Bocco API β を ESP8266 core for Arduino で利用するライブラリ
C++
Switch branches/tags
Nothing to show
Clone or download
Fetching latest commit…
Cannot retrieve the latest commit at this time.
Permalink
Failed to load latest commit information.
examples/sample
.gitignore
README.md
bocco_api.cpp
bocco_api.h
config.h_sample

README.md

BoccoEsp

BOCCO API βESP8266 core for Arduino で利用する為のライブラリ

API 実装 追加 権限
アクセストークンの取得
チャットルームの取得
テキストメッセージの送信
音声メッセージの送信
画像メッセージの送信
メッセージ一覧の取得
イベントの取得
メッセージを既読にする

依存

事前に以下のライブラリを利用しているので Arduino IDE でインストールしておく必要があります。
ESP8266 core for Arduino
WiFiManager
ArduinoJson
ESP8266TrueRandom

用意するもの

BOCCO ボッコ
ESPr Developer(ESP-WROOM-02開発ボード)
電源回路やリセットスイッチ,タクトスイッチがついていてスケッチ開発に非常に便利なのでオススメです。
BOCCO API β

インストール方法

このリポジトリを zip でダウンロードして Arduino IDE から 指定してインポートをする。

  1. zip ダウンロードする。
  2. Arduino IDEを開く。
  3. スケッチ → ライブラリをインクルード → zip形式のライブラリをインストールを選択する。
  4. 1でダウンロードした zip ファイルを指定する。  

サンプル

Arduino IDE で サンプルを読み込んでビルドして実行する。

  1. Arduino IDEを開く
  2. ファイル → スケッチ例 → BoccoEsp → sample を選択
  3. ビルドする

サンプル 実行方法

初回はアクセスポイントモードで起動してWiFi設定が済むと BOCCO API へのアクセスを確認することができます。

  1. APモードで起動しているので、スマートフォンやPCで "YanariAP" に接続する
  2. 画面に従って WiFi 設定をする。
  3. リセットがかかり 設定した WiFiに接続される。
  4. 1番目のルームにメッセージが送信され、BOCCO から再生される。
  5. GPIO 0 に接続された タクトスイッチ を押すと割り込みが発生後にメッセージを送信する。