回転寿司 in Java at わんくま同盟 名古屋勉強会#26
Java
Switch branches/tags
Nothing to show
Clone or download
Fetching latest commit…
Cannot retrieve the latest commit at this time.
Permalink
Failed to load latest commit information.
.settings
src
.classpath
.gitignore
.project
README.md
pom.xml

README.md

回転寿司 in Java at わんくま同盟 名古屋勉強会#26

2013/02/02に開催されたわんくま同盟 名古屋勉強会#26のワークショップで、回転寿司のモデリングをしました。

私が参加したJavaチームでは、

重なった皿をピッとやると集計して請求額を出す

という会計時の皿集計ドメインにしました。

(ピッとやる、っていうのはバーコードスキャナのことです。)

ポイントは、

  • 皿ごとに一意になる識別子を持つ。
  • ある皿がどの柄か(皿タイプ)か決めるのは、このドメインではないため、外部サービスを呼ぶ。
  • バーコードスキャナは必ずしも一つの皿の山を読み取るわけではない
  • 皿の一山は、皿の読み込み × n回にすぎないので、モデルにはあらわれない。

こんな感じです。 時間が30分だったので、コレぐらいが妥当かな、と見積りましたが、

実際にプログラムが動く所までできて、一安心でした。

大体の流れは、クライアントコードを見て頂ければ分かる感じに。

jUnitテストじゃないのは、mavenの設定をeclipseプロジェクトに反映させるの忘れててエラーとなって、

「うわメンドクセ」「時間ないからmainでいいや」

という私の個人的見解によるものです・・・

ペアプロでナビゲータして頂いた@GENZOさん、ありがとうございました。 横道に外れそうな時に、待ったをかけて頂けて本当に助かりました。

もう一人の方、誠に失礼ながら、お名前失念・・・ (名前書いたメモどっかいっちゃいました泣) (@GENZOさんとはDDD勉強会で奇跡の再会)

是非とも原知愛@zetta1985までご連絡をば。