Skip to content

基本操作

theoria edited this page Mar 13, 2018 · 6 revisions

このページではWugtodonおよびMastodonの基本的な操作について説明します。Mastodonのバージョンやインスタンス、ブラウザなどの違いによって見た目が異なる場合があります。

カラム

Mastodonを開くと以下のようなページが表示されます。

カラム

ナビゲーション

ナビゲーション

タイムライン

ホームタイムライン

フォローしているユーザーの投稿(トゥート)やフォローしているユーザーがブースト(TwitterでいうRT)した投稿が表示されます。

ローカルタイムライン

ログインしているインスタンスのユーザーが投稿したトゥートが表示されます。ただし、公開範囲の設定(後述)で未収載や非公開、ダイレクトを指定したものは表示されません。

連合タイムライン

ログインしているインスタンスのユーザーやユーザーがリモートフォロー(後述)している他のインスタンスのユーザーが投稿したトゥートが表示されます。こちらも公開範囲の設定で未収載や非公開、ダイレクトを指定したものは表示されません。

トゥート

ユーザーの投稿はトゥート(Toot)と呼ばれ、タイムラインでは次のように表示されます。ボタンの機能は以下のとおりです。

トゥート

『…』のボタンを押すと以下のようなメニューが表示されます。

詳細メニュー

それぞれ、次のような効果があります。

詳細を表示
トゥートの詳細をいちばん右のカラムに表示します(画面幅が狭いときは画面が遷移します)。本文をクリックしても同じ表示に移動します。前後に会話がある場合には、会話の流れを見ることができます。また、トゥートにリンクが含まれていて、リンク先のページが対応している場合にはリンク先の説明や画像が表示されます。
埋め込み
表示されるコードを自分のHPやブログに貼り付けることで、そのトゥートを埋め込むことができます。
返信
上記の返信ボタンを押した時と同様にそのトゥートに返信を送ることができます。
ミュート
そのユーザーのトゥートをホームタイムラインに表示しないようにすることができます。スタートメニューの『ミュートしたユーザー』から解除することができます。
ブロック
お互いのフォローが解除され、投稿を見ることができなくなります。これもスタートメニューの『ブロックしたユーザー』から解除することができます。
通報
規約に違反しているトゥートを管理者に通報することができます。
会話をミュート
自分のトゥートや、自分宛ての返信に表示され、そのトゥートに対する会話をミュートにすることができます。
プロフィールに固定表示
自分のトゥートの場合に表示され、自分のプロフィールページにトゥートを固定することができます。Twitterとは異なり、複数固定することもできます。スタートメニューの『固定されたトゥート』から解除することができます。
削除
自分のトゥートの場合に表示され、トゥートを削除することができます。他のインスタンスに送信されたトゥートは削除されない場合があるので注意してください。

投稿欄

投稿欄

公開範囲の設定

投稿欄の地球が描かれたボタンを押すと以下のような選択肢が表示され、公開範囲を指定することができます。

公開範囲

公開範囲は次のようになっています。

公開
ローカルタイムラインや他のインスタンスの連合タイムラインなどに公開されます。
未収載
ローカルタイムラインや他のインスタンスの連合タイムラインには表示されませんが、フォローしていないユーザーでも見ることができます。また、ブーストすることも可能です。
非公開
フォロワーだけに公開されます。ローカルタイムラインには表示されず、ブーストすることもできません。
ダイレクト
@を付けて送信した相手だけに表示されます。ローカルタイムラインには表示されず、ブーストすることもできません。

CW

MastodonにはCW(Content Warning:コンテンツワーニング)という本文を隠す機能があります。

投稿欄の CW と書かれたボタンを押すと以下のような表示になります。

CW

上の『ここに警告を書いてください』とあるところに警告を、下の『今なにしてる?』とあるところに本文を書きます。例えば次のように書きます。

CW例

これを投稿すると、以下のように表示されます。

CW投稿例

『もっと見る』を押すことで本文を表示することができます。本文を表示してみると以下のようになります。

CW投稿本文

画像の閲覧注意

性的な画像やネタバレを含む画像を投稿する場合には、閲覧注意として隠すことができます。

画像を添付した際に表示される目のマークを押すことで設定できます。飯テロなどにも使用できます。

例えば以下のようにします。

nsfw投稿例

これを投稿すると以下のように表示されます。

nsfw警告例

黒い部分を押すことで画像を表示できます。

nsfw表示例

フォロー

ユーザーを見つける方法はいろいろありますが、初めはローカルタイムラインを見て面白そうな人をフォローするのをオススメします。

フォロー

リモートフォロー

Mastodonでは、他のインスタンスのユーザーをフォローすることもできます(リモートフォローという)。

フォローしたいユーザーのインスタンスやIDがわかっている場合には検索欄に@[ユーザーID]@[インスタンスのドメイン]と入力するとアカウントが表示されるので、上のフォローと同じ手順でフォローできます。たとえば、 mstdn.jp というインスタンスの @theoria というユーザーをフォローしたい場合、検索欄に『@theoria@mstdn.jp』と入力します。検索結果は以下のように表示されます。

リモートフォロー検索結果

また、検索エンジンなどからユーザーを見つけた場合には以下の手順でフォローすることができます。

リモートフォロー

上の画像とは見た目が異なることがありますが、その場合も『リモートフォロー』と書かれた部分を押して同様に操作できるはずです。