん、peach を 公開されている U さん、TTBaseCpp の作者さんを始め、
数多くのプラグインを作られたそれぞれの作者さんたちに深い敬意と感謝を表します。


###変更履歴

2016.02.12 v0.1.0.0

  • 初版発行

以上です。

####文責 tapetums

######この文書のライセンスは NYSL Version 0.9982 とします。
######http://www.kmonos.net/nysl/