HowToSetupIFTTT

Tada, Tadashi edited this page Nov 3, 2017 · 3 revisions

IFTTT経由で通知を受け取るには

IFTTTはサービスどうしをつなぎあわせて、さまざまな自動化ができるサービスですが、宅配トラッカーではこの中のWebhookという部品を使って通知先を自由に選べるようにできます。従来はPushbulletだけしか対応していませんでしたが、この仕組みを使えばSlackLINEのようなあなたが日常的に使っているサービスに宅配便の配送状況を通知させることができます。

まず、IFTTTのアカウントを取得します。その後、Webhooksのページに行きます。まだConnectしていなければConnectしてください。その後、右上の「Settings」をクリックします。

WebhooksへConnets

その先の「Account Info」の中にある「URL」に、「https://maker.ifttt.com/use/【英数字の羅列】」があります。この英数字の羅列がWebhookの「Key」です。下の図の場合「cy9GAqz8fbOP-o-DjhWBSB」がそれです。これを宅配トラッカーの通知設定にある「IFTTT Webhook」にコピーし、SAVEボタンを押せば、宅配トラッカー側の設定は終わりです。

Webhookのkeyを取得する

宅配トラッカーからIFTTTへの通知はされるようになったので、続いてそれをどのサービスで受け取るかの設定をする必要があります。

まずNew Appletに飛んで「✚this」をクリック。

New Appletで「+this」をクリック

「Choose a service」で「Webhooks」を検索し、Webhooksのアイコンをクリック。

Choose a serviceでWebhookを探す

「Choose trigger」で「Receive a web request」をクリックし、続く「Complete trigger fields」では「takuhai_tracker」を入力して「Create Trigger」をクリック。

Event Nameに「takuhai_tracker」を入力

次は「✚that」をクリックします。

「+that」

「Choose action service」で、こんどは通知をさせたいサービスを探します。自分が接続したいサービスが見つかったらアイコンをクリック(ここではTwitterを例にとります)。必要に応じてそのサービスへ「Connect」する画面を経由します。

通知先のサービスとして「Twitter」を選択

サービスによっては、どのような通知(メッセージ)を送るか選べます。配達状況をツイートしてもしょうがないので、ここでは「Send a direct message to yourself」を選びました。

TwitteのDMを使う

この先はサービスによって入力できる内容が異なります。自分で好きなようにメッセージを組み立てましょう。ポイントは「Add Ingredient」ボタンで、これを押すと接続元のサービス(宅配トラッカー)によって選べる変数が入力できます。宅配トラッカーでは以下の3つの変数が使えるようになっています。

  • Value1 : 宅配サービス名と伝票番号
  • Value2 : 配達状況とメモ
  • Value3 : 自分のページのURL (現在は空)

これらを組み合わせて自分用のメッセージを組み立てましょう。終わったら「Create action」をクリック。

Value1とValue2でメッセージを組み立て

「Review and finish」でいま自分が作ったAppletに名前をつけて(「宅配トラッカーの通知をTwitter DMに送る」など)、「Finish」をクリックすれば完了です。

Appletに名前をつける

完成したAppletが「on」になっていることを確認しましょう。これで宅配トラッカーの通知がTwitterで届くようになるはずです。この他に、SlackやLINEなど、通知先として選択できるサービスならなんでも設定できるようになります。

完成!

Clone this wiki locally
You can’t perform that action at this time.
You signed in with another tab or window. Reload to refresh your session. You signed out in another tab or window. Reload to refresh your session.
Press h to open a hovercard with more details.